ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

ドコモケータイを格安スマホ併用で最もお得に利用できる方法

   

当サイト、コメント欄にて情報提供をいただいた内容です。早速共有したいと思います。

ドコモのケータイを、かなりの高効率で利用できることが判明しました。格安SIM/格安スマホと併用することで、まさに最強となります。

インフォメーションセンターにも問い合わせ済み、ドコモオンライン手続きでも確認済みです。

この方法を使えば、非常にお得にドコモケータイを利用することが可能になります。

ドコモケータイをカケホーダイライト・格安1200円で運用可能

まず、具体的にどういう形にできるかをご案内しておきます。

ドコモのケータイ(フィーチャーフォン)を利用し、カケホーダイライトプラン(ケータイ・Xi)を利用することによって、月額1200円で5分以内カケホーダイでの利用が可能となる、というものです。

この場合、Xi契約にiモードをつけることもできますが、必要がなければ不要なものは一切つけない形にすれば、1200円とユニバーサルサービス料、そして消費税のみの格安運用が可能となります。

加えて、通話品質は安定のドコモ品質、信頼性も高いので安心です。

ただし、この形を実現するためにはいくつか条件があります。

 

FOMA/Xi、いずれかのフィーチャーフォンを持っていることが前提

前提条件として必要なのが、ドコモのフィーチャーフォンを所有している、ということです。

問題なく動くのであれば、以前利用していた機種でも大丈夫です。持っていなければ中古端末を購入するなり、家族や友人が以前使っていた機種を利用してもいいでしょう。

そのうえで、料金プランをXiのカケホーダイライトプラン(ケータイ)に変更するのですが、ここでいくつかパターンがあります。

まったく新しく契約をするのか、既存の契約から変更するのか、です。

 

ドコモで新規契約をする場合

ドコモで新しく番号を取得するなり他社から持ってくるなりして契約をする場合、Xiカケホーダイライトプラン(ケータイ)を選択します。

当初、Xiカケホーダイライトプラン(ケータイ)は、対象機種を購入しないと選択できないような話もありましたが、現在確認したところ、まったく問題なく契約はできるようです。

そのうえで、契約したSIMカードをFOMAかXiのフィーチャーフォンに入れて利用すれば、そのまま1200円のカケホーダイライト(ケータイ)が利用可能となります。

もちろん契約時にFOMAフィーチャーフォンの形状と同じSIMカードサイズにしてもらうのを忘れないようにしましょう。

 

ドコモの既設回線を変更する場合

すでにドコモの回線を所有している場合、そのまま料金プランをXiカケホーダイライトプラン(ケータイ)へと変更する必要があります。

オンライン手続きでも可能ですし、インフォメーションセンターでも受け付けしてもらえます。

そのうえで、SIMカードを手持ちのフィーチャーフォンに入れて利用すれば、1200円のカケホーダイライト(ケータイ)が使える形となります。

ただし、SIMカードの形状が異なる場合には、ドコモショップでSIMカードのサイズ変更をしてもらう必要があります。

その際、手数料が2000円(税別・翌月請求)かかります。

ちなみに、FOMAからの変更の場合には、まずXiに契約変更を実施する必要があり、契約変更の手数料が3000円かかります。

 

新規・既設からの変更、共通の注意点

新規契約の場合、既設回線のプランを変更した場合に共通する注意点としては、プラン変更したSIMカードを、スマートフォンに入れて利用しないようにする、という点です。

スマートフォンに入れて利用してしまうと、指定外デバイス利用料(500円)が発生してしまい、スマートフォン用カケホーダイライトプランと同じ1700円がかかってしまいます。

これではもったいないので、必ずSIMカードはフィーチャーフォンに入れて利用する、ということを忘れないようにしましょう。

これで月額1200円の5分カケホーダイつきケータイの完成です。

 

今まで何が問題だったのか

そもそもなぜ、今までこういう形が実現できなかったのかというと、Xiのカケホーダイライトプラン(ケータイ)には様々な条件がついており、既設回線をこのプランに変更するためには直近の購入機種がフィーチャーフォンでなければならないとか、新規契約時には対応機種であるドコモケータイ(Xi)を購入しなければならない、などの厳しい条件があったはずでした。

事実、ドコモの公式サイトには今現在、次のような注釈が記載されています。

 

※カケホーダイライトプラン(ケータイ)のお申込みには、直近にドコモ販売店にて購入手続きされた機種が、次の対象機種であることが必須となります。
【対象機種】
ドコモ ケータイ(iモード/spモード)、らくらくホン(らくらくスマートフォン除く)、キッズケータイ

 

しかしこのルールを完全に無視する形で、ドコモオンライン手続きでは変更手続きが可能ですし、何よりインフォメーションセンターでも受付してもらえます(※ドコモショップには、ルールが曖昧な内容については問い合わせしない方が無難です。二転三転して時間ばかりかかる可能性が高いです)。

一体どちらが真実なのかわからない状態ですが、何よりシステム上受付可能なので、そのまま押し通せます。

 

ともかくこれで、フィーチャーフォンを手元に所有しているのであれば、格安ケータイを作ることが簡単に可能となりました。

さらにサブ端末としてスマートフォンと格安SIMを利用すれば完璧です。

 

LINEモバイルとドコモスマホをサブで使う

ということで、ここからは例として私自身のケースでご案内します。

今所有しているドコモのXperia X Performanceがあります。こちらに格安SIMを代表してLINEモバイルのデータ専用SIMを入れます。

どれくらいのデータ容量が必要かによって若干料金は変わりますが、最安値であればLINEフリープラン1GB/月額500円です。

ドコモのカケホーダイライト(ケータイ)が1200円なので、合わせて1700円で2台を運用可能となります。

しかも通話は安定のドコモ回線かつ5分カケホーダイです。

通信もドコモ回線を利用したLINEモバイルで1GBまで利用でき、LINEの利用については容量関係なく使い放題です(カウントフリー)。

この形にできると、ほぼ最強です。

 

私は今まで、大事にタイプXiにねん(743円/月)を維持してきましたが、通話料金が若干かさんでしまうことも多かったため、カケホーダイライトプラン(ケータイ)の1200円に変更しようと思います。

SIMカードはフィーチャーフォンに入れなおします。

ひょんなことから、最安値利用が実現できてしまいました。

もし条件を満たしている場合には、ぜひ活用されてみてください。

 

ただ、もし何か不安があるような場合には必ずドコモインフォメーションセンターへの問い合わせをしながら進めていただくようお願いします。

 

 - ドコモのサービス情報の裏