ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモdカード(旧DCMX)の裏

ジョギング中にdカード GOLDをフル活用する話

更新日:

ジョギング中にdカード GOLDって一体何の話? ・・・と言われそうですが、個人的に最近お気に入りのdカード GOLDの使い方があるので、この場でお伝えしてみようと思います。

「しょーもない話」と言わず、広い心で読んでいただけると幸いです。

ただ、意外に知っているようで知らない、実行しているようでしていない使い方でもあると思うので、dカード GOLD有効活用の何かのきっかけとして参考にしていただければと思います。


ジョギングに出てそのまま買い物をして帰ってくるならdカード GOLDが最適!

大体一般的に何歳くらいから、自分の体の健康管理が気になり始めるのかはわかりませんが、おそらく30歳前半くらいが一つの目安になるのではないかと思います。

仕事や遊びに人生の多くの時間を費やし、気が付いたらなんとなくお腹が出てきたような・・・、と気づいた時は誰しもそれなりにショックを覚えるのではないでしょうか。

事実、私が「ジョギング(運動)をしよう!」と思い立ったのは、そうした体験がきっかけでした。

 

そんな私が編み出した(?)ジョギング手法が、前半をしっかり走り、中継地点としてスーパー(またはコンビニ)に立ち寄り買い物をし、そのまま後半は歩いて帰ってくる、というプランです。

基本的に普段から運動をしない人にとって最も難しいのが継続することであり、「買い物」という目的を運動に含めることで、外に出る動機にしてみたわけです。

目的は違えど、ジョギングや運動で外に出た際に、ついでに何か買い物を、と考えるケースは少なくないのではないかと思うのですが、そうした際にどうしても悩むのが、お金をどう持っていくか、という点です。

例えば途中で水分補給をするという目的程度なら、小銭を持っていけばいいのですが、それでも最近の自動販売機の飲み物はワンコインで買えないケースも多く、ポケットに入れたお金の音が走っている時にかなり気になってしまったりします。

紙幣であれば持っていくときはいいのですが、お釣りが出た帰りが面倒です。

財布を持っていけばかなりかさばってしまって正直走るのには邪魔です。では、こんな時こそおサイフケータイを利用しようと思っても、スマホは財布並みかそれ以上に邪魔になります。

そこで活躍するのが、dカード GOLDというわけです。

 

dカード GOLDをトレーニングウェアのポケットに携帯しておく

ジョギングの準備段階として、トレーニングウェアのポケットにdカード GOLDを忍ばせておきます。プラスチックカードを一枚ポケットに入れても、まったく邪魔にはなりません。

その状態で、とりあえずカードを落とすことだけないように、しっかり走っても落ちないかだけ確認後、他には一切何も持たずにジョギングを開始します。

財布に入れている時と違い、やはりなんとなく不安定な気持ちにはなりますので、常に落としていないか、買い物をした後にもちゃんと手元にあるかだけチェックしてください。

後はしっかり、健康な体を維持するためにひたすら走りましょう。

 

中間地点のスーパーマーケット/コンビニでdカード GOLD利用

中間地点に決めたスーパーマーケットやコンビニに辿り着くころには、汗だくで体力もかなり消耗していると思います。

とりあえず涼しい店内で涼みながら、水分補給用のドリンクはじめ、生活に必要な食材や飲み物、雑貨等を集めてしまいます。

そしてレジで購入する際に、dカード GOLDを利用します。コンビニやiDを利用できるスーパーであれば非常に簡単です。かざすだけで買い物終了です。

もしiDが利用できない場合は、クレジット決済を利用します。それもできないようなら、利用できる店舗に場所を変えましょう。

これで、財布もお金も持たずに買い物は完了です。

後は購入した物を持って、帰りは走らず徒歩で帰宅します。荷物があるのでバランスは悪いですが、ウォーキングしながら帰る形となります。

 

Apple Watchがある場合

この同じ流れで、もしApple Watchを所有しているのであれば、dカード GOLDを持っていかなくてもApple Watchで「iD」を利用すればいいのでより便利です。

実は私も、距離や時間を測るためにジョギング中はApple Watchを利用しているのですが、個人的にApple WatchでiDを利用する行為に少し照れがあるため、dカード GOLDをかざす方が気分的に楽です。そういう意味で、Apple Watchを利用しつつもdカード GOLDを持って行って「iD」決済に利用しています。

 

食費をdカード GOLD決済にすることでdポイントが貯まり年間利用額も積みあがる

ジョギング中にdカード GOLDで食材を購入するメリットはそれだけにとどまりません。

普段どうしても現金派になりがち、という人でも、このケースでは手元に現金が一円もないので、dカード GOLDを利用して購入するしかありません。

となると、当然のことながら購入金額に対して、現金で購入している場合には全くもらうことができないdポイントを1%もらうことができます。

もしこれがローソンでの買い物であれば最大5%のお得になる、ということについては、dカード GOLDのお得さについて別記事にて解説している通りです。→「dカード GOLDは本当にお得なのか

 

また、dカード GOLDで食費を決済する癖がつくと、自然にdカード GOLDの利用額は飛躍的に伸びます

食費がかからない人は存在しませんから、必ず発生する食費をdカード GOLD決済に回せるようになると、年間利用額にとって非常に大きいわけです。その流れのまま、年間利用額特典を獲得できる可能性が飛躍的に高まります。→「dカード GOLDの年間利用額特典を最大活用する

実際のところ私はこの方法で、年間のdポイントを4万ポイント以上貯め、年間利用額特典も最大の2万円分を獲得しています。

 

ジョギング中dカード GOLDによる食材購入にはメリットしかない

メリットをまとめます。

 

・毎日ジョギングする動機付けができるので健康生活実現、メタボ解消は目の前

・ジョギング中に一緒に食材購入してしまえば時間短縮。

・dカード GOLDを持っていけばかさばらず邪魔にならず、iD決済やクレジット決済で非常に便利。

・Apple Watchでの「iD」決済がなんとなく恥ずかしい場合でもdカード GOLDがあれば問題なし。

・dカード GOLDで購入することでdポイントゲット。

・dカード GOLDで購入することで年間利用額を積み上げていける。

 

これだけのメリットがあれば、dカード GOLDを携えてのジョギングを実行しない理由はもはや一つもありません。

人間、体が資本です。

自分で走りながら、「これなら健康維持と同時にdカード GOLDをお得に利用できる!」と気づいたため、この場でお伝えさせていただきました。

何かしら、一部でもdカード GOLD利用の参考やヒントになれば幸いです。

まだdカード GOLDをお持ちでない場合は、こんな便利な使い方もできる優良カードなので、早速申し込みしておきましょう。



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

-ドコモdカード(旧DCMX)の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.