ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

ドコモ光+ひかりTVを利用してみたらiPad Proとの相性が良すぎた話

   

先日申し込みをしたひかりTVのチューナーが送られてきましたので、早速ドコモ光環境で接続して利用してみました。

思っていたよりも設定等は簡単で、それほど時間もかからずに使用開始することができました。

申し込み月から二ヶ月無料が適用されますので、とりあえず来月末までは一切料金もかかることなく視聴することができます。

実際に利用してみないとなかなかわからない部分もあるので、しっかり色々と利用してみようと思っているのですが、早速非常に便利だと思える点を発見したので、解説していこうと思います。

今回発見した非常に便利なポイントは、ひかりTVとiPad Proの相性の良さについてです。

ひかりTV対応チューナー接続についてや利用してみた雑感と合わせて解説していきます。

ひかりTVを利用にはドコモ光環境の準備から→「ドコモ光は本当にお得なのか

ひかりTV対応チューナーが送られてきた

 

ひかりTV契約後、約一週間ほどで送られてきた対応チューナーを開けてみると、ひかりTV簡単設定・接続ガイドとともに、チューナーやリモコン、ケーブル類等、一式が入っていました。

 

 

設定・接続ガイドを見ながらケーブルを繋いでいく形となりますが、それほど難しくはありませんでした。

ただ、何種類かケーブル類が多めにありますので、最初は少し戸惑いもあるかもしれません。

平型LANケーブル・ACアダプタ(電源ケーブル部とアダプタ部)・HDMIケーブルの全部で3セット4種類です。

 

 

送られてきたチューナーと自宅のWi-Fiルーター(またはONU・ホームゲートウェイ)をLANケーブルでつなぎ、チューナーとテレビをHDMIケーブルで接続、あとはACアダプタをチューナーに繋ぎ、電源用のコンセントにつなげば接続は完了です。

テレビ側のチャンネルをHDMI入力で表示できる画面にしておくと、自動的に初回のソフトウェア更新が始まり、終了後にリモコン認証をすることで操作可能となります。

 

ここまで特別な操作は何も必要ありませんが、ここから先に進むために一つだけ必要になるのが、「CAF」から始まるお客様番号です。これは、ドコモ光開通時にドコモから送られてきているはずなのですが、覚えている人はおそらく皆無だと思います。

書類自体どこに行ったのかわからない、という人もいると思いますが、そういう場合にはドコモのMy docomoの契約内容の確認でドコモ光の項目を確認すると見つけることができます。

ここまで入力が完了すると、無事ひかりTVが利用できるようになります。

 

ひかりTVを初めて利用してみる

ひかりTVをはじめて利用してみた感想としては、ホーム画面の作りが少しわかりにくく、どこで何を見ることができて何が見られないのかがわかりにくい印象でした。

契約は「テレビおすすめプラン」を選びましたが、ホーム画面上にビデオやdTV、DAZNなどの表示まであり、自分が利用できる入り口はどれなのだろうか?と戸惑いました。

もちろんちょっと考えればわかるのですが、慣れていない人にとっては少し使いにくいかなという印象です。

ビデオのコーナーを確認すると、どれも「有料」となっており、「見放題じゃないの?」という疑問に苛まれそうです。もちろんこれは「ビデオざんまいプラン」の契約をしていないので有料になっているのですが、気分的に観たいものを見つけて有料になっていると残念な気分になります。

 

設定を完了させてからテレビの番組表を取得するまでに多少時間が必要だったことも、わかりにくいと感じた部分の一つかもしれません。

本当は使い方は間違っていなかったのに、番組表が受信できなかったことにより「ここではないのかな?」と迷ってしまいました。

 

と、ここまでがひかりTVをはじめて利用開始した際の印象です。最初の使い方がよくわからないのはどんなサービスでも同じことではあるので、慣れの範囲内かなと思います。ただ、設定が簡単だった分、視聴までの全体的なハードルとしてはそれほど高くないのではないかと思いました。

その後徐々に使い方のコツがわかってくると、なるほどこういう風に使うのだな、ということがわかってきて楽しくなってきます。

 

ひかりTVをiPad Proで利用してみた

ひかりTVを無事テレビで視聴できるようになったなら、次に試してみたかったのが、ひかりTVをスマホやタブレットで視聴できるようにする方法です。

私の場合はiPad Proを利用してみました。ちなみに、AndroidタブレットでもスマホでもiPhoneでも、視聴することは可能です。

必要なものとしては「ひかりTV どこでも」というアプリです。Androidであればgoogle playから、iPhone/iPadならAppStoreからインストールして利用しましょう。

 

 

このアプリを起動して、設定を完了させるとすぐにひかりTVをスマホやタブレットでも視聴できるようになります。

設定の際、ひかりTV対応チューナーとアプリを紐づけるために「パスコード」を入力する必要があります。

このパスコードは、PM-700/ST-770というタイプのチューナーを利用している場合には、

 

1.ホーム画面より「ビデオ」を選択

2.「スマホで見る」を選択

3.「ご利用方法はこちら」を選択

 

で確認が可能です。ここで確認したパスコードをそのままアプリにて入力すれば設定は完了です。

 

私の場合、iPad Pro 12.9に「ひかりTV どこでも」アプリをインストールし、設定しました。

すると、その場ですぐにiPad ProでひかりTVが視聴できるようになりました。

試みに他のスマホ端末でもアプリをインストールし、パスコードの設定もしてみましたが、視聴は可能になるのですが、片方の端末で番組を視聴している場合、もう片方の端末では以下のメッセージが表示され、視聴が不可となりました。

 

 

この中の「他の端末がチューナーを使用していないこと」という項目に引っかかってしまうようですね。

ちなみに、ひかりTVをテレビで視聴しながらiPad Proで視聴することは可能です。

つまりどういうことかというと、テレビと、スマホやタブレット等1台分だけ、つまり合計2台が同時に視聴可能になる、ということです。

一人はテレビでひかりTVのアニメチャンネルを視聴し、もう一人は別の部屋でiPad Proを利用してスポーツ番組を視聴するという使い方が可能、というわけです。この時、iPad Proではなくスマホなどでもアプリさえ入れていれば利用は可能です。ただし「ひかりTV どこでも」アプリを利用した端末2台以上での同時視聴はできない、というわけですね。

 

しかしこのひかりTV、iPad Pro 12.9インチの大画面で視聴すると、実に映えます。大画面なのですから当然といえば当然ですが、持ち運びできるテレビが一台増えたようなものです。

使い勝手もまったくテレビで利用するのと同じように使うことができますし、別の番組表アプリを利用することで、当月分の番組表も確認することができます。

スマホやiPhoneで視聴するのとはまったく違った迫力をもってひかりTVを視聴することが可能です。

もちろんiPad Proでなく普通のAndroidタブレットでも、同じように大画面で視聴を楽しめると思いますが、純粋にひかりTVを家族みんなで利用したいと考えているのであれば、iPad Proの購入動機がかなり強まるのは間違いないと言えそうです。

画面もきれいですし、ドコモ光環境下でのWi-Fiもかなり安定して利用することができます。

例えば、パソコンデスクの傍らにiPad Proを立て掛けられるようにし、作業しながら音楽番組を視聴するとか、夜であれば自室でスポーツニュースを観るとか、海外のニュース番組で情報を仕入れるなどの使い方にも利用できると思いました。

小さな子供がいる家庭であれば、そもそもiPad Proは非常に様々な使い方ができますが、ひかりTVのキッズ向け番組を見せたりすることもできます。

使い方は工夫次第でいくらでも広がっていきそうです。

 

ひかりTV「テレビおすすめプラン」はリアルタイム放送

基本的なことなのですが、私がひかりTVを利用するにあたって理解できていなかった部分をお伝えしておきます。

ひかりTVのテレビおすすめプランは、「基本的にはオンデマンドではなくリアルタイム放送なのだ」という点です。

ドコモのdTVやdアニメストアに慣れすぎていたので、いつでも好きな時に好きな作品が視聴できるような感覚でしたがそうではありません。

ひかりTVは好きな時に好きなチャンネルを視聴できる、という形で、チャンネル内でのプログラムはその日ごとに異なり、例えば観たい作品が放送される日のその時間は、用事があって観ることができない、ということも普通にあり得ます。

そのため、基本的に毎日家で過ごしているような人にとってはまだいいかもしれませんが、平日日中は仕事があり、夜は家族との時間がありとなかなか時間を取れないような人の場合には、視聴したい番組がその時間に見られない可能性の方が高く、ひかりTVの良さを最大限に発揮することができません。

そのため、忙しい人がひかりTVをうまく活用するためには、やはり「録画機能が必須である」、と感じました。

ひかりTVを録画するためには、別売りのUSBタイプのハードディスクドライブ(HDD)が必要なので購入するとなると追加の出費になってしまいますし、最近始まったらしいHDDのレンタルを利用しても月額500円が追加でかかってしまうので、いずれにしても追加費用が発生してしまう点は注意が必要です。

 

ひかりTVを申し込みする前に確認しておきたいこと

ということで、とにかくiPad ProがあればひかりTVライフはかなり充実したものになりそうだなぁと感じたわけですが、ドコモ光を申し込みし、そのあとひかりTVを検討するのであれば、まずその前に絶対に確認しておきたいことをご案内しておこうと思います。

 

それは、きわめて当たり前のことなのですが、「そもそも何の番組を視聴したいのか」ということです。

そしてもう一つ、「その番組を見るための時間は確保できるのか」、ということですね。

この二点が曖昧だと、何のためにわざわざひかりTVの申し込みをするのかがよくわからなくなってしまいます。

私の場合、「とりあえず利用してみる」という目的をもって申し込みをしたものの、実際に利用できるのか、利用する価値があるのかは今のところ微妙なところです。細かく使えそうなチャンネルもあるかなと思いはするものの、月額2000円かけて利用するほど正直テレビ自体見ないですし、視聴したい番組を見つけたとしても、その時間帯が空いているとは限りません。

録画用ハードディスクドライブがない状態では、この「時間を番組に合わせて確保できるか」という問題がなかなか重要です。

ひかりTVの「テレビおすすめプラン」で実際にどういう番組をいつ視聴することができるのかは、番組表を事前に確認することができるので、そちらで一通りみて、利用価値があるのかどうかは慎重に検討してみるようにしましょう。

 - ドコモ光