ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

格安スマホからドコモに戻した人々

   

世の中の流れは大手キャリアから格安スマホへ、という一方通行の流ればかりが話題にされています。

そんなニュースばかりに触れていると、ドコモやau、ソフトバンクには、ますます契約者数が減少していく未来しか残されていないようにすら、思えてきます。

どうしてそういう一方的な話にばかりなるのかというと、やはり格安スマホ/格安SIMの優位性として「安さ」が圧倒的、という点が理由として考えられそうです。

ドコモはじめ大手キャリアも、過去と比べれば安さこだわった施策やプランはかなり進んできたように感じられはするものの、それでも格安スマホの本体価格や、格安SIMの月額料金の安さにはトータルコストではどうしてもかないません。

 

しかし、この「安さ」という強力なアドバンテージを持つ格安スマホへの一方通行の流れに逆らい、格安スマホからドコモへ回帰したというユーザーも実は、少数ながら存在します。

格安スマホは安くて便利で、できるだけ早くドコモやau、ソフトバンクからは変更した方がいいのではなかったのでしょうか。

なぜ彼らは、せっかく変更した格安スマホから、ドコモへと戻してしまったのでしょうか。

関連記事:「ドコモから格安SIMにしてはいけない人とは

格安スマホに疲れてしまった人々

 

月額料金やスマホ本体の料金についてのみ考えるのであれば、ほぼ確実に格安スマホは大手キャリアのスマホに対して、アドバンテージがあります。

そのため、格安スマホに変更したユーザーの多くが、ある程度の満足は感じていると思われます。

ですが、100%誰もが格安スマホに満足しているわけではないという点には注目すべきです。

 

最近、格安スマホの苦情が増えているというニュースも増加傾向ですが、格安スマホはコスト削減と引き換えに、一定の「負担」をユーザーに強いるものでもあるのです。

格安スマホを利用することにより、ユーザー側に発生する主な負担は以下の通りです。

 

・スマホ故障時の負担

・対面窓口がほとんどないことによるサポート面での負担

・通信速度が大手キャリアよりも遅い場合があることによる負担(逆に大手キャリアより速いケースもまれにある)

・電話をかけすぎると通話料が高くなるという金銭的負担(かけ放題系プラン除く)

・すべてにおいて人任せにできないという自己負担

 

以上のような負担は、ユーザーにより、また使い方によってはそれほど重要な負担にはならないこともあります。

そのため、負担が増えたことが即、大手キャリアへの回帰へとはつながっていかないのですが、徐々に徐々に、膨らんでいく自己負担にユーザーの心は削られていき、場合によっては格安スマホを利用することそのものに疲れ果ててしまうわけです。

そしてその限界を超えたところで、「格安スマホからドコモへ戻そう」という決意が芽生えてくるのです。

 

コストか負担削減か

負担はそのまま不満となり、格安スマホからドコモに戻そうという流れにつながっていきます。

実際にドコモやau、ソフトバンクへの回帰という行動が発生する場合には、以下の条件が成立していると思われます。

 

毎月の利用料金の削減したい気持ち<日々のスマホ利用時における負担への疲れ

 

格安スマホを利用することによる様々な負担が、毎月節約できるようになる月額料金の価値を上回ってしまうと、もはや格安スマホを利用する意味がなくなってしまうのですね。

つまりは「毎月の料金が多少高くても、格安スマホの利用を続けて精神的に疲弊するよりいい」という判断です。

特にこの判断は、経済的にある程度の余裕がある場合に選択される可能性が飛躍的に高まります。

 

負担が大きくなるのは嫌だけど、それでも安くしたい、という上記とは逆のパターン、つまり

 

毎月の利用料金の削減したい気持ち>日々のスマホ利用時における負担への疲れ

 

この場合には、格安スマホからドコモに戻るという行動が発生することはほとんどないと考えていいでしょう。

 

ドコモに戻ることで享受できるメリット

格安スマホからドコモの契約に戻してしまうと、それだけで得られるメリットは非常に多くあります。

だからこそ、ドコモからまったく動かない人も非常に多く存在し、そのためドコモの契約者数自体が絶対的に減ることはあまり考えにくいという状況です。

 

では、格安スマホからドコモに戻した場合の具体的なメリットとしてはどういう点が考えられるのでしょうか。

 

まず一点目は、やはりなんといってもサポート面をすべてドコモに丸投げすることができるという点です。

そのため、格安スマホ利用時のように色々と自分で考える必要がほとんどなくなります。普段の使い方にあわせて料金プランの見直しをしてもらい、故障したらドコモショップへ足を運べばほとんどすべて向こうで手続きをしてくれます。ユーザー側としては、与えられた選択肢の中からどうするのかを選択するのみです。

 

二点目に、固定の光インターネットを非常に有利に利用できるという点です。つまり、ドコモ光です。格安スマホ利用では受けることができない数多くのメリットを、ドコモ回線+ドコモ光の利用によって受けることができます。

ドコモ光のお得の秘密は別記事「ドコモ光は本当にお得なのか」を確認ください。

 

さらに三点目として、ドコモ光とも関連して、dカード GOLDを利用することにより、ポイント還元10%を受けることができるというメリットがあります。

ドコモ光のメリットの中でも触れていますが、より具体的にdカード GOLDの非常にお得なポイントについては「dカード GOLDは本当にお得なのか」を参照ください。

 

それぞれのメリットを最大限に活用しながらドコモを改めて利用することで、今までの格安スマホでは得ることができなかった利点を、逆に受けられるようになるわけです。

そう考えると、格安スマホ/格安SIMからドコモへの切り替えは、決して不合理ではありません。使い方によっては十分検討の余地があります。

 

圧倒的な安心感・ドコモのサポート体制

例えば、格安スマホとして盛んにテレビCMで存在感をアピールしているワイモバイルを例にしてみます。

ソフトバンクのサブブランドとしての位置づけから、格安SIMを展開するMVNO事業者の中でもワイモバイルはかなり資金力がある方だと思われますが、それでも、サポートについては気になるところも多いです。

例えば、電話問い合わせ窓口にフリーダイヤルがありません。むしろ普通の固定番号で窓口が用意されているならまだカケホーダイの対象となるのですが、残念なことに採用されているのはナビダイヤルです。カケホーダイも定額対象外で料金がかかってしまいます。

ワイモバイルユーザーに対してのみ、10分かけ放題の対象となる「151」が用意されているというのが精一杯のところです。

それではと、電話料金がかかることを避けるために公式ページでのチャットを利用しようとしても、タイミングによっては利用できなかったりと利便性に問題があります。

そこで最終的にワイモバイルショップに電話をしてみても、なかなかつながらなかったり結局「来店してほしい」と誘導されてその場で調べてくれなかったりします。

ちなみにこれは最近の私の実体験です。

こちらの言い分としては、

 

「大したことを聞いているわけではないのだから、その場で答えてくれればいいのに」

「近くに来店しやすい店舗がないから電話で聞いているのに」

「ナビダイヤルでなくフリーダイヤルがあれば、そちらに電話して聞くのに」

 

と言う不満が芽生えてきます。

もちろん店舗やショップスタッフにもよるでしょうし、例えばドコモショップに電話をしても同じような対応をされる可能性もあります。

しかしこの問題の根本は、やはりフリーダイヤルの問い合わせ窓口がないところから発しているので、やはりサポート体制が大手キャリアとは違うと言わざるを得ないところです。

 

他のMVNOでも同じかというと、例えばLINEモバイルにはいつでもLINEトークでの問い合わせも可能ですし、フリーダイヤルの問い合わせ窓口もありますので、すべてが同じではないものの、LINEモバイルはじめ多くのMVNOの場合は、実店舗をほとんど持たないところに、やはり同じような大手キャリアとのサポートの差を感じるわけです。

しかし、それゆえの「格安」である、と考えるべきともいえます。格安にするために削るべきところは削られているわけです。

 

もしMVNOが大手キャリア並みのサポート体制を確立できたなら、それこそ大手キャリアの存在意義が問われる状況になってきます。

そういう事情から現在は、「安さのMVNO」に対して「品質・充実のサポートの大手キャリア」という具合に棲み分けができている状態です

そう考えると、格安スマホからドコモに戻すということは、安さよりもサポートを重視しているのだとすんなり受け入れられそうです。

 

今後もこの棲み分けがある限りにおいて、大手キャリアから格安スマホへの移行が一方的に進むことはないでしょうし、逆に格安スマホからドコモへの回帰組ももっと増えてくる可能性もあります。

そして実際に格安スマホからドコモに戻す場合には、忘れずに格安プランのシンプルプランdocomo withは検討してみましょう。auの場合にはau ピタットプランが開始されていますので、検討の余地ありです。

 

スマートフォンをめぐる環境は一年一年驚くほど変化しますので、今後の状況にもしっかり興味をもっていきたいところですね。

 - ドコモとMVNOの裏