ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

ドコモ・arrows SV F-03Hは買いか

      2017/07/09

NTTドコモより、2016年夏モデル新機種のarrows SV F-03Hの発売日が発表されました。

arrows SVの発売日は、2016年7月6日発売ということです。

Galaxy S7 edge SC-02HAQUOS ZETA SH-04HXperia X Performance SO-04Hに次ぐ2016年夏モデル4機種目の発売となります。残すはDisney mobile on docomo DM-02Hだけですが、こちらは7月下旬発売予定とされています。

arrows SV F-03Hは、既にドコモショップやドコモオンラインショップにて予約受付中となっています。

今回のドコモ夏モデルの中では唯一のエントリーモデルで、arrows Fitの流れを汲み、スペックをやや抑えて価格も抑えてある機種となっています。

どちらかというと、ドコモのarrows SVというよりも、arrows SVをベースとしてつくられている格安SIMフリースマートフォン・arrows M03の方に注目が集まっているという特殊な機種でもあります。

この機種を購入する場合、ドコモのarrows SV F-03Hを買うべきか、それともSIMフリーのarrows M03を買うべきか、検証していきます。

arrows SV F-03Hの一括/割賦価格

気になるドコモのarrows SV F-03Hの一括価格は、税込で62856円となっています。他の夏モデル新機種と比べると、明らかに価格は抑えられています。ドコモのハイスペックモデル/各メーカーのフラッグシップモデルは、どれも9万円代とかなりの高額です。それと比較すると、ドコモのスマートフォンの中では格安の部類に入るといえます。

ちなみに上記一括価格はドコモオンラインショップ価格なので、店頭で買う場合には頭金が5000円程度上乗せされるものと思われます。

一括ではなく、割賦を組んで分割にする場合、2619円×24回となります。店頭購入なら同じく+5000円程度の頭金を見ておきましょう。他の機種と比べると安いとはいえ、それでもそこそこの料金にはなります。

ただドコモの場合、料金プラン等の条件を満たせば、この料金から「月々サポート」が適用されるため、実質の価格はもっと安くはなります。

arrows SVの場合、1755円×24回の月々サポートが適用されるということなので、実質価格は2619円ー1755円で864円×24回となります。実質総額は20736円です(店頭での頭金は除く)。

こうしてみると、それなりに安い金額にはなるようです。

現在のドコモオンラインショップでの価格で比較すると、arrows NX F-01Hと同価格となります。AQUOS Compact SH-02Hと比較すると、むしろ若干高くなっています。

さて、これを見る限り、かなり悩みどころといえます。なぜなら、arrows SV F-03Hよりもarrows NX F-01HやAQUOS Compact SH-02Hの方が確実にトータルでのスペックは高いからです。

スペックは高いのに値段は安いか同価格。arrows SVを購入するメリットをどこに見出すかが難しいわけです。単純にデザインや持ちやすさを重視するのであればいいでしょうが、全体的なトータルバランスで選択するのであれば、現時点でarrows SVは選択肢から外れてしまう可能性が高いです。

少なくとも今よりも価格帯が落ちてこないと、ドコモで購入するメリットは感じられません。

 

arrows M03の価格と比較

arrows SV F-03Hをベースモデルとして作られ、SIMフリー格安スマホとして発売されるarrows M03の価格はどれくらいなのでしょうか。

arrows M03については、既に各MVNO事業者から発売されることが発表されていますが、価格はまだ発表されていないMVNOもあります。

既にarrows M03の価格を発表しているMVNO事業者で見る限りにおいて、その価格帯は若干の開きがあるものの、概ね3万円台前半から半ばくらいとなっています。

例えば楽天モバイルの場合、7月29日までの期間限定で3000円引きキャンペーンを実施しており、税別29800円(税込32184円)となっています。

NifMoの場合はもう少し高く、税別で35556円としています。

いずれにしても、ドコモのarrows SV F-03Hを一括で購入するよりは格安です。

もちろんドコモを利用していれば月々サポートが適用するため、ドコモのF-03Hの実質価格は前述したとおり20736円となります。そう考えるとドコモの方が安いように感じられはします。

ただし、ドコモを利用する場合のリスクとしては、その月額料金の元々の高さです。いくら月々サポートにより実質の端末価格が安くなったとしても、結果元々の利用料金が高ければ同じことです。

 

結論・arrows SVは買うべきではない/狙いはarrows M03

ドコモのarrows SV F-03Hを買うべきか、それともSIMフリースマートフォン・arrows M03を買うべきか、どちらなのでしょうか。

結論としては、ドコモユーザーがドコモで買うなら、arrows SVよりももっとお買い得な端末があるためそちらを優先した方がいい、といえます。つまり、arrows SV F-03Hは買いではありません。スルー推奨です。

ただ、MVNOとのセットで購入するのであれば、arrows M03は「買い」です。この価格帯でこのスペックなら、SIMフリースマートフォンとしては確実に買いです。防水・おサイフ・VoLTEまで対応している格安スマホはなかなかありません。

加えて、ドコモユーザー向けのarrows M03お勧め購入方法もあります。若干裏技的になりますが、使い方によってはお得にもなります。

その内容については別記事「arrows M03/楽天モバイルをドコモと併用する裏技」で解説していますので合わせてどうぞ。

 - 2016年夏モデル, arrows M03