ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

ドコモのベーシックパック/ベーシックシェアパックを完全理解する

   

ドコモより新プランが発表されました。久々に大きく内容が変わります。

新しいプランの名称は「ベーシックパック」、そして「ベーシックシェアパック」です。

提供開始は2018年5月25日とされています。

そして、もう一つ大きな変化として、このベーシックパックおよびベーシックシェアパックの提供開始に伴い、5月24日をもって、「データSパック」、「データMパック」、「シェアパック5/10/15」、「ビジネスシェアパック5/10/15」の新規申し込みが終了します。つまり、以下のような形です。

 

 

今までずっとメインのプランとして提供されていたパケットパックがなくなってしまうということで、戸惑いもあるかもしれません。

どうしてそういう形になるのかは、ベーシックパック・ベーシックシェアパックの詳細を見ていかないと理解できないと思いますので、その点も合わせて解説していこうと思います。


目次

ベーシックパック/ベーシックシェアパックとは何か

 

ベーシックパック/ベーシックシェアパックの料金詳細

ベーシックパック、ベーシックシェアパックを一言で表すなら、「ドコモ版auピタットプランのようなもの」です。→「au ピタットプラン/au フラットプランは本当にお得なのか

つまり、ベーシックパックとベーシックシェアパックは、安めの定額料金がまず設定されており、そこから利用データ量に応じて4段階制の料金が適用されるプラン、というわけです。

 

一人で利用する人向けのベーシックパックは、1GB2900円から、家族で利用する人向けのベーシックシェアパックは5GBで6500円からと設定されています。

 

具体的には、ベーシックパックは1GB2900円をスタートに、3GBまでが4000円、5GBまでが5000円、20GBまでが7000円とされています。

上限の20GBを超えると、速度制限が実施される形となります。

 

 

ベーシックシェアパックの場合は、同じように5GB6500円をスタートとし、10GBまでが9000円、15GBまでが12000円、30GBまでが15000円となります。

上限30GBを超えると速度制限対象となります。

 

 

具体的な料金は以下、表のとおりです。

 

 

提供開始が5月25日ということもあり、5月1日にスタートする2ndステージからプラチナステージまでの「ずっとドコモ割プラス」が適用される形となります。→「ずっとドコモ割プラスでdポイントが選択可能に

段階制プランということで、使わなければ安く、使えば高くという仕組みとなり、あまり利用することがないユーザーにとっては無駄に料金を高めに支払う可能性が減るため、大きなメリットがあると考えられます。

しかし、逆に大きな注意点としては、うっかり使ってしまった場合に一定のラインで止まることがなく、最終的に上限額(ベーシックパックなら7000円、ベーシックシェアパックなら15000円)まで料金が上がってしまう可能性がある、という点です。

ここは非常に注意が必要になりそうです。

ただ、各ステップ前後では、データ量をメールでお知らせしてくれるという仕組みが用意されているらしく、その点はやや安心といえそうです。次項で詳しくみていきます。

 

各ステップ前後・速度低下前後にデータ量をメールでお知らせ

ベーシックパック/ベーシックシェアパックにおいて、「各ステップの前後」および「速度低下前後」に、データ量をメールでお知らせしてくれる機能がある、ということです。

「ステップ」とは、データ量に応じて変動する定額料(ベーシックパック2,900円・4,000円・5,000円・7,000円、ベーシックシェアパック6,500円・9,000円・12,000円・15,000円)の各段階の総称となっています。

 

・次のステップに上がる前: 「ベーシックパック」の場合は残り約200MB、「ベーシックシェアパック」の場合はステップ変動まで残り約1GB到達時。

・速度が低下する前:「ベーシックパック・ベーシックシェアパック」ともに速度低下まで残り約1GB到達時。

 

どちらの場合も、現在も提供されている「データ量到達通知サービス」の契約が必要です。つけ忘れがないように注意しましょう。

また、通知は実際の利用データ量と、メールでお知らせが来るタイミングが異なる場合があるということなので、あくまで目安として考えておく必要があります。ある程度は自分でやはり、チェックしておくのが間違いなさそうです。

 

ベーシックパック/ベーシックシェアパックはdocomo with・シンプルプラン併用可能

ベーシックパックおよびベーシックシェアパックは、シンプルプランと合わせて利用することができ、同時に格安料金プランのdocomo with(ドコモウィズ)も利用することができます。そこに「ずっとドコモ割プラス」を合わせることで、非常に安い料金を実現することができます。

 

【ベーシックパック利用の場合】

シンプルプラン+spモード+ベーシックパック-docomo with-プラチナステージ

980円+300円+2900円-1500円-200円=2480円

 

【ベーシックシェアパック利用の場合】

シンプルプラン+spモード+ベーシックシェアパック-docomo with-プラチナステージ

980円+300円+6500円-1500円-900円=5380円(親回線)

 

シンプルプラン+spモード+シェアオプション-docomo with

980円+300円+500円-1500円=280円(子回線)

 

ベーシックパック・ベーシックシェアパックにシンプルプラン、docomo withが併用できるといっても、基本的に今までもその辺りはそういう仕組みだったわけなので、最低料金で考えると、家族の場合の最低料金は今までと全く変わりません。ただ、個人の場合は今まで最低ラインだった2GBよりさらに下の1GBがスタートラインになるため、若干ですが安くなります。

 

ベーシックパックはシンプルプラン・カケホーダイプラン・カケホーダイライトから選択可能

ドコモの料金プランの構造として、通話部分は「シンプルプラン/カケホーダイプラン/カケホーダイライトプラン」から選択が可能となっていますが、それに加えてデータ通信部分で「ベーシックパック/ベーシックシェアパック/ウルトラパック/ウルトラシェアパック」を選択する形となります。

つまり例を挙げると、

 

カケホーダイプラン+ベーシックパック

カケホーダイライトプラン+ベーシックシェアパック

シンプルプラン+ウルトラパック

 

というようなイメージです。

通話をかけるのか(カケホーダイプラン)、通話を時間制限でかけるのか(カケホーダイライト)、ほぼ通話はかけないのか(シンプルプラン)でまずは判断し、続けてデータ容量をどれくらい利用するかで、ベーシックパックか、ウルトラパックかを選ぶ、という流れになります。

 

ウルトラパックのユーザーはベーシックパックに替えるべきか

既にウルトラパックを利用しているユーザーにとって、ベーシックパック/ベーシックシェアパックはそれほど魅力的なプランには思えないかもしれません。

 

仮に、ウルトラパック20(月額6000円)を利用しているユーザーが、ベーシックパックに変更した場合、もし上限まで到達してしまうと、20GBまでで7000円かかるため、逆にウルトラパック20よりもマイナスになってしまいます。

ですが、もし使い方に波があり、ある程度容量を抑えることができるのであれば、ベーシックパックがお得では?とも考えられるのですが、その場合、5GBまで5000円のステップ3でベーシックパックは止めなければならなくなり、容量の差が顕著です。

そのため、データMパックを今まで利用していたユーザーならまだしも、ウルトラパックユーザーがベーシックパックに変更することは、現実的ではありません

 

同様のことが、ウルトラシェアパックでも言えます。

ウルトラシェアパック30(月額13500円)をベーシックシェアパックにした場合、上限の30GBまで利用してしまうと15000円かかってしまいますのでマイナスです。

そこでデータ容量を抑えようとすれば、ステップ3が12000円ですが、容量は15GBです。今までの半分に容量を抑えなければいけなくなり、こちらもかなりハードルが高いです。

となると、やはりウルトラシェアパック30のユーザーはそのままベーシックシェアパックには変更しない方がいい、という結論になります。

 

ベーシックパック/ベーシックシェアパックのデメリット

データS・Mパック/シェアパック5・10・15がなくなる

今まで各データ容量の段階で選択する必要があったパケットパック・シェアパックですが、ベーシックパック・ベーシックシェアパックの登場により、データ容量を選択する必要がなくなります。

一人で20GB以上必要、という場合や、家族で30GB以上必要、という場合に限り、ウルトラパックおよびウルトラシェアパックが今までと同じように選択可能となりますので、選択肢としては、ベーシックパック/ウルトラデータLパック・ウルトラデータLLパック、またはベーシックシェアパック/ウルトラシェアパック30/50/100という形に、シンプルにはなります。→「ウルトラパックのメリットデメリット詳細まとめ

 

ただし、前述しましたが、データSパックの2GB、またはデータMパックの5GBで止まってもらった方がよかった、というケースだったり、シェアパック5で使いすぎないように止まる仕組みの方が便利だった、という意見が出てくることが考えられます。

上限が上がるということはすなわち、各ステップ前後で通知が来るとはいえ、今までのスピードモードが自動的に何GB分もつけられているようなイメージになってしまうわけです。もちろん、スピードモードよりはかなり効率いい料金で利用可能ではあるのですが、やはり自動的に上がる、という点が問題です。

 

当面の対策としては、上限が上がってもらっては困る、という人は現状の料金プランをそのまま利用し続ける、という方法があります。

とはいえ、現プランがなくなってしまうということは、いつかはベーシックパック/ベーシックシェアパックに変更しなければならなくなりますので、自分および家族の使い方を一度、考え直す必要がありそうです。

 

パケットくりこしができない

これはデメリットでありながらメリットでもあるのですが、ベーシックパック/ベーシックシェアパックで、パケットのくりこしはできません

何故なら、元々利用した分の料金、という仕組みなので、余るパケットが存在しないわけです。

プラスに考えるならば、「余らない=効率よく利用できる」、という意味でもあります。

くりこしができない代わりにパケットが余ることもないので、無駄に高いパケットパックを契約していた、というケースは減ると思われます。

ただ、くりこしをうまく調整しながら利用していた、という人にとっては、やはりデメリットに感じられるケースもあると考えられます。→「ドコモのパケットくりこしを理解する

 

毎月上限に到達するならウルトラパックが確実に有利

もし、ベーシックパック/ベーシックシェアパックを利用していて、毎月のように上限額であるステップ4まで到達するのであれば、初めからウルトラパック20またはウルトラシェアパック30を利用する方が確実にお得です。つまり、以下の通りです。

 

ベーシックパック
ステップ4(~20GB)
7000円 ウルトラパック20 6000円
ベーシックシェアパック
ステップ4(~30GB)
15000円 ウルトラシェアパック30 13500円

 

ただし、利用容量は実際に使ってみないとなんとも言えないところではあるので、一度ベーシックパックに変更し、様子をみてウルトラパックを検討するのはありかもしれません。

 

ベーシックパック/ベーシックシェアパックのメリット

わざわざ複雑なプランを選択する必要がなくなる

逆に、ベーシックパックおよびベーシックシェアパックのメリットとしては、今までのようにデータSパック、Mパックなどと、細かくプランを選択する必要性がなくなるため、パケットについてはベーシックパックかウルトラパック、という形でより二者択一に近い形でプランを簡潔に選びやすくなるというメリットがあります。

事実、同じ仕組みを展開しているauでは、パケット部分はau ピタットプラン/au フラットプランという形にお勧めプランをほぼ限定しているため、非常にわかりやすく選びやすいわけです。

それと同じことが、ドコモでもスタートする、と考えればわかりやすいかもしれません。

 

ベーシックパック/ベーシックシェアパックは段階制のため、一部データ容量時点での料金はお得に

例えば、データSパック(2GB)の基本料金は3500円ですが、ベーシックパックでは1GB未満までは2900円です。

シェアパック10の基本料金は9500円ですが、ベーシックシェアパックでは10GB未満までは9000円です。

微妙なラインではありますが、該当のラインでデータ容量を利用している人にとっては、ベーシックパック、またはベーシックシェアパックは今まで以上にメリットがあると言えます。

 

また、利用に波があり、使うときはそれなりに使うけれど、あまり使わないことも多い、というケースでも、使わなければ最低料金で抑えることができるベーシックパック/ベーシックシェアパックは優秀ということができそうです。

 

データSパック/Mパックおよびカケホーダイライト利用のユーザーは確実にお得にできる?

例えばデータSパック/データMパックを利用しており、今までシンプルプランを利用したくても利用できなかったユーザーは、大きなメリットがあります。

ベーシックパック利用に伴い、カケホーダイライト→シンプルプランに変更できるようになりますので、720円安くなり、さらにデータSパックがベーシックパックになることで、もし最低料金のステップ1(~1GB)で抑えることができたなら、2900円でデータSパックよりも600円安くなります。

合計すると、1320円が毎月安くなるわけです。

docomo withやずっとドコモ割プラス、ドコモ光セット割などの追加割引きを計算に入れなかったとしても、月額4180円と、非常に安くなります。

もしそれらの割引きをすべて適用すると、なんと月額2380円まで安くなります。

 

注意点としては、ステップ1の1GB内に収まらず、ステップ2の3GB4000円になってしまうと、シンプルプランと合わせても5280円となり、今までのカケホライト+データSパックの5500円とほぼ変わらなくなってしまいます。

 

ベーシックパックによりシンプルプランの最安値更新

今までシンプルプラン利用時の最安値は、シェアパック5利用時の料金でした。

シェアパックユーザーには非常にお得になるとはいえ、シェアパックを利用していない単独ユーザーにとっては、ウルトラデータLパックを利用しなければシンプルプランは利用できなかったので、結局カケホーダイライトプランで我慢するしかなかったのです。

 

しかしベーシックパックを利用することでシンプルプランの利用が実現することで、単独回線としては最安値だったカケホーダイライト+データSパックを一気に1320円も下回る最安値プランが実現しました。

そういう意味では、シェアパックを利用していない単独回線のユーザー、特に電話もネットもあまり利用しないライトユーザーほど、ベーシックパックは要注目かもしれません。

 

ベーシックパック/ベーシックシェアパックにもドコモ光セット割は適用する

ドコモ光利用中だったり、これからドコモ光を検討している場合に気になるのが、ベーシックパック/ベーシックシェアパックはドコモ光とのセット割引に対応するのか、という点だと思います。

しかしこの点は、全く心配はいりません。

ベーシックパック、ベーシックシェアパックいずれに対しても、ドコモ光利用時のセット割引は適用されます。

新プランが4段階制のプランという特性上、ドコモ光利用時の割引きについても、段階的に変化する形となります。

データ利用量が1GB未満の場合の「ステップ1」で100円の割引き、3GB未満の「ステップ2」で200円の割引き、5GB未満の「ステップ3」で800円割引き、20GB未満の「ステップ4」で800円の割引きです。

同じようにベーシックシェアパックの場合も、段階的に割引が変化します。

 

ベーシックシェアパック データ量 ドコモ光セット割
ステップ4
~30GB
1800円
ステップ3
~15GB
1800円
ステップ2
~10GB
1200円
ステップ1
~5GB
800円
ベーシックパック ステップ4
~20GB
800円
ステップ3
~5GB
800円
ステップ2
~3GB
200円
ステップ1
~1GB
100円

 

ドコモ光を利用・検討している場合も、安心して利用可能です。

関連記事:「ドコモ光は本当にお得なのか

 

ずっとドコモ割プラスでポイント進呈を選択すると今までよりもお得に

ベーシックパック、ベーシックシェアパックのみで考えると、確実にお得になる、といえる点は以上の内容くらいであまり多くもないのですが、5月1日のdポイントクラブリニューアルに伴う「ずっとドコモ割プラス」開始によって、割引ではなく「ポイント進呈」した場合には、今まで以上にお得になります。

これはずっとドコモ割プラスについての記事を確認していただきたいのですが、通常の割引きより「ポイント進呈」を選択することで、もらえるポイントは1.2倍多くなります。

ポイントはdポイント(期間・用途限定)ではあるのですが、それでもしっかり活用していけば、確実にお得にはなります。

関連記事:「ずっとドコモ割プラスでdポイントが選択可能に

 

ベーシックパックにauピタットプランのような一年目の割引きキャンペーンはないのか

ドコモのベーシックパックをauピタットプランと比較した場合に気になるのが、auが現在auピタットプランの一年目に展開している「ビッグニュースキャンペーン」のような、一年目の割引き施策はないのか、という点です。

とりあえず現時点ではそうした発表は実施されておらず、気になるのがベーシックシェアパックについてのドコモの解説部分です。下の表をご覧ください。

 

 

つまり、シェアグループの三人がすべてdocomo withとシンプルプランを利用し、代表がプラチナステージユーザーだった場合のベーシックシェアパックのイメージなのですが、3回線の合計金額を足して3で割った場合の一人あたりの料金が、1980円である、という説明となっています。

つまり、1980円、という数字をここで出してきた意味合いとしては、auはじめ他社の1980円(イチキュッパ・ワンキュッパ)が確実に意識されており、ドコモでも1980円を実現できる、という強いメッセージに感じられるわけです。

となると、わざわざキャンペーンを展開してまで1980円を意識する必要がないので、少なくともベーシックパック開始に伴うキャンペーンは、実施されるかどうかはかなり微妙なところかもしれません。

とはいえ、引き続き注視はしておきたいと思います。

 

ベーシックパック/ベーシックシェアパックの申し込みチャネル

2018円5月25日より開始されるベーシックパックおよびベーシックシェアパックですが、通常の申し込みチャネルと同じくドコモショップおよびインフォメーションセンター、My docomoでの手続きが可能となっています。

現状他のパケットパック・シェアパックを利用している場合には、25日以降に申し込みはできますが、適用は翌月適用となるため注意しましょう。

 

ベーシックパック/ベーシックシェアパック利用時もdカード GOLDで10%ポイント還元

ドコモ利用分およびドコモ光利用分に対して10%ポイント還元されるdカード GOLDですが、ベーシックパック/ベーシックシェアパック利用時も、引き続きその料金に対して10%分がdポイント還元されます。

ベーシックパック/ベーシックシェアパックの4段階・従量制という特徴により、ポイント還元額は毎月変わる形にはなりますが、3000円の利用があれば300ポイント、5000円の利用があれば500ポイントという形でdポイント還元されます。

元々dカード GOLDを所有している場合には、何も心配することなくベーシックパックを選択することができますし、これからdカード GOLDの申し込みを検討している方も、非常にお得なので早めに申し込みをしておきましょう。

関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか

 

料金プラン見直しという概念がより希薄に

パケットパック/シェアパックの多くがベーシックパック/ベーシックシェアパックにまとめられることによって、今まで以上にドコモにおける料金プラン見直しという状況が生まれにくくなります。

もはや、見直しするほどのプラン数もない、という状況です。

パケットについては、ベーシックパックかウルトラパックの二者択一です。あとは単独か家族で利用かの違いですね。

そういう意味では単純明快になってきているので、よりドコモショップに頼らず、オンライン上でのプラン変更、機種変更が今まで以上に実施しやすくなっていくと考えられます。

あらゆる業種で、「人」が不要になる未来が近づいているのだとしたら、ドコモにおいても「ショップ」自体を減らせるなら減らした方が収益を押し上げられるのは間違いないでしょうから、今後今まで以上にドコモオンラインショップの存在意義は高まってくるのかもしれません。

関連記事:「ドコモオンラインショップでの機種変更/購入がリアル店舗より圧倒的有利な件

 

ベーシックパックによるスピードモードへの影響

ベーシックパック提供開始に伴い、スピードモードの考え方にも変化が生まれます。

そもそも、ベーシックパック自体が4段階とはいえ事実上の従量制プランであるのですから、上限到達時にさらに上に容量を自動的に押し上げるスピードモードは、ベーシックパックにおいては事実上使い道がほぼなくなります。

現実問題として、どうしてもスピードモードが必要になるような利用容量が毎月あるのであれば、これはベーシックパックではなく初めからウルトラパックを選択しておいた方が料金も安くお得です。

 

ベーシックパック+スピードモード1GB
(合計21GB)
8000円 ウルトラパック20+スピードモード1GB
(合計21GB)
7000円
ベーシックシェアパック+スピードモード1GB
(合計31GB)
16000円 ウルトラシェアパック30+スピードモード1GB
(合計31GB)
14500円

 

以上の内容から、ベーシックパック/ベーシックシェアパックにおいては、スピードモードは必要ありません。

よほど緊急での追加容量が必要な場合は、1GB追加オプションを利用するようにした方がいいでしょう。無駄に追加料金が継続してかかるリスクを抑えられます。

 

月々サポート・端末購入サポートはそのまま適用する

ベーシックパック/ベーシックシェアパックの報道発表時点で、docomo withには対応するとされていたものの、月々サポート・端末購入サポートに対する言及がありませんでした。

しかし、その後の問合せで、ベーシックパック/ベーシックシェアパックを利用したとしても、月々サポートおよび端末購入サポートが適用するという内容を確認することができました。(※ドコモインフォメーションセンターにて・5月21日確認)

※追記:おそらく大丈夫だが、25日までは正確にはわからない、とインフォメーションセンターより訂正されました・・・。

 

ほぼ近い内容のau ピタットプランの場合、毎月割が適用しないということを考えると、ドコモのベーシックパック/ベーシックシェアパックで月々サポート/端末購入サポートが適用するのかはかなり大きいといえます。

ちなみにauは、auピタットプランに毎月割を適用させないことで、端末代金を割引なしの価格で販売する形になっているのですが、ここで登場するのが最近何かと話題の48回払いau アップデートプログラムEXです。

このプログラムを適用させることで、二年で機種変更するのであれば、事実上端末価格の半額しか支払わなくて済むため、見た目の料金は毎月割を適用している状態とほぼ同じようにすることができるわけです。

ただ、この販売手法は総務省によってかなり問題視されているため、それを嫌ってドコモとしては通常通り端末購入補助を適用させる形にしたのかもしれません。

 

要確認! 2017年4月3日以前に機種購入し、シェアパック5などで月々サポート減額になっている方はどうなるのか

コメント欄にて問い合わせいただいた内容で、重要なポイントがありましたのでこの場で共有したいと思います。

2017年4月4日以降に機種購入した方はまったく問題ないのですが、2017年4月3日以前に機種購入をした方で、シェアパック5、またはデータSパックを利用している場合、月々サポートが432円減額される、という仕組みが存在しており、現在も適用されている方がいらっしゃると思います。

もしその方が、シェアパック5、またはデータSパックから、ベーシックシェアパック、またはベーシックパックに変更した場合、月々サポートはどうなるのか、という内容です。

この件について早速ドコモインフォメーションセンターに問い合わせをしたところ、現時点ではまだ報道発表直後ということもあり、内容が不明ということでした。

サービス開始が近づいてくればそのあたりも明確になると考えられますので、そのタイミングで、追って確認し、この場で結果は追記しようと思います。

 

ベーシックパック/ベーシックシェアパックまとめ

使った分だけ4段階、という仕組みがプラスに働くのかマイナスに働くのかは、それぞれ使い方によって変わってくると考えられるため、お得!と断言はしにくいものの、使い方にさえ気を付ければ便利に使える新パケットパックなのではないかと思われます。

docomo with・シンプルプランに対応しているという点から、特にシンプルプランはデータSパックとは今まで組めなかったわけなので、ベーシックパックとシンプルプランが併用できることにより単独回線での最低料金は押し下げられた形となっています。

家族の場合には特に、全員の利用状況が把握できていないと思いのほか上限近くまで使ってしまう、という可能性も出てきますので、状況に合わせてベーシックシェアパックがいいのか、ウルトラパックがいいのか、それとも現行プランをそのまま継続した方がいいのか、それぞれで確認するようにしましょう。

 - ドコモのサービス情報の裏