ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス情報の裏

docomo with300万契約突破で、ドコモの公式サイトに1,980円(イッキューパッ)表示。内訳を解説

投稿日:

docomo with(ドコモウィズ)の300万契約突破に合わせて、ドコモの公式サイトに、「イッキューパッ」という表示が登場しています。

docomo withについては関連記事を確認ください。→「docomo with(ドコモウィズ)は本当にお得なのか

 

 

一瞬、何か新しいサービスが始まったのかな!?と思ってしまいそうですが、そういうわけではありません。そこから先に進むと辿り着くのはベーシックパックの解説ページなので、「???」となってしまいそうです。

ここで解説されている「イッキューパッ(1,980円)」は単純に見せ方の問題で、「ドコモにも1,980円あるんだよ」という、どちらかというとユーザーはもちろんなのですが、総務省や国にもドコモは高いばかりじゃない、ということを言いたがっているようにも見えますね。

 

ともかく、そのイーキュッパッ(1,980円)というのはどういうことなのか、内訳をわかりやすく解説していきます。

イチキュッパ、ワンキュッパ、ドコモのイッキューパッ

イチキュッパ、ワンキュッパ、イッキューパッと並べると、何の呪文だ??と思ってしまいそうです。

他社とかぶらないように、無理やりに少しずつ表現をずらしているのでしょうが、もうこれなら統一して「イチキュッパ」でいいのに、という感じもします。しかし、このイッキューパッの意味が、ようやくわかりました。以下の動画をご覧ください。

 

 

一休とイッキューがかかってたんですね・・・。このCMを観ないと、到底気づけません。

 

まぁともかくです、現状大手キャリアではこの1,980円のラインが実現できる最低ライン、とされているということがわかります。

もちろん、やりようによっては各社もう少し安くなったりするケースもありますが、無理にこれ以下の料金をアピールはされていない気がします。ギリギリ、格安SIMと大手キャリアを棲み分けるラインが、現状このあたり、と考えてもいいのかもしれません。

ここをドコモはじめ大手キャリアが下回ってくると、現状でもかなり苦しくなりつつある格安SIM全社、ますます戦いが厳しくなってくるのは間違いありません。

 

1,980円には様々な条件がある

現実問題として、月額料金1,980円を実現するためには、様々な条件がついてきます。

 

例えばauピタットプランでは、

「auピタットプラン(スーパーカケホ)」+「2年契約(誰でも割)」+「auスマートバリュー」+「スマホ応援割」適用時、という条件があります。

auスマートバリュー、つまり固定のインターネットがなければ実現できませんし、スマホ応援割の適用は一年限りです。

auスマートバリューありでも二年目になれば2,980円になりますし、auスマートバリューなしなら最安値ラインでさらに500円上がって3,480円です。1,980円からは遠く離れてしまいます。

 

他にも、ワイモバイルは1,980円をさらに下回る1,480円をアピールしていますが、これはソフトバンク光などを利用した際に適用される「おうち割光セット」が前提となっている上、一年間1000円割引きをするワンキュッパ割も適用して初めて実現します。よって、おうち割光セットがなく二年目になると、2,980円となります。

UQモバイルも、1,480円は2台目以降がUQ家族割を適用し、イチキュッパ割を適用した際の料金です。

いずれにしても2年目以降は、2,980円で、ワイモバイルと同額です。

こうしてみていくと、1,980円は意外に簡単ではない、ということがわかりますね。

 

ドコモのイッキューパッの正体

では、ドコモのイッキューパッとは、具体的にどういう形と条件で実現するのでしょうか。

 

かなりわかりにくいので、まず結論からお伝えします。

家族三人でベーシックシェアパックを利用し、さらに全員がシンプルプラン・docomo withを利用しつつ、代表回線がプラチナステージである場合、一人当たりの料金が、月額1,980円になります。

これだけ聞くと、何がなんだかちんぷんかんぷんですよね。

ドコモ公式サイトの画像を引用します。

 

 

これなら、少しわかりやすくなると思います。

ベーシックシェアパックの代表回線の料金は、シンプルプラン、docomo with、プラチナステージで5380円。

子回線はそれぞれ同じ条件で280円。5380+280+280で合計5940円。これを3で割ると一回線あたり1,980円、というわけです。

 

なんだか無理やりのように思えなくもないですが、これがドコモのいう「イッキューパッ」・月額1,980円というわけです。

 

ドコモの1,980円のメリット・光不要で期間が長い

結果的に、条件さえ揃えばドコモでも月額1,980円が実現できることがわかったと思います。

さらに、実は他社の1,980円よりもドコモの方が有利な部分があることも、見えてきました。

それは、以下の二点においてです。

 

・光回線(ドコモ光)の申込みが必須条件ではない。

・1年限りのキャンペーン料金ではない。

 

docomo with対象機種を利用している限りにおいて、2年でも3年でも、最低料金1,980円を継続することができるのは、ドコモだけです。これは実は、非常に大きいポイントだと思います。

しかも、同じ条件でさらに回線数が増えれば増えるほど、全体としての料金はさらに下がっていきます。このあたりは、シェアパックによって子回線をより利用しやすくしているドコモの特徴だと言えそうです。

 

ドコモの1,980円のデメリット・実現までにクリアすべき条件が多い

逆に、ドコモで月額1,980円を実現しようと考えた場合には、クリアするべき条件がやや多いです。

 

・家族回線が3回線以上必要。

・全回線シンプルプランにする必要がある。

・全回線docomo withを利用する必要がある。

・代表回線がプラチナステージでなければならない。

 

一つ一つ見ていくと、なかなかハードルが高いです。家族回線3回線以上は、該当する人も多いと思いますが、どうしても電話を必要とする人も家族の中にはいるかもしれませんので、全員がシンプルプラン、というのは難しいかもしれません。

また、全員がdocomo withというのも、あるいは家族の何人かは最新iPhoneが欲しいと思っているかもしれません。

代表回線がプラチナステージになるためには、ドコモを15年以上利用しているか、過去6ヶ月の間に10000ポイント以上を貯めていなければなりません。長期利用者でない場合、大量のdポイントを貯めるために、dカード GOLDの利用が必須です。→「dカード GOLDは本当にお得なのか

 

このすべての条件を満たすのは、普通に考えるとそこそこ難しい、と思います。なので、そこはあまりガチガチにこだわるのではなく、家族の何人かがカケホーダイライトやカケホーダイでもいいと思いますし、家族の何人かがdocomo withを使っていなくてもいいと思います。

ただしその分、料金的には1,980円から遠ざかってしまうため、家族で利用方法を相談していく必要があります。

 

ドコモでも他社でも格安SIMでも、結局使い方次第

結局最終的に言えることは、ドコモでもauでもソフトバンクでも格安SIMでも、通話が多ければ料金は上がるし、容量にこだわれば安く抑えることはできません。

家族がそれぞれ別キャリアだったり最新機種が欲しかったり、光回線が全く別の会社だと、安くなることはありません。

そのため、現時点で確実に料金を抑えて利用することができる最も賢い方法は、一つのキャリアに家族回線をまとめてしまい、光回線も同じキャリアで選択します。さらに全員で話し合って利用を抑えられる限り抑えて利用し、最新機種よりも格安利用可能な機種、つまりドコモで言えばdocomo with機種を選択する、という形になります。

 

300万契約を突破して、docomo withの存在感は増すばかりです。

まだまだ最新機種を選ぶことができないという弱点はあるにしても、iPhone 6sが対象機種に追加されたという大きな動きもありました。今後も引き続き、順次対象機種が拡大されるように期待したいところです。

 



-ドコモのサービス情報の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.