2021年夏モデル ドコモ Xperia(エクスペリア)情報

ドコモのXperia 1Ⅲ(エクスペリア・ワン・マークスリー) SO-51Bへの機種変更に! わかりやすく詳細解説

投稿日:

 

2021年夏に向けて、ドコモより、SONYのフラッグシップモデル・Xperia 1Ⅲ(エクスペリア・ワン・マークスリー)SO-51Bが発表されました。発売は6月予定です。

日本におけるAndroidスマートフォンの中ではトップクラスの人気を誇るXperiaシリーズの最新モデルとして、この夏注目の一台となりそうです。

最新・最高スペックの機種が欲しい、という方にお勧めのハイエンドスマートフォン、Xperia 1Ⅲ SO-51Bについて、機種変更に向けて具体的な特徴をわかりやすく解説していきます。

Xperia 1Ⅲ SO-51Bの特徴まとめ

 

はじめにXperia 1Ⅲ SO-51Bの大まかな特徴をまとめます。

 

・カラーバリエーションはフロストブラック、フロストグレイ、フロストパープルの3色。

・ディスプレイサイズは約6.5インチ。有機EL シネマワイドディスプレイ/4K/HDR対応。

・リフレッシュレートは120Hz。

・サイド部分に電源キー兼指紋センサー。

・防水防塵対応:IPX5/8 IP6X

・カメラ性能
   アウトカメラ:約1220万画素/約1220万画素/約1220万画素/ToFカメラ
インカメラ:約800万画素

  ・可変式望遠レンズで2つの焦点距離を実現

  ・ZEISSレンズ採用/T*コーティング(ティースターコーティング)

・バッテリー容量は4500mAh。急速充電/ワイヤレスチャージ/おすそわけ充電対応。

・ストレージは256GB/RAMは12GB。

・21:9マルチウィンドウ/片手モード/サイドセンス対応。

・microSDカード、イヤホン端子(3.5mmオーディオジャック)対応。

・ワンセグ/フルセグ非対応

 

ハイエンド・最高スペックの2021年・Xperiaフラッグシップモデルです。

 

Xperia 1Ⅲ SO-51Bの外観デザイン

 

以前、Xperia XZ2が登場した際には、「どうしたXperiaのデザイン!?」と戸惑ったものですが、Xperia 1シリーズはXperiaらしく非常に高級感があり、とにかくカッコイイです。

Xperia 1Ⅲも、Xperia 1Ⅱからするとそれほど変わっていない印象ではあるものの、変わらないからこそのカッコよさ、と言えます。例えばiPhoneにしても、昔からほとんどデザインを変えていないですしね。

マットなメタルフレームと、フロスト仕上げの背面ガラスの構成で、指紋が目立ちにくくなっています。

以前の背面ガラスは、驚くほど指紋がベタベタに付きやすい機種もありましたが、例えば最近ではXperia 1Ⅱなども非常に指紋が付きにくくなっており、カバーを使わずに利用した方が本体の美しさは最も映えます。

ただ、どうしてもぶつけたり滑って落としたり、置いておくだけでも傾きがあると滑って落下してしまったりということもあるので、安全性を考えるとカバーありの方がお勧めです。

 

Xperia 1Ⅲ SO-51Bのカラーバリエーション

 

ドコモのXperia 1Ⅲのカラーバリエーションは、フロストブラック、フロストグレイ、フロスとパープルの3色展開です。au、ソフトバンクからもXperia 1Ⅲは発売されますが、どちらもフロストブラック、フロストパープルの2色で、フロストグレイの取り扱いがあるのはドコモのみです。

Xperiaと言えばやはりパープルですが、Xperia 1Ⅲは以前のような鮮やかなパープルではなく、かなり渋めの重厚感があるカラーになっているので、割と誰でも使いやすいかもしれません。

 

Xperia 1Ⅲ SO-51Bのサイズ/操作性

高さ 厚さ 重量
Xperia 1Ⅱ 約166mm 約72mm 約7.9mm 約181g
Xperia 1Ⅲ 約165mm 約71mm 約8.2mm 約188g

 

前機種のXperia 1Ⅱと比較すると、やや厚みが増し、重量も増えているものの、ほぼ近いサイズです。慣れないうちはかなり縦に長く感じられるかもしれませんが、使っているとすぐに慣れます。

 

 

上記写真は、Xperia 10Ⅱ、Xperia 5、Xperia 1Ⅱのサイズ感です。手に持ちやすいのはXperia 10シリーズ、Xperia 5シリーズですが、慣れてしまえばやはり大画面のXperia 1Ⅱの方が使っていて心地いいです。大画面でインターネットのブラウジング、動画視聴、ゲームをよく利用する方であれば、Xperia 1Ⅲは狙い目の機種と言って間違いありません。

 

ディスプレイサイズは前機種Xperia 1Ⅱ同様の約6.5インチで、片手で持つと指が届かない部分も出てきてしまいますが、片手モードサイドセンスを活用することもできるので、不便を感じることはありません。

 

片手モード サイドセンス

 

操作性については、リフレッシュレート120Hz駆動で、画面スクロール時の表示がなめらかになり、ネットもSNSもゲームも快適です。

 

 

リフレッシュレートとは、「ディスプレイが画面上の画像を描き直す頻度」のことで、数字が大きいほど滑らかな操作性を体感できます。

ちなみにXperia 1Ⅱでは、通常60Hz駆動で、「残像低減設定」をONにすることで、疑似的に90Hz相当に見せることができましたが、Xperia 1Ⅲはさらにその上を行く快適動作が期待できるというわけです。

 

Xperia 1Ⅲのディスプレイ/生体認証

Xperia 1Ⅲのディスプレイは、4K・120Hz・HDR対応の21:9シネマワイドディスプレイ(有機EL)が採用されています。

4K特有の高精細な画質にリフレッシュレート120Hz駆動を掛け合わせ、美しく滑らかな動きで動画などの作品をより引き立てます。

また、Xperiaお得意の、ブラビアの技術から生まれた高画質化エンジン「X1 for mobile」、解像度の低い動画を高精細な4K画質に変換してくれる「4Kアップスケーリング」、標準規格(SDR)の映像をHDR相当の美しさに変換してくれる「HDRリマスター」など、各種技術で映像美を実現しています。

明るく美しく快適な操作性は、Xperia 1Ⅱでも既に実証済みですので、何の不安もありません。

 

Xperiaの生体認証は、引き続き指紋認証のみです。Xperia 1Ⅱ同様、サイド部分に電源キー兼指紋センサーが搭載されています。

顔認証が付かないのは残念ですが、マスク時代では顔認証は使いにくく実用性が下がっているので、指紋継続はむしろありがたいです。

使用感としては、Xperia 5では指紋センサーの感度が非常に悪く使いにくかったですが、Xperia 1Ⅱ/Xperia 5Ⅱではかなり改善し、日常的に利用しても概ね違和感なく使えるレベルになりました。

Xperia 1Ⅲではさらなる性能向上を期待したいところです。

 

Xperia 1Ⅲのカメラ

 

可変式望遠レンズで2つの焦点距離を実現

昨今、性能向上が目覚ましいXperiaのカメラですが、Xperia 1Ⅲではさらに大きな進化を遂げています。

今回、16mm(超広角)/24mm(広角)/70mm(望遠)/105mm(望遠)と、新たに4つの焦点距離を備えたレンズを搭載しています。超広角、標準レンズに加え、望遠レンズにはレンズが動いて2つの焦点距離を実現する可変式望遠レンズが採用、合計4つの焦点距離で、より自由な構図での撮影が可能となりました。

これに、被写体までの距離を瞬時に測定し、高速・高精度AFを実現する、「3D iToFセンサー」も前回同様採用されています。

レンズはすべてドイツの老舗メーカー「カール・ツァイス」のレンズをXperia 1Ⅱから引き続き採用し、独自のT*コーティング(ティースターコーティング)が施されています。「ZEISSレンズ」は、階調、色再現、透明感、立体感、ぼけ味など、被写体の微細な質感までを忠実に再現してくれます。

カメラ部分の「ZEISS T*」という文字にはそういう意味があるんですね。

 

3D iToFセンサー ZEISSレンズ

 

画素数は、超広角カメラ有効画素数約1220万画素/F値2.2広角カメラ有効画素数約1220万画素/F値1.7望遠カメラ有効画素数約1220万画素/F値2.3・2.8インカメラ約800万画素です。

画素数だけに注目をすると、Galaxy S21 Ultra 5Gの1億800万画素があまりにも抜けていますが、実際どれだけの差を人の目で認識できるかは微妙なところです。

ちなみに、同じ画素数のXperia 1Ⅱのカメラは十分すぎるほどに美しく、基本的には何の不満もありません。

世界初となる、Dual PD(デュアルフォトダイオード)センサー搭載の可変式望遠レンズには要注目です。

 

Photography Proに写真撮影機能が集約

 

Xperia 1Ⅲ SO-51Bでは、Photography Proに写真撮影機能が集約されました。

モード選択で切り替えられるという、便利な仕様にパワーアップしています。

【BASICモード】では、今まで通り使いなれたUIで撮影をすることができ、フロントカメラ利用時や動画撮影時にも使うことができます。

【AUTO/P/S/M/MRモード】では、「α」から引き継いでいだUIにより、シャッタースピード、ISO感度、ホワイトバランスなどさまざまなマニュアル設定が可能です。

ファイル形式は「RAW」「RAW+JPEG」「JPEG」から選択することができます。

 

リアルタイムトラッキングで自動フォーカスが可能

 

Xperiaのカメラでは、被写体をタップすることで、自動的にフォーカスを合わせ続けてくれる「リアルタイムトラッキング」を搭載しています。

色や模様、被写体との距離などの情報をリアルタイムで高速処理、高精度で追い続けます。

 

リアルタイム瞳AF

従来の瞳AFはそのまま継承し、被写体の瞳を自動検出、正確にピントを合わせます。超広角・広角・望遠すべてのレンズに対応しているのが大きな特徴です。

リアルタイム瞳AFでは、カメラキーを半押しすることで、AIが被写体の瞳を検出しリアルタイムに追従します。被写体の動きに合わせてピントを合わせ続けてくれるため、動きのある写真もブレずに撮影することができるようになります。

ただし、対象のカメラは広角レンズのみです。

 

高速連写は最高20コマ/秒のAF/AE追従

Xperia 1Ⅲのカメラは、動く被写体に瞬時にフォーカスを合わせ、自動で露出調整の上、高速連写が可能です。

動きの大きなスポーツ、子供や動物、水しぶきなどまで、被写体を確実に捉えて美しい写真を残すことができます。

また、ノイズ低減処理により、連写でもノイズの少ない写真が出来上がります。

 

注意点としては、20コマ/秒のAF/AE追従高速連写は広角レンズのみ対応で、望遠レンズと超広角レンズは、最高10コマ/秒のAF/AE追従高速連写となります。

また、この連写機能については、AUTO/P/S/M/MRモードでの利用になります。

 

60fps AF/AE演算

 

Xperia 1Ⅲの広角レンズで撮影する際、最高60回/秒のAF/AE演算処理を実施します。そのため、複雑な動きの被写体や、スピードに緩急のある被写体を高精度で追従し続け、一瞬のシャッターチャンスを逃しません。

望遠レンズ、超広角レンズで撮影する際は、最高30回/秒のAF/AE演算処理となります。

 

AI超解像ズーム

AI超解像ズームをONに設定しておくと、SONY独自のAI処理によって、デジタルズームによる撮影時でも、画質劣化を復元し、美しい写真にしてくれます。

 

暗所にも強いXperia 1Ⅲ

最近のXperiaは、以前と比べると暗所での撮影にもかなり強くなりました。

Xperia 1Ⅲの広角レンズには、光を多く取り込むことができる1/17型大判センサーを搭載し、より明るく撮影することができます。

連写時でもフレームごとのノイズ低減が実施され、それぞれ美しい写真を撮影することができます。

 

Cinematography Pro

今回のXperiaにも、前回同様Cinematography Proが搭載されています。

SONYの映画撮影用カメラ開発チーム監修のシネマ撮影専用機能「Cinematography Pro」は、4K HDR動画撮影や数々のノウハウを詰め込んでまるで映画のような動画を撮影することができます。

実際の利用シーンに生活の中ではなかなか出会えなかったりもするのですが、凝った動画を撮影したい人にとっては非常に嬉しい機能と言えます。

ちなみに私は通常の動画を撮影することが多く、Cinematography Proはほとんど使いこなせていません。利用には個人差があるかもしれません。

 

ハイブリッド手ブレ補正

Xperia 1Ⅲの手ブレ補正は、ますます強化されています。

広角レンズ・超広角レンズでの撮影時には、光学式+電子式のハイブリッド手ブレ補正が適用され、手ブレしやすい暗所撮影にもさらに強く進化しています。

 

Xperia 1ⅢでSONYの技術を生かした次世代ゲーム体験を

PlayStationのSONYは、Xperiaでもゲームにこだわります。

Xperia 1Ⅲは、21:9ワイドディスプレイという特性上、視野を広くとることができるため、ゲームの種類によっては他のスマートフォンと比較して有利にゲームを展開することができます。

120Hz駆動のディスプレイはゲームでも活躍し、最大240Hz高速タッチ検出とのかけ合わせで非常に快適にゲームを楽しむことができます。

 

また、ゲームエンハンサーはさらに進化し、新機能を搭載しています。

ディスプレイの画質を、ゲーム専用画質として設定することができ、「画質モード」「L-γレイザー(ローガンマレイザー)」「ホワイトバランス」という3つのパラメータの調整により、ゲームにあった画質を作り上げることができ、なおかつ最大4つまで記録しておくことができます。

 

 

例えば、L-γレイザーで暗がりに潜む敵を視認しやすくし、より勝利の確率を上げ、ミッション達成率を向上させます。

 

 

また、「オーディオイコライザー」では、敵を認識するための音(例えば足音や銃声など)を強調し、逆に不要な音を小さくすることで、聞き逃しによるミスを防ぐことができます。こちらも、プリセット値を4つまで記録することができ、勝率アップに貢献します。

 

チャットしながらゲームをする方向けの機能として、ボイスチャットマイクの最適化も採用されています。

3.5mmオーディオジャック接続時には、ゲームによく使われるヘッドセット2種類の形状に特化したマイクチューニングで雑音除去、ボイスチャット利用時の音声をよりクリアにすることができます。

 

Xperia 1Ⅲは、ゲームの録画にもこだわります。

ゲームエンハンサーの画面リフレッシュレートを120Hz以上に設定するか、「パフォーマンス優先」に設定することで、「ハイフレームレート録画」として最大120fpsでの映像録画が可能です。(※最大120fpsのハイフレームレート録画は解像度720pの場合に有効)

 

 

また、ゲーム上で決定的な場面を録画しそこなってしまう、という方のために、RTレコードという機能も搭載しています。

なんと、録画ボタンを押す30秒前にさかのぼって30秒前から録画をすることができます。ゲームに夢中になって録画をよく忘れる、という方にとっても、非常に嬉しい機能と言えそうです。

 

Xperia 1Ⅲのバッテリーとストレージ

 

Xperia 1Ⅲ SO-51Bの電池容量は、4500mAhです。Xperia 1Ⅱが4000mAhでしたから、さらに容量アップしています。十分すぎる大容量です。

もちろん、電池容量と電池の持ちは必ずしも比例しませんが、とはいえ一日持たないということは考えられない程度に大きな容量と言っていいでしょう。

充電については、急速充電(USB PD)に対応し、30W急速充電対応ACアダプターで充電した場合、最短30分で約50%の急速充電が可能です。

ワイヤレスチャージおすそわけ充電にも対応していますが、これは実際に使うかどうかは人を選ぶところです。

私は初めてGalaxyがワイヤレスパワーシェア(Xperiaのおすそわけ充電)を搭載した際、非常にテンションが上がったものですが、実際手に入れてみると驚くほど使うシーンがなかった、という現実に直面しました。

ワイヤレスチャージにしても、どうしても急速充電とくらべて充電時間がかかってしまうのがもどかしく、私は結局使っていません。

性格や利用環境次第ですね。

 

Xperia 1Ⅲは外部メモリもイヤホン端子にも対応

Galaxy S21シリーズで非対応となった外部メモリとイヤホン端子(3.5mmオーディオジャック)ですが、Xperia 1Ⅲ SO-51Bはどちらも対応しています。外部メモリはmicroSD/microSDHC/microSDXC(最大1TB)に対応しています。

クラウドの利用に慣れていない方、Bluetoothイヤホン/ヘッドホンを利用していない方も安心です。

 

Xperia 1ⅢはRAM12GB/ROM256GB/5Gミリ波も対応

 

Xperia 1Ⅲのパフォーマンスとしては、CPUにクアルコムのSnapdragon 888 5G Mobile Platformを搭載し、処理能力はさらに1段階向上しました。

RAMは12GB、ROMは256GBで、十分すぎるスペックです。ROM256GBでは心もとない、という方も、ストレージについては前述した通り、外部メモリも使えるので安心です。

 

また、Xperia 1Ⅱでは対応しなかった、5Gミリ波にも対応しており、既に5Gエリアで利用されている方、まだ5Gエリアでない方も、今後5Gエリアがますます拡大した際には最大限のパフォーマンスで利用できます。

 

Xperia 1Ⅲ SO-51Bはドコモで買いか

以上見てきた通り、Xperia 1Ⅱ(ワン・マークツー)と比較して各所でパワーアップを果たしているXperia 1Ⅲ(ワン・マークスリー)。

Xperia 1Ⅱを普通に利用していても是非欲しくなります。確実に買いです。

競合機種として、先に発売されるGalaxy S21シリーズがありますが、Galaxy S21と比較するなら、今回はXperia 1Ⅲを選びたいです。Galaxy S21 Ultra 5Gとの比較になると、かなり悩ましいところです。

価格面ではおそらくXperia 1Ⅲの方が有利になるのではないかと思われるため、それを確認してから決めたいところです。

 

Xperia 1Ⅲは、ahamo(アハモ)で買える?

Xperia 1Ⅲの発売日は6月以降なので、その頃にはahamoのオンラインショップがスタートしている可能性が高いです。となると、発売開始当初からXperia 1Ⅲをアハモで購入できる可能性はありそうです。

ただ、まだ確実ではありませんので、既にアハモに変更済みの場合には、一旦ギガプランに変更し、その上でXperia 1Ⅲに機種変更を実施、その後改めてアハモに変更するという方法も視野に入れておきましょう。

関連記事:「ahamo(アハモ)をわかりやすく詳細解説

 

ドコモ利用でドコモオンラインショップ購入ならdカード GOLDでポイント2倍

もしドコモを利用中で、ドコモオンラインショップでの機種変更時にdカード/dカード GOLDを利用して一括購入をするのであれば、dポイントが通常のなんと2倍もらえます。

高い機種を購入するほどその影響はかなり大きくなりますので、是非活用しましょう。

dカード GOLDについての詳しい情報は以下記事を参考にされてください。

関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか

 

Xperia 1Ⅲ SO-51Bのスペック

最後に、ドコモのXperia 1Ⅲのスペックをまとめておきます。

 

 

ディスプレイ 約6.5インチ 4K/有機EL シネマワイドTM ディスプレイ
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約約165(H)×約71(W)×約8.2(D)mm
重量 約188g
バッテリー容量 4500mAh
充電端子 USB Type-C
イヤホン端子 対応
ワイヤレス充電(Qi) 対応
CPU Qualcomm Snapdragon 888 5G Mobile Platform
ROM/RAM 256GB/12GB
外部メモリ microSD/microSDHC/microSDXC(最大1TB)
防水・防塵 IPX5/IPX8・IP6X
ワンセグ/フルセグ 非対応
カメラ アウトカメラ
約1220万画素
約1220万画素
約1220万画素
ToFカメラインカメラ
約800万画素
おサイフケータイ 対応
生体認証 指紋
発売日 2021年6 月予定

 



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

2

今回はなんと! 特別にdカード GOLDについて、実際に株式会社NTTドコモのdカードの担当の方にインタビューさせていただきました! dカード GOLDについて、しっかり質問してきましたので、既にdカ ...

-2021年夏モデル, ドコモ Xperia(エクスペリア)情報

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.