ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

dカード GOLDの2年目年会費を実質0円にする方法

   

今回は、ドコモ人気のクレジットカードサービス・dカード GOLDの2年目以降の年会費を実質0円・無料にする裏ワザを紹介しようと思います。

dカード GOLDはゴールドカードであり、毎年1万円の年会費がかかります。その年会費がかからなくなるということはあり得ませんが、実質かからないのこと同じことにする方法があるのです。

解説していきます。

関連記事:「dカード GOLDが本当にお得なのか

dカード GOLDは年会費がネック

dカード券面画像

 

今回の方法を利用すると、dカード GOLDを利用しているユーザーはdカード GOLDのメリットをさらに体感できるでしょうし、dカード GOLDを申し込みしようか悩んでいたドコモユーザーも、悩みを払拭して前向きに申し込みすることができると思います。

 

dカード GOLDは、非常にたくさんのメリットがあるゴールドカードなのですが、ゴールドカードであるがゆえの年会費に悩む人が多いようです。

1年目の年会費1万円は、キャンペーンのiDキャッシュバック等、しっかり有効活用することですぐに元を取ることができます。ポイントも10%の高還元率で貯まっていくのですから、損のしようがありません。

 

しかし、悩む人はこう考えます。

 

「でも、2年目以降も年会費かかるんでしょ?」

 

年会費なので、当然2年目以降もかかります。これは仕方ありません。その分、様々なメリットを享受することができるのですから、そこは納得するしかありません。

ただ、それでも2年目以降の年会費がそこまで気になるのであれば、実質2年目以降の年会費の負担をなくしてしまう方法があるのです。

 

dポイントでdカード GOLDの年会費相当分を補てんする

それは、dカード GOLDでどんどん貯まるdポイントを利用した方法です。

dポイントクラブが2015年12月に開始されたと同時に、dポイントは今までできなかった機能を獲得しました。

その一つが、「dポイントをドコモの利用料金に充てることができる」という機能です。この特徴を利用します。

 

dカード GOLDの2年目年会費がかかるタイミングに合わせて、dポイントをドコモの利用料金に回してしまうのです。

さて、そうするとどうでしょうか。

dカード GOLDの年会費がかかることで、利用料金がいつもより1万円高くなるはずのところから、dポイントを1万円分利用してドコモの利用料金からdカード GOLDの2年目年会費分を相殺してしまうことで、実質年会費を0円にしてしまうことができるわけです。

この方法なら、2年目以降の年会費を体感することなく、ただdカード GOLDの特典のみをそのまま受けることができ、なおかつうまくいけばdカード GOLDを利用した場合のdポイントは2年目年会費に1万円分を使ってもなお残る部分もあると思いますので、完全にお得となります。

3年目以降も同じ手法で年会費の実質負担を消してしまえば何年でも応用ができます。年会費の実質負担をなくしつつ、ポイントをより多くため、その他すべての特典を、しかも家族カードも含めて家族で享受できるのです。

この方法をうまく活用すれば、2年目以降の年会費という問題も解決しますので、もはやdカード GOLDを利用しない理由は見当たりません。

実際に、dポイントをケータイ料金に充当する方法は以下の記事で解説しています。

関連記事:「ドコモのdポイントをケータイ料金に充てる方法

 

dカード GOLDの年会費がかかるタイミングを理解しておく

注意点としては、せっかく二年目のdカード GOLD年会費をdポイントで実質相殺してしまおうと考えていても、手続きのタイミングを誤ると、年会費がかかる月とドコモ料金からdポイントの割引が入る月がずれてしまう可能性があります。

そのため、まずはdカード GOLDの年会費がかかるタイミングを理解しておく必要があります。

一番わかりやすいのは、初年度の年会費がかかった月を覚えておく、という方法です。

例えば、初年度のdカード GOLD年会費が9月にかかったのであれば、翌年も9月に年会費がかかります。

そのため、9月10日に年会費一万円が引き落とされるのであれば、ドコモの定期クレジットをdカード GOLDに設定しているのであれば7月利用分なので7月にdポイントのケータイ料金への充当手続きが必要となります。ほかのクレジットカードで定期クレジット設定をしていても、基本的にはほぼ同じタイミングになると思われます。

もし、ドコモの定期クレジットに設定しておらず、通常の口座引き落としに設定されている場合は、9月末に口座振替によって引き落としがかかるのは8月利用分なので、8月にケータイ料金へのdポイント充当手続きをしておく必要があります。

細かい内容になってきますが、もしタイミングを合わせたい場合には調整するようにしましょう。

 

ドコモ光・シェアパック・dカード GOLDのコンボで大幅プラスに

加えてドコモ光シェアパックを利用している場合には、dカード GOLDによって最強のコンボを実現できます。

ドコモ光利用分およびシェアパックの利用料金についても、ゴールドステージ優遇による10%還元が適用されるため、dポイントの獲得が、かなり効率よく実施できるようになります。

特に光について、まだNTTのフレッツ光のまま、というケースは非常にもったいないので、素早くドコモ光に転用を検討しましょう。→「ドコモ光は本当にお得なのか

そのほかの特典に関しては、「dカード GOLDが本当にお得なのか」で詳細解説している通りです。

dポイント利用により、dカード GOLD最大のネックとなる年会費を実質無効化にすることによって、何のリスクもなくdカード GOLDを最大限に活用することができるようになります。

今なら入会キャンペーンによるiDキャッシュバックも実施されていますので、このチャンスにお得なdカード GOLDを利用していきましょう

 

▼dカード GOLD公式キャンペーンサイト▼

 - ドコモdカード(旧DCMX)の裏