ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

2018年冬春モデル

らくらくスマートフォンはF-03KとF-04Jどちらがお勧め?

投稿日:

2018年2月28日にらくらくスマートフォンme F-03Kが発売されたことで、それまでらくらくスマートフォン4 F-04Jしか選択肢がなかったらくらくスマホに、選択の余地が生まれることになりました。

しかも、今までF-04Jが対応していなかったdocomo withにF-03Kは対応しています。→「docomo with(ドコモウィズ)は本当にお得なのか

ただ、旧機種になったことでF-04Jの価格が劇的に下がってきており、端末価格が安いF-04Jと、docomo with対象機種ではあるものの端末購入補助がなく端末価格の割引がないF-03Kとでは、実際のところどちらがお得なのでしょうか。

それぞれの性能差も合わせて検証してみました。

F-03KとF-04Jに性能差はほとんどない

発売された時期としては、F-04Jが2017年2月10日発売F-03Kが2018年2月28日発売ということで約1年の発売時期の差があるものの、そのスペックとしてはほとんど変わりがありません。

CPUも電池もメモリもカメラも、完全に同等スペックです。カタログ等詳細スペックを見比べても、違いを見出すのはなかなか難しいです。

では何が変わったのかというと、最も大きな差異としては、インストールされているOSの差です。Android6.0がAndroid7.1へと進化しています。

その影響か、電池持ち時間がF-03Kの方がほんの少し伸びています。

また、F-04Jではピンク、ブラック、ホワイトという三色展開だったところが、F-03Kではブルー、ゴールド、ピンク、ブラックという4色展開になっています。

 

それ以外の細かい違いとしては、F-03Kでは、F-04Jに搭載されていた赤外線や防犯ブザースイッチ、らくらくタッチなどが省かれています。

らくらくタッチがなくなってしまっている点は、それまでらくらくスマホを利用していた人からすれば逆に使いにくく感じてしまうかもしれませんので要注意です。赤外線などがなくなったことは、基本的にそう大きな影響はないと思います。

 

気になるF-03KとF-04Jの料金差

新規契約、契約変更、機種変更時それぞれの端末代金総額の分割分から、月々の割引(月々サポート/docomo with)を値引きした金額合計を比較してみます。

 

F-03K F-04J
手続き 新規/契約変更/機種変更 新規契約 契約変更 機種変更
総額
(分割)
38880円
1620円×24回
58968円
2457円×24回
月々サポート
(月あたり)
なし -1809円 -2214円 -1809円
docomo with -1620円 なし
割引期間 ずっと 24回
合計
(月あたり)
0円 648円 243円 648円

 

新規契約/契約変更/機種変更のいずれの場合も、端末購入補助が発生しないdocomo with機種のF-03Kでは全く金額の変化がありません。加えてdocomo withは期間も切られないため、とりあえずF-03Kを利用し続ける間に関してはずっと月々1500円(税込1620円)が割引され続け、その分を端末代金の分割分から差し引いて考えた場合の月々の負担は0円という形になります。

一方で、F-04Jの場合は、新規契約と機種変更の場合が、月々サポートを差し引いて648円、契約変更の場合が243円です。月々サポートと端末分割代金が終了する二年後以降は、それ以降も1500円が割引され続けるdocomo withとの間には長く利用すればするほど金額的な差が生まれてしまいます。

と考えると、どのケースにおいても確実にdocomo with対応機種であるらくらくスマートフォンme F-03Kが料金的には有利、ということができそうです。

 

シニアはじめてスマホ割終了の影響

らくらくスマートフォンme F-03Kが発売された2月28日以前までは、「シニアはじめてスマホ割」が展開されていたのですが、これが終了してしまったことが、かなり大きな影響を及ぼしています。

すなわち、シニアはじめてスマホ割が実施されていた頃は、60歳以上という年齢の制限はあったものの、上記のF-04Jの料金に加えて1520円×24回(カケホーダイプラン/ライトプランの場合)が基本料金から割引されていたわけなので、購入から二年間に限れば、非常にお得だったわけです。

しかしこれが完全に終了してしまった今、F-04Jを以前のように選択すると、上記で見てきたように逆に不利になってしまいます。よって、長期的視野に立ち、docomo with対応のF-03Kを選択することが最良の選択肢となっています。

 

F-03Kはドコモオンラインショップで予約必須

2018年3月12日現在、かなりの人気があるためか、元々製造が少なめだったためか、ドコモオンラインショップでF-03Kは全色在庫なし、入荷予定も未定となっています。

ただ、予約はすぐにできる状況なので、早めに予約をしておくことで早めに入手することができます。

ドコモオンラインショップで手数料を有利に、なおかつdカード GOLDの一括支払いでポイント2倍をしっかり獲得しておきたいところです。→「ドコモオンラインショップでの機種変更/購入が圧倒的有利な件

一方で、F-04Jに関しては現時点で在庫はあるものの、こちらを選択するとどうしても上記で見てきたように料金的にはF-03Kを選択するよりもマイナスになってしまうため、もしある程度待つことが可能であるなら、できる限りF-03Kの予約をして入荷を待ちたいところです。

 

F-03Kの主な特徴まとめ

最後に、らくらくスマートフォンme F-03Kの主な特徴をまとめておきます。

元々らくらくスマートフォンは、年配のユーザー向けに作られていることもあり、文字が大きく通話の音も聞きやすく、利用しやすく作られています。

タッチパネルにおける文字の大きさやわかりやすいレイアウトは、歴代のらくらくスマートフォンでほぼそのままの形で継承されています。

また、通話についてもVoLTE(HD+)に対応しているため、VoLTE対応機種との通話に関しては雑音の少ない非常にクリアで聞きやすい高音質で通話をすることができますし、さらに「はっきりボイス」、「あわせるボイス2」、「ダブルマイク」、「ゆっくりボイス」など各種機能に対応しており、通話のしやすさにこだわりを持って作られています。

 

さらに最近の富士通端末において標準装備になりつつある、MIL規格14項目に準拠したタフネス性能を搭載しており、防水・防塵だけでなく、様々な耐久試験をクリアしていることで、豪雨や登山などのシーンでも安心して利用することができます。

 

利用頻度が高いと思われるカメラや、ワンセグ機能も搭載しており、初期型のらくらくスマートフォンでは対応していなかったGoogle playにも対応していることで、後から各種アプリを追加して利用することも可能です。

要望が非常に多いと思われるLINEも、もちろん利用することができます。

年配のユーザーの利用シーンとしては、ほとんどのケースに対応でき、なおかつdocomo with対応で格安利用が可能ならくらくスマートフォンme F-03Kを、改めて検討してみましょう。



-2018年冬春モデル

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.