ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモdカード(旧DCMX)の裏

dカード GOLDで獲得した金額が、30万円分を軽く突破していることに気づいた話

投稿日:

ふと気づいてしまったのですが、私が本格的にdカード GOLDの集中利用を開始して既に3年以上が経過し、累計の獲得ポイントおよび年間ご利用額特典などをすべて合計した結果、軽く30万円分を突破していました。

仮に私がdカード GOLDで決済してきた金額のすべてを、現金払いで払っていたとしたら、獲得してきた30万円を超えるお得分はすべてなかったわけなので、如何に影響が大きかったかがわかるというものです。

ということで今回は、何をどうしたらそんなにもお得になったのかを解説していきたいと思います。

 

関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか

3年連続・dカード GOLD年間ご利用額特典を獲得

まず、dカード GOLD特有の特典、dカード GOLD年間ご利用額特典について注目したいと思います。

今年まで、3年連続で200万円以上の利用を達成し、毎年2万円分(21,600円分/22,000円分)の特典を獲得しています。これだけで、単純に6万円分を超えます。

特典がなくならない限り、これを10年仮に続ければ20万円分になりますし、20年続ければ40万円分になるのですから、無視できません。

獲得し続けるコツはただ一つ、ひたすらdカード GOLDに支払いのすべてを集約すること、これに尽きます。

食費や生活費のすべての支払いをまとめてしまえば、意外にそう難しくもないケースも多いと思います。

少なくとも、年間100万円超えの水準は達成できることが多いのではないかと思います。

 

関連記事:「dカード GOLD年間ご利用額特典を最大活用する

 

dポイント投資や各種特典で獲得したdポイント

前述の累計獲得dポイントには、期間・用途限定ポイントは含めていません。

もしそれを含めると、総獲得ポイントとしてはさらに大きなものになると思います。

ただ、dポイント(期間・用途限定)は都度消費していきますので、総獲得ポイントの把握が難しいこともあり、今回のカウントには含めていません。参考までに、以前一年間に獲得してきたdポイント(期間・用途限定)を集計してみたことがあるので、そちらを参考にされてください。→「dポイント(期間・用途限定)はどれくらい獲得できるのか履歴を確認してみた

 

dポイント(期間・用途限定)を含めない場合でも、機種購入特典だったり、通常dポイントを獲得できるケースはあります。

そうした機会に増えた分や、以前dポイント投資が事実上のボーナスステージだった頃に増やしたdポイントもそこそこあります。具体的にどれくらいのdポイントをそれらで獲得してきたかはわかりませんが、少なくとも数万ポイントはあると思います。

日々の地道な活動が大切、ということですね。

 

ドコモの利用料金に対する10%ポイント還元

dカード GOLDが持つ特典の中で、目玉となる特典の一つが、ドコモ利用分に対する10%dポイント還元です。

具体的には、毎月のドコモのケータイ/ドコモ光利用料金の1,000円(税抜)ごとに税抜金額の10%還元/利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント、ということになります。

還元対象となる料金をしっかり把握しておく必要はありますが、基本的にはドコモの利用料金が大きければ大きいほど還元ポイントは大きくなります。

逆に言えば、以前のdocomo withや現在ではギガライトを利用されている場合など、月額料金が非常に安く収まっている方の場合には、獲得できるポイント数は非常に少なくなってしまいます。

ただ、ドコモ光利用分も10%還元の対象に含まれている点や、シェアパックの代表回線の場合などには確実に毎月大きなポイントを獲得することが出来るため、やはり非常に影響が大きい部分と言えます。

 

ちなみに私は、シェアグループ代表かつドコモ光も利用しておりますので、毎月1,000ポイント以上は確実に獲得できており、それだけで年間1万ポイント以上、うまくいけば2万ポイント程度獲得できています。

 

関連記事:「ドコモ光は本当にお得なのか

 

基本中の基本・dカード GOLDのショッピング利用に対する還元

そして最後に、最も大きな金額分のプラスに寄与しているのが、やはり基本中の基本なのですが、dカード GOLDのショッピング利用に対する還元です。

前述した通り、年間ご利用額特典を3年連続200万円以上の利用で獲得することが出来ているため、単純計算、少なくとも6万円分のポイントを獲得できている計算です。

ちなみに私の獲得が多いのは、この部分の利用が単年で500万円を突破している年があるのも大きな要因の一つです。

年間500万円利用すれば、単純に5万ポイントもらえます。結婚式の費用や自家用車の購入など、大きな出費がある場合には、dカード GOLDを必ず利用するようにしましょう。それだけで劇的にポイントが貯まります。

現金で支払うのは、非常にもったいないです。

 

累計獲得dポイントは25万ポイント越え

実際のところ、毎年どれくらいの金額をdカード GOLDで決済してきたかは覚えていないのですが、獲得してきたdポイントを見ればおおよその予測は付きます。

2020年5月時点で約25万ポイントほど所有しており、その間、一切通常dポイントは利用していないので、丸々獲得してきた分が反映されているということになります。

還元率1%で考えるなら、単純に25万ポイントを獲得するためには2,500万円(!)の利用が必要ということになりますが、当然のことながらそこまでの金額を使っているわけではありません。

解説してきた通り、ドコモの10%還元やポイント投資、その他キャンペーンでの獲得も多数含まれているので、それらがすべて合計して、このポイント数になったわけです。

とはいえ、それもこれも、まずはdカード GOLDありきの数字ですので、数年前にdカード GOLDを作り、ひたすら利用してきたよかった、という感じですね。

コツコツ積み上げていった成果は本当に偉大です。

 

大きな買い物時の利用が見逃されがち

個人的によく思うのが、大きな買い物をされる際のdカード GOLDの利用が結構見逃されがちなのではないか、ということです。

先に解説した通り、結婚式費用や自家用車はその最たるものですし、例えば家やマンションを購入した際の引っ越し費用や家具家電の購入費用なども、結構馬鹿にならない金額になることがあると思います。

これらをすべて現金で支払うのか、dカード GOLDで支払うのかではあまりにも大きな差が生まれます。

理想を言うなら、毎年きっちり200万円超えを達成できるように調整していくのが理想ですが、どちらにしても大きな支出が発生するのなら、それを超える金額であってもdカード GOLD払いを選択する方が賢いです。

 

もちろん、ポイ活を専門にされている方にとっては、もっともっとお得な使いまわしを考え付くこともできると思います。よくその点指摘していただくのですが、私はポイ活は専門ではなく、あくまでdカード GOLDのみを専門に考えておりますので、徹底的にお得にこだわりたい、ということであれば、まずはdカード GOLDを基本に据えつつ、細かいところのポイ活は改めて考えてみるのもいいかもしれません。

 

昨今の状況から、特にdポイント(期間・用途限定)の獲得を巡る状況も大きく変化しつつあります。

dカード GOLDの利用で確実に獲得できるお得な部分に関しては、逃すことなくしっかり獲得していきましょう。



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

2

今回はなんと! 特別にdカード GOLDについて、実際に株式会社NTTドコモのdカードの担当の方にインタビューさせていただきました! dカード GOLDについて、しっかり質問してきましたので、既にdカ ...

-ドコモdカード(旧DCMX)の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.