ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス情報の裏

ギガホ2・ギガライト2に変更してみた/手続き忘れに要注意!

投稿日:

2019年10月1日より提供開始されている、新しいギガホ、新しいギガライトへの変更手続きを実施してみました。

私が元々利用しているのはギガホですが、今回はギガホ2ではなく、「ギガライト2」へと変更してみることにしました。

 

10月以降、旧プランであるカケホーダイプランなどから変更される場合には、ギガホ2/ギガライト2のみが選択できる形となり、旧ギガホ/ギガライトは選択できなくなりました。

そもそも何が違うのか、どう変わるのか、どういう風に変更手続きをすればいいのか、詳しく解説していきます。

関連記事:「ドコモのギガホ/ギガライトをわかりやすく完全解説

ギガホとギガホ2/ギガライトとギガライト2の違い

2019年9月30日まで提供されていたギガホ/ギガライトと、10月1日以降に開始されたギガホ2/ギガライト2は、それぞれどういう違いがあるのでしょうか。

基本的なプランの料金についてはどちらも全く変わりはないのですが、変わった点として、2年定期契約を選択した際の解約金、そして2年定期契約を選択しなかった場合の月額料金が異なります。以下の通りです。

 

定期契約あり
更新月以外の解約金
定期契約なし
解約金
旧ギガホ/ギガライト 9500円 0円
※ただし月額料金が1,500円アップ
ギガホ2/ギガライト2 1,000円 0円
※ただし月額料金が170円アップ
※dカードお支払割で月額料金170円引きで相殺

 

つまり、そのままドコモの回線を利用し続けるのであれば、旧ギガホ/ギガライトとギガホ2/ギガライト2のどちらを利用していても全く変わらないのですが、2年定期契約を選んだ場合の解約金が全く異なるため、将来的にドコモを解約する可能性を考えた場合、新しいギガホ2/ギガライト2に変更しておきたい、というわけです。

また、dカード/dカード GOLDを所有している場合には、定期契約を選択しなくても、月額料金が170円アップすることなくそのままの料金で利用し続けることができるため、メリットはより大きいです。まったく縛られることなく、いつ解約しても解約金がかからない状態にしつつ、料金はそのまま維持することができる、というわけです。

仮にdカード/dカード GOLDを所有していなかったとしても、月額料金が170円アップしても問題ないなら、2年定期契約を利用せず解約金なしの状態で利用することも可能です。

 

とはいえ、早々にドコモを解約することは考えていない、という人が大半でしょうから、旧ギガホ/ギガライトを利用していても慌てて変更する必要はないようにも思えると思います。

それはその通りなのですが、注意したい点としては、仮にギガホ2/ギガライト2への変更をしたとしても、次の更新期間まで現状の解約金は留保される、という点です。つまり、今すぐ私がギガホからギガホ2に変更したとしても、解約金は次の更新月までに解約をするとそのまま9,500円かかってしまう、というわけです。

そして、次の2年定期契約期間に入る前までにギガホ2/ギガライト2への変更をしておかないと、また2年、解約金9,500円のままで契約が延長されてしまう、というのが最も気を付けたいポイントです。

そういう意味で、更新月によってはすぐに急いで変更手続きをしておいが方がいい人もいる、ということです。

仮にすぐにギガホ2/ギガライト2への変更手続きを実施したとしても、2019年9月までが更新期間で10月から次の2年に入ってしまった人は、最長で約2年、解約金9,500円がかかる状態が続くことになります。

まぁ、いずれにしてもドコモの解約を考えていなければ関係ないのですが。

 

ギガホからギガホ2/ギガライト2への変更方法

ということで、私は解約予定は今のところ全くないのですが、縛られるよりは縛られない方がいいので、早速変更手続きを実施してみました。

まだ手持ちの回線は旧プランであるカケホーダイプランやシェアパック利用回線がほとんどなのですが、1回線だけ先日ギガホに変更したので、その回線でMy docomoにて手続きしました。

 

 

ギガライト2/ギガホ2、ギガライト2:2年定期/ギガホ2:2年定期の4パターンから選択ができました。

私は今ギガホ利用中かつdカード GOLD所有なので、普通にそのまま変更するならギガホ2の定期なし(dカードお支払割が適用するため)ですが、もう容量はそれほど使わないので、ギガライト2の定期なしを選びました。

ギガホからギガライトなので、翌月適用になりました。先月中にギガライトへの変更手続きをしておけばよかったですが、まぁ仕方ないです。

 

 

注意点として、ギガホ割が終了しますよ、という案内が出てきて、ギガライト2の注意事項が延々と出てきました。

特に私の場合は問題になる点はありませんでしたが、読み飛ばすことなく、しっかりと読んでおきましょう。

その後、非常に重要なポイントが出てきました。

 

 

Xiギガホの廃止予約が確定した場合、解約金(10,450円)は契約期間内は保留になります。解約金保留期間中に回線契約等を行った場合、保留したXiギガホの解約金(10,450円)を請求させていただきます。

解約金保留期間終了月の翌月以降は、Xiギガホの解約金(10,450円)は破棄となります。

 

先に上で案内した部分ですね。次の更新期間までに解約をすると、引き続き解約金9,500円(税別)がかかるということです。ただし、今回「ギガライト2・定期契約なし」に変更することで、次の更新期間以降の解約金は破棄され、解約金なしとなります。

 

そのまま登録し、これで手続き完了です。翌月、11月以降はギガライト2となり、定期契約はなしですが、dカードお支払割により、料金は170円アップすることなく2年定期契約ありと同じ水準の料金で利用することができます。

加えて、dカードお支払割 5%還元キャンペーンにエントリーすることで、dカード GOLDで決済した際のポイント還元が非常にお得になります。

 

手続きは非常にカンタン・とにかく忘れることにだけ注意!

以上の流れで、旧ギガホ/ギガライトを利用されている方は、簡単にMy docomoから変更手続きができるため、忘れずに早めに実施しておきましょう。

最悪なのは、何度も言いますが手続きを忘れに忘れて、更新月をさらにそのまままたいでしまい、延々と解約金9,500円の状態が継続されてしまう状況です。

もしdカード/dカード GOLDを持っている方であれば、dカードお支払割 5%還元キャンペーンも適用されませんから、丸々損です。それぞれ、以下の各記事も参考にされてください。

 

dカードお支払割についてはコチラ→「dカードお支払割の詳細解説

dカードお支払割 5%還元キャンペーンについてはコチラ→「dカードお支払割 5%還元キャンペーンがお得すぎてすごい!

 

そもそもまだdカード GOLDをお持ちでない方は、「dカード GOLDは本当にお得なのか」を参考にされてください。



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

2

今回はなんと! 特別にdカード GOLDについて、実際に株式会社NTTドコモのdカードの担当の方にインタビューさせていただきました! dカード GOLDについて、しっかり質問してきましたので、既にdカ ...

-ドコモのサービス情報の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.