ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

スマホiPhone不具合!通信ができない!切り分け対処方法

   

最近の話です。

知り合いから「スマホがいきなり外で通信ができなくなった!」と言われました。

詳しく話を聞いてみると、自宅ではどうやらWi-Fiで繋がっているらしいのですが、Wi-Fiの環境を一歩外に出ると、インターネットができなくなるということでした。

何らかの不具合なのか故障なのか、設定の問題なのか、この場合まずはその切り分けをする必要があります。

ネットができないのか、メールができないのか、LINEができないのか

通信ができない、と一言で言っても、実は様々なケースがあります。

そのままの意味で、インターネットそのものができないのか、それともネットは繋がっているけれどもメールだけができないのか。

逆にメールはできるけれどもネットサーフィンができないのか。

またはネットはできるけれどもLINEのみができないのか、などなど、様々なケースがあります。

もう一つ、そもそも電話はできるのか、という点も確認が必要です。

 

しかし、切り分けのためにはすべてを確認する必要はなく、まずは大きな枠として電話とインターネットそのものが使える状態なのかを確認します。

 

もしここで電話もネットも使える状態なのであれば、個別のアプリに原因がある可能性が高くなります

つまり、ネットはできるがメールができない、ネットはできるがLINEはできないというパターンはこのケースです。アプリ自体の不具合か、もしくはなんらかのエラーかもしれません。

LINEなどアプリ提供元に問い合わせるという方法もありますが、手っ取り早いのはアプリの初期化、つまりアンインストール後の再インストールです。

データのバックアップ後、試してみるといいかもしれません。

 

次に、ネットやアプリは使えるが電話ができない、というパターンの場合はSIMカードの接触不良の可能性がありますので、一度SIMカードを抜き差ししてみた方がいいかもしれません。

それで改善しなければ、電話ができないという設定はほとんど存在しないので、SIMカードか本体の故障の可能性が高いと思われます。

 

電話はできるけれどもネットが使えない状態なのであれば、他の個別のアプリを確認する以前の問題です。まずはそもそもインターネットができない原因を調べていく必要があります。

 

インターネットができない原因を一つずつ潰していく

インターネットができない原因として考えられるのは、SIMカードの接触の問題料金未払いの場合設定の問題、単純に故障など様々な可能性があります。

 

ステップ1:支払い状況確認

まずは利用しているキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)やMVNOの料金がちゃんと遅れずに支払われているかを確認します。根本的な問題ですが、案外料金未払いで止められているのに気づかないということはあります。ただしその場合は、同時に電話も止められているので、よほどのことがなければ気づくと思います。

 

ステップ2:SIMカード抜き差し

次に、ここでも前述したSIMカードの抜き差しを実施してみて、改善するかどうかを試します。改善すれば接触不良、しなければ他の原因が考えられるため次に進みます。

 

ステップ3:設定の確認

「ネットができなくなった」というケースで実は多いのがこの項目と思われます。

知人友人家族問わず、通信できなくなったと思ったらこのパターンだった、という話はよく聞きます。

ちなみに私の知り合いの通信不良の問題も、ここが原因でした。

 

設定を確認する前に、まず自分のスマホの種類がAndroidかiPhoneか、確認しましょう。

 

<Androidスマートフォンの場合>

「設定」 → 「ネットワーク」 → 「その他のネットワーク」 → 「モバイルネットワーク」 → 「データ通信を有効にする」

「有効にする」という部分にチェックが入っているかを確認します。

もし入っていなかったら、3G/LTE通信ができない状態になっていますので、チェックを入れて通信できるようになるか確認しましょう。

 

Androidスマートフォンの場合のわかりにくさは、Androidのバージョンによって設定画面が変わってしまうという点です。上記の設定の流れも代表的な表記で記述しましたが、実際は細かく表記は違います。

例えば「データ通信を有効にする」という部分が「モバイルデータ」とだけあったりという具合です。

ニュアンスは変わっていないので、それぞれのバージョンで自分のスマホの「データ通信を有効にする」という部分がどこに当たるのかをしっかり把握して、チェックが入っているかどうかを確認しましょう。

 

Androidスマートフォンの場合はもう一点、確認しておきたい部分があります。

上記と同じ「モバイルネットワーク」の項目の中に「APN設定」という項目があると思います。例によって表記は「APN」、「アクセスポイント」などさまざまです。要は、APN(アクセスポイントネーム)の設定についてです。

ここが、しっかり自分が利用しているAPNに設定されているのかを確認しましょう。

例えばドコモユーザーであれば「spモード」にチェックが入っているのか、MVNOであればそれぞれの正しいAPN設定がONになっているのか、という確認です。

 

ドコモユーザーにありがちな設定間違いは、spモードを利用しているのに「mopera」にAPN設定が変更になってしまっている、というケースなどです。

ちなみに私は、人気のMVNO・IIJmioを利用しようとした際、APNを手動で設定したのですが、見事にAPNを入力間違いしていて通信ができなかった、ということもありました。

キャリア以外のユーザーの場合は、もし手動でAPN設定を入れた場合には入力間違いがないかどうかも確認しておきましょう。

 

<iPhoneの場合>

iPhoneの場合も、基本はAndroidの場合と同じです。

「設定」→「モバイルデータ通信」→「モバイルデータ通信」

モバイルデータ通信がONになっていると通信が通常通りできますが、もし万が一ここをOFFにしてしまうと3G/LTE通信ができなくなります。

確認してみて、ここがOFFになっている状態であれば、ONに変更するだけで通信はできるようになるはずです。

 

iPhoneの場合は、Androidスマートフォンの場合と違い、APN設定は項目が存在しなくなっています。

そのため、手動でのAPN変更設定ができないために、かえって設定を自分で触って通信できなくなるというリスクはなくなっているのです。

iPhoneで通信のみができない場合に確認するべき設定項目は、とりあえずモバイルデータ通信を確認してダメだったなら、Appleのコールセンターへの電話を試みましょう。

iPhoneのトラブルに関しては、ドコモなどのキャリアショップでは受付してくれない可能性が高い上に、わざわざショップまで足を運ばなくてもAppleコールセンターがしっかり対応してくれるので、第一優先としてAppleコールセンターへのTELを実施してみてはいかがでしょうか。

 

ステップ4:修理に出す

ここまで、インターネットができない原因を切り分けしてきましたが、それでも通信ができない状態が改善しなかった場合、機械的なトラブルとして修理を検討しましょう。

ハードの問題であれば、もはや自力ではどうにかすることは不可能なので、修理でなければ買い替えも検討する必要があります。

しかし実際のところは、ここに至る前に解決するケースがかなり多いのではないかと思います。

今までになかったスマホやiPhoneを初めて利用し始めるという人がここ数年で増えてきている中で、通信ができなくなった場合の対処方法もまだまだ一般的に普及するに至っていないのです。

もし身近に「スマホ(iPhone)の通信ができない」という人がいた場合、上記の方法で切り分けてみてはいかがでしょうか。

案外簡単に、改善するかもしれませんよ。

 - スマホの故障・設定・使い方