ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

ドコモオンラインショップにて「お買い得機種大集合」セール

   

ドコモオンラインショップで、「お買い得機種が大集合」セールが実施されています。

今回ドコモが目玉として一押ししている機種は、なんと懐かしの「ツートップ」、Xperia A SO-04Eです。

実に3年半前の機種ですが、まだまだ現役でも十分使えるスペックを備えています。実際に、発売当初に購入して、今現在も利用しているユーザーもまだまだいると思います。

そのXperia Aとほぼ同時期に発売されたSHARPのSH-06Eとともに、ドコモオンラインショップ限定での格安販売となっています。

税込み一括5400円の格安2013年モデルは、本当にお得なのでしょうか。

検証していきます。

一括5400円は端末購入サポート適用が条件

今回、一括5400円で販売されているXperia A SO-04EとAQUOS PHONE ZETA SH-06Eですが、その一括5400円には条件があります。

安いものにはやはり理由があるというわけです。しかし普通に利用しようという人にとってはそれほど難しい条件ではありません。

ずばりその条件とは、端末購入サポート適用です。

 

端末購入サポートを適用させるためには、大前提として、カケホーダイプラン/カケホーダイライトプランを利用する必要があります。タイプXiにねんなどの旧プランやFOMAプランでは適用しません。

さらに、パケットパックの利用が必須です。つまり、データS/Mパック、ウルトラL/LLパック、もしくはシェアパック5~ウルトラシェアパック100/シェアオプションです。

これらのプランを利用して、規定利用期間をそのまま利用することが条件です。

既定利用期間とは、購入日(開通を伴う場合は開通日)の翌月1日から起算して12か月となっています。

12月16日に購入したなら、翌月1日、つまり1月1日から起算して12ヶ月、つまり2017年の12月までが規定利用期間で、2018年1月1日以降は買い替えや解約をしても解除料金はかかりません(※解約の場合は、タイミングによっては解約金はかかります)。

つまりこの端末購入サポートという仕組みは、一括5400円という格安販売時に、即時解約を防ぐという役割を持つのです。端末だけ格安で手に入れて、OCNモバイルONELINEモバイルなどのMVNOで利用する、という技は使えないわけです。

 

ドコモやau、ソフトバンクからしてみれば、端末だけ格安で販売したあと、すぐにMVNOへ出られてしまったりされては大損です。

もともと、長期利用をしてもらうことで、基本料金から端末割引分を回収しようという思惑があるのに、即時解約されてしまっては解約金で多少は回収できたとしても、それでも総額ではマイナスになってしまうわけです。

そしてキャリアがマイナスになるということは、利用者側に大きな利益が出る形になるわけです。となれば、一括5400円などの格安販売を利用しない手はない、という状態になります。それに加えて以前は大きなキャッシュバックなどもあったのですから、それはいろいろな人が利用しようとして様々な裏技が流行していました。

そんな状態を防ぐべく開始されたのが、端末購入サポートです。規定利用期間が設けられておりその期間内で解約をしたり定められた料金プランを変更したりすると、解約金とは別に解除料金が発生する仕組みとなっています。

そのため、即時解約をしてしまった場合には利用者側が大きな損をしてしまうため、そうした端末入手目的の購入を完全に遮断できるようになるのです。

ただ、通常通り利用していこうと考えているユーザーにとっては、何の影響もありません。

最低限一年間はドコモの指定プランのままで普通に利用すればいいのです。

 

一括5400円機種の端末購入サポート解除料金

端末購入サポートの、具体的な解除料金についてです。改めて条件も含めてまとめておきます。

 

Xperia A SO-04E・・・解除料37476円(税込)

AQUOS PHONE ZETA SH-06E・・・解除料35748円(税込)

指定プラン・・・カケホーダイプラン/ライトプラン+パケットパック/シェアパック/シェアオプション

既定利用期間・・・購入日(開通を伴う場合は開通日)の翌月1日から起算して12か月

 

これが、条件を満たさなかった場合の、割引額返還=解除料です。端末購入サポートの解除料金は、機種ごとに異なります。ほかにも対象端末はありますが、それぞれ金額は異なりますので注意しましょう。

一般的に、もともと高額な機種ほど解除料金も高くなる傾向にあります。

 

こうした条件があると、せっかくの一括5400円にもなんとなく身構えてしまった人もいるかもしれませんが、ただドコモで継続して今後最低一年間カケホーダイプランを利用してパケットパックも利用していくという場合には、まったく問題にならない条件なので、深く考える必要はありません。

今すぐにこの一括5400円を活用して機種を手に入れたいところです。規定利用期間を過ぎればあとは自由なので、いつでも自由に好きな機種に改めて機種変更することもできます。

つまり、通常の割賦購入であれば実質2年間は縛られることになりますが、端末購入サポート適用機種の場合は、縛られるのは一年のみと考えることもできます。

そのため、通常の機種よりも早めに次の機種に買い替えを検討することもできるわけです。

転売など、不正な方法を考えていない限りにおいて、端末購入サポート適用でも一括5400円は非常におトクな内容なのです。しっかり吟味して活用していきましょう。

 

arrows SVという選択肢

今回のドコモオンラインショップにおける「お買い得セール」には、ほかにも選択肢が用意されています。

ほかの注目機種としては、2016年夏モデルであるarrows SV F-03Hです。

arrows SVの場合には、FOMAからの契約変更時のみ端末購入サポートが適用され、割引も大きく適用されるため、一括5832円(税込)となります。

新規契約時、Xiからの機種変更時には端末購入サポートではなく月々サポートが適用され、15552円です。

ほかにも、最新機種であるAQUOS EVER SH-02Jや、Disney mobile on docomo DM-02H、NEXUS 5Xなど、様々な機種が用意されています。

 

そもそも、最新のarrows SVが格安で手に入るのであれば、あえて2013年モデルのXperia Aを選択する必要はなさそうな気もしないでもないですが、ここは考え方次第ですね。

富士通よりもSONYの方が・・・という人にとっては、格安Xperia Aは最有力の選択肢になるでしょう。

 

2016年春には一括0円が存在したが・・・

さて、ここで一つ思い出したい内容があります。

2016年の春、つまり一年近く前の話になりますが、実はその時にもドコモオンラインショップでセールが実施されていたのですが、この時にはなんと、端末購入サポート適用で一括0円機種が存在しました。

かなりの人気を集めた、arrows Fit F-01Hと、AQUOS EVER SH-04Gです。

実は今回FOMAから変更の場合に「実質648円」に設定されているらくらくスマートホンF-06Fも、一括0円でした。

しかもこの時、新規契約だけでなく、機種変更でも一括0円だったのです。

懐かしいですね。悔やんでも悔やみきれないかもしれませんが、この時の一括0円を活用した人は、本当に勝ち組だったといってよさそうです。

古き良き時代は総務省の大号令の元、過ぎ去ってしまいました。以下、当時の記事です。

 

今回の一括0円は、新規契約の場合だけではありません。

機種変更でも一括0円とされています。割賦を組む必要もありません。月々割引が適用されていくわけでもありません。完全に0円です。

「まさかそんなおいしい話があるのか」と疑いたくもなるかもしれませんが、本当に0円です。

これは非常におトクと言えます。

何より、機種変更でも適用されるということは、ドコモユーザーで機種変更を考えていたけれど端末代金が高いから替えられないとか、割賦が通らず分割が組めないというケースでも問題なく機種変更できるということです。

割賦を組んで月々サポートが適用される場合、実質0円にはなるけれど2年間利用しないといけないという実質の縛りができてしまうため、できる限り一括価格で安く変更したいという人にとっても朗報と言えます。

過去にも新規契約時の一括0円は何度もありましたが、機種変更時の一括0円はなかなかありませんでした。あったとしても実質0円の方が多かったと思います。

この機会を逃さず、是非一括0円での機種変更を実施したいところです。

 

端末購入サポートはdカード GOLDユーザーに追い風

dカード GOLDを利用しているドコモユーザーはますます増えてきています。

そして、そのdカード GOLDユーザーにとって、月々サポートではなく端末購入サポート対象機種を購入するということは、非常に大きなメリットがあります。

それはすなわち、月々サポートによって毎月の利用料金から割引が適用されると、その分ポイント付与対象金額が下がってしまうわけですが、端末購入サポートの場合には単純に端末価格を割り引いてくれるため、ポイント付与対象となる基本料金部分には何の影響もなく、dカード GOLDによる10%還元が最大限に生かされるためです。

この冬、端末購入サポート対象のお得機種を購入しようと考えているのであれば、dカード GOLDは早めに利用申し込みをしておくのがおすすめです。

ドコモオンラインショップのセールも合わせて、最もお得な機種を探してみてはいかがでしょうか。

 - ドコモのキャンペーン情報の裏