ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

dカード GOLDからドトールバリューカードにチャージして4%分のdポイント+ドトールポイントを獲得する方法

      2017/12/12

前回、dカード GOLDスターバックスカードにチャージをして4%分のdポイントを獲得する方法について解説しました。

今回は、似たような内容で、ドトールについて解説していこうと思います。

 

スターバックス同様、ドトールでは自社プリペイドカードとして「ドトールバリューカード」を発行しています。

このカードにdカード GOLDからチャージをすることによって、dポイントを4%分獲得することができるのです。

内容としてはほぼ、スターバックスカードの場合と同じような内容となりますが、実はドトールバリューカードには、スターバックスカードを上回るお得さが隠されています。

近くにドトールがある方はもちろん、個人的に「ドトール派だ」という人にとっては絶対に見逃せない情報だと思います。

もしかしたらスターバックス派の方も、今回の内容を確認したらドトール派になるかもしれません。

ということで、今回は実際に手に入れたドトールバリューカードで、チャージを試し、なおかつチャージ分4%のdポイントにとどまらない、非常にお得な点を解説していこうと思います。

 

そして今回の話も、大前提として、dカード/dカード GOLDを所有している必要がありますので、まだお持ちでない方は先に申し込みをしておきましょう。

dカードの申し込みはこちらdカード

dカード GOLDの申し込みはこちらdカード GOLD

ドトールバリューカードの基本情報

そもそもドトールバリューカードとはどんなカードなのかをまず解説していきます。既に詳細までご存知の方はこの項目は読み飛ばしていただいても問題ありません。

 

 

ドトールバリューカードとは、ドトールコーヒーショップ、エクセルシオールカフェ、カフェ レクセル、ル カフェ ドトールにてキャッシュレスで快適に利用することができるプリペイドカードです。

日本全国のドトールで購入することができ、購入代金は300円です。ただし、その300円は300円分のポイントとなりカード内に残りますので、実質のカード代金は0円です。

チャージ金額としては、1000円から1000円単位で最大30000円までチャージが可能です。

カードには有効期限はないので、ずっとそのまま利用し続けることができますが、チャージされた残高とポイントには有効期限があります。ドトールバリューカードにチャージされた分の有効期限は、最終利用日から3年(ポイントは1年)となっており、それを超過すると自動的に失効してしまいますので注意が必要です。

とはいえ、普段からドトールを利用している人にとっては有効期限はあまり関係ないと言えます。

カードの残額については、レシートや会員ページ(マイドトール)にて確認することができます。

 

ドトールで4%分のdポイントを獲得するために用意するもの

 

ドトール利用時にdポイント4%を獲得するためには、dカード/dカード GOLDと、ドトールバリューカードが必要です。

仕組みとしてはドトールバリューカードに対してdカード/dカード GOLDからチャージをすることによって、その際チャージした費用分に対してdポイントが、通常の決済利用分で1%、さらに特約店として3%分、合計で4%が追加され、付与される形となります。

 

 

実際に貯まった明細はこんな感じです。

 

 

最初に1000円分、その後2000円分をチャージした時の明細です。通常ポイントが10ポイントと20ポイント、特約店ポイントが30ポイントと60ポイント貯まっています。つまり合計3000円分のチャージに対して合計120ポイントです。還元率4%ですね。

 

このように、dカード GOLDからドトールバリューカードにチャージをするには、カードの登録をしておく必要がありますので、その手順について以下解説していきます。

 

dカード GOLDからドトールバリューカードへのチャージ方法

ドトールバリューカードの会員登録

ドトールバリューカードを手に入れたら、まずは会員登録をする必要があります。

ドトールの公式サイトから簡単に実施できます。→ドトール公式サイト・新規会員登録/ログイン画面

まずは「新規会員登録」から空メールを送信し、送られてきたメールにあるURLから登録を開始します。

 

 

会員情報登録画面では、ドトールバリューカードの裏面に記載されているカード番号と、PIN番号を入力します。

PIN番号は当初隠されていますので、コインなどで削って数字を確認しましょう。このカード番号とPIN番号は、以後もチャージする際などに必要になります。

 

 

 

続けてパスワードを決めます。さらに、名前など個人情報を入力していき、それがすべて完了すると登録は終了です。

 

 

dカード GOLDからドトールバリューカードへのチャージ

ここから、dカード GOLDからドトールバリューカードへのチャージの方法へと移っていきます。

マイページへのログインには、毎回カード番号とパスワードが必要となります(※「次回からカード番号の入力を省略」を選択することは可能)。

 

 

ログインをすると、たった今会員登録を実施したドトールバリューカードの内容が表示されています。上記写真でポイント残高が300ポイントとなっているのは、カードを購入した際にかかった300円分です。

さらに下の「バリューチャージ」という項目を選択すると、Webチャージ画面へと遷移します。

ここで改めて、プリペイドカード番号とPIN番号を入力します。

続けて、チャージ金額を決めて、クレジットカード情報を登録する画面へと移ります。

 

 

ここでdカード GOLDの情報を入力します。ここが最も重要です。

もし他のクレジットカードを登録してしまったら、当然4%のdポイントももらえませんので、よもや「ついうっかり間違った」、なんてことはないとは思いますが、重々注意しましょう。

そのまま進んで登録を完了させると、チャージが完了します。ここに表示されているポイントはあくまでドトールのポイントなので、dポイントではありません。勘違いしないようにしましょう。dポイント分としての合計4%分は後日自動的に反映されます。

 

以後、ドトールバリューカードにチャージをする際には、この登録したdカード GOLDでチャージをすることによって、毎回決済ポイントとして1%、追加ポイントとして3%、合計4%が付与される形となります

ただし、若干不便な点としては、チャージをする際に、登録したdカード GOLDの名義とセキュリティコードを毎回入力する必要があります。

スターバックスカードでは登録したクレジットカードは選択するだけで済むので、チャージの際の利便性はスターバックスの方が高いです。

 

ドトールバリューカードのもう一つのお得:5%のチャージポイント

ドトールバリューカードは、似たようなプリペイドカードサービスであるスターバックスカードと異なり、さらにもう一段階のポイント的なメリットが用意されています。

それは、ドトールバリューカードの独自特典で、入金(チャージ)額が2000円以上の場合、入金額の5%をチャージポイントとしてもらうことができるのです。さらに、チャージボーナスポイントデーとして毎月1日にチャージを実施すると、10ポイントが無償でもらえます。

他にも、商品購入時に100円ごとに1ポイント、つまり1%分のポイントがもらえるという特徴もあります。

 

と考えていくと、dカード GOLDからのチャージで4%、チャージ額を2000円以上にしてさらに5%、商品購入時に1%で合計10%ものお得になるわけです。そして毎月1日のチャージで10ポイントも追加ゲットできます。

ポイントの種類が、dポイントとドトールのポイントという形であり合算はできないものの、どちらもちゃんと利用していくのであれば同じことです。

実はこんなにお得な使い方を、ご存知ない人が非常にまだまだ多いのです。

それ以外にも、ドトールバリューカードの特典は非常に多いので、公式サイトをしっかりチェックしておきましょう。→ドトール公式サイト

 

dカード特約店の中でも非常に使えるドトールの魅力

dカード GOLDとドトールバリューカードを併用した時のお得さが理解していただけたでしょうか。

4%のdポイント還元だけでなく、ドトールバリューカード独自の特典プログラムを合わせると合計で10%を超えるメリットがあると考えると、実はdカード GOLDで最もお得に利用できると思われていたローソンやマクドナルドをも超えてお得に利用ができてしまうのです。

dカード GOLDの年会費1万円は、このdカード特約店によるお得さを含めなかったとしても十分元は取れるどころかそれ以上にお得になるのですが、それに加えて今回のようにドトールを頻繁に利用するとか、スターバックスやローソン、マクドナルド、高島屋などなど、様々な店舗での活用を工夫していけば、大幅なプラスになるのは間違いありません。

まだdカード GOLDの申し込みができていない場合には、改めてメリットを確認した上で早めに申し込みをしておきましょう。→「dカード GOLDは本当にお得なのか

早速明日からと言わず今日から、dカード GOLDを準備して、ドトールバリューカードをもらいに行きましょう。

 - ドコモdカード(旧DCMX)の裏