ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

dカード GOLDの「こえたらリボ」「あとからリボ」を考える

   

iPhone 7/iPhone 7 PlusにおけるApple Payのサービス開始を間近に控え、dカード/dカード GOLDを利用しているドコモユーザーが増え続けていますが、今回は、そのdカードの実はあまり知られていない「こえたらリボ」と「あとからリボ」について考えてみようと思います。

 

クレジットカードの支払い方法としては、一括払いがもっとも一般的です。

利用した料金はすべて翌月に一括で支払ってしまい終わらせてしまうのが、気分的にも最もすっきりすると思われますし、負担を後回ししないという意味ではもっとも理想的な支払方法です。

ただ、どうしてもその当月に限り支払いが重なってしまって大きな金額を利用する必要が出てきた、という場合に役立つのが、リボ払いです。正式名称はリボルビング払いと言います。

そのリボルビング払いの方式としてdカード/dカード GOLDが用意しているのが、「こえたらリボ」と「あとからリボ」です。

リボ払いを利用するしないはともかくとして、メリットデメリットなど、知識としてはしっかり理解しておきたいところです。

dカード/dカード GOLDの「こえたらリボ」

ドコモのdカード/dカード GOLDにおけるリボルビング払いとは、カードやApple Payを含むiDを利用して購入した金額や件数にかかわらず、毎月指定した一定の元金と手数料を支払う、支払い方法です。

こう書いてもなかなかわかりにくいと思います。わかりにくいからこそわからないまま利用して失敗してしまう人が出てくるのも、リボ払いの特徴です。

リボ払いも、厳密には何種類かの方式に分かれるのですが、より難しく混乱の元になるので、ここではdカードに限って話を進めます。

dカードのリボ払い・「こえたらリボ」の場合には大前提として、利用した金額よりも先に、毎月支払うと決めた、指定した一定額が存在することが特徴です。

「こえたらリボ」については、申し込み時点で毎月の指定支払額の設定があります。

 

dcardribo01

 

元金定額5千円、元金定額1万円のいずれかから選択もできますし、自分で任意の金額を1万円単位で元金定額に設定することもできます。

 

仮に元金定額1万円を選んだとします。

つまり、毎月1万円+手数料分だけ支払いますよ、ということです。どれだけ買い物をしても、この金額は変わりません。

例えばdカード/dカードGOLDを利用して3万円の買い物をしたとします。

「こえたらリボ」により、設定した元金定額により毎月1万円ずつ返済していく形となっていますので、単純に考えれば3回で支払い終了と思えますが、実際のところは手数料分がありますので、4回での支払い終了となります。

シミュレーションした結果は以下の通りです。

 

dcardribo02

 

リボ払いの手数料率(包括信用購入あっせんの手数料)は実質年率で15.0%です。手数料分はもちろんマイナスになるものの、翌月に一括で3万円かかるときつい、というケースであれば、非常に便利な支払い方法となるわけです。

ちなみに、「こえたらリボ」という名称ですが、dカード/dカード GOLDの「こえたらリボ」は、基本的に一括払いで購入してもリボ払いになります。

ただ、事前に設定した元金定額を超えない限りはリボ払いにならない、というだけの話です。

加えて、iD決済利用時にも「こえたらリボ」は適用されますので、こえたらリボを申し込みした場合、dカードを設定したApple Payを利用しても同じということですね。

 

dカード/dカード GOLDの「あとからリボ」

一方で、dカード/dカード GOLDのあとからリボは、とりあえず一回払いで購入したあとに、リボ払いに変更する方法です。

一括払いで購入してみたはいいものの、あとからよくよく考えるとやはり支払いがきつかった、という場合や、急な出費が後から重なってしまった、という場合などに利用することができます。

選択肢として、「全部をリボ払いに変更」、「一部をリボ払いに変更」、「ボーナス払いをリボ払いに変更」という3通りがあります。

 

dcardribo03

 

1回払い・2回払い・ボーナス一括払い・iD決済のいずれで購入していても、購入後にリボ払いに変更することができます。

ただし、支払い口座ごとに「あとからリボ」には申し込み期限がありますので注意しましょう。

 

こえたらリボのdポイント50%増量

こえたらリボには、dポイント50%増量という特徴があります。

この場合のdカード GOLDのdポイント付与率は、買い物に対する付与なので、100円の利用につき1ポイントです。ゴールドステージ優遇における10%還元とは別なので注意しましょう。

条件としては、利用代金の請求月に「リボ払い手数料の請求」があれば、その月の利用金額に対して50%増量、つまりは1.5%のポイントが付く形となります。

手数料分をある程度はdポイントで補てんしてくれる形となるため、この仕組みは非常に大きいといえます。

 

リボ払いは怖いと思われている原因

0gazou20160903

 

一般的にクレジットカードに対して抵抗を持つ人が恐れているのは、おそらくこのリボ払いではないかと思われます。

なぜかというと、毎月定額を支払っていくものの、定額しか支払わないので、毎月のクレジット利用が多ければ多いほど支払い元金は積みあがっていく形となり、場合によっては手数料分が膨らんでしまい、元金が毎月まったく減らない、という状況に陥ってしまうことがあるのです。

ただし、これは考えればすぐわかることで、そうした状況が起こる原因としては毎月の支払額設定が低すぎるためにおこるわけです。

毎月5万円程度dカード GOLDの決済を利用する人が、元金定額1万円に設定していたら、それは当然毎月4万円が積みあがっていくのですからいつまで経っても支払いが終わらなくて当然です。

毎月大体自分は5万円前後カード決済を利用しているが、たまに少しオーバーすることもあるので、その分はリボ払いにしよう、というような使い方が最も賢いリボ払いの使い方です。

というよりむしろ、リボ払いは特別な理由がない限りは利用しない方が無難です。

利用するにしても、正しい認識と管理が必須です。

 

dカード GOLD入会キャンペーンの条件

基本的にリボ払いは利用しないという方針の逆を行く形で、「こえたらリボ」は、dカード GOLD入会時の、iDキャッシュバックキャンペーンの「特典3」の条件になっていたりします。

もう一つの条件である「キャッシングリボ利用枠設定」についてはまた別記事にて解説することにしますが、その「こえたらリボ」と「キャッリングリボ利用枠設定」を入会翌月までに設定することにより、2000円分のiDキャッシュバックがもらえるのです。

dカード GOLDについては、年会費1万円をどう回収するのか、というところが最もお得にdカード GOLDを利用するための一つのポイントでもあるので、2000円分のiDキャッシュバックは是非とも受けたいところではあります。

ではあるのですが、実際のところ、そこまで無理して「こえたらリボ」と「キャッシング利用枠設定」によるiDキャッシュバックを受けなくても、dカード GOLDの年会費1万円分は他の部分でも十分元は取れます
関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか/年会費1万円を回収する方法まとめ

もちろん、iDキャッシュバック2000円分を受けるまでとりあえず「こえたらリボ」と「キャッシング利用枠設定」をしておいて、特典を受けてもいいかもしれませんが、しっかり理解できている人限定の話です。

ちなみに私もさすがにそこまでは面倒で実施しませんでした。私は翌月一括払いを基本としてdカード GOLDを利用しているので、リボ払いは必要ないからです。

 

申込時に要注意・よくあるリボ払いの失敗談

よく見かける内容です。dカードの話ではありません。他の某クレジットカードの話です。

クレジットカードを申し込みしたはいいものの、申込時にいかにもリボ払いが必要なものであるような表記があったことで、申込者はよくわからないままにリボ払いを設定してしまい、しかも設定金額が5000円になっていたことで、クレジットカード決済を利用しても毎月5000円しか支払いが行われず、残りの分はどんどん積みあがっていき、手数料がかなりの金額になってしまった、という笑えない失敗談です。

実際にこういう可能性は確かにありえます。

dカード GOLDの申し込みについては、そこまでわかりにくい部分はありませんが、リボ払いについての記述には注意するようにしましょう。

必要なのか必要ないのかをしっかり考えた上で、必要なければ「こえたらリボ」の申し込みはしないようにしましょう。

 - ドコモdカード(旧DCMX)の裏