ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモdカード(旧DCMX)の裏

dカードからdカード GOLD(dカードゴールド)への切り替えが重要な理由/契約数の圧倒的伸びの秘密

更新日:

dカード GOLDがDCMX GOLDからリニューアルしたのは、2015年11月20日とされています。

実際のところ、ドコモプレミアクラブがdポイントクラブへと変更し、dポイントやdカードがスタートしたのは12月1日なのですが、11月20日以降に申し込みをしたユーザーにはdカード GOLDが届いたという事情から、リニューアル日は11月20日となっているものと思われます。

そこからもう3年が経過しました。

いえ、たった3年、と言うべきかもしれません。

正確にはたった2年半でdカード GOLDは、実に400万契約を達成しており、現在は500万契約近くになっていることが予想されます。

3年で約500万契約という圧倒的な伸び率を記録しているdカード GOLDの歩みと現在の状況について、ずっとdカード GOLDを見続けてきた私独自の視点から、何故今dカードからdカード GOLDに切り替えるべきなのかをお伝えしていこうと思います。

dカード GOLD、契約会員数の推移

dカード GOLDの、契約会員数の動きを、DCMX GOLDの提供開始から確認してみます。DCMXについては、「DCMXカードを持ち続けている人のための昔話」も参考にされてください。

 

2007年4月23日(月) DCMX GOLD 提供開始
2015年11月20日(金) dカード GOLD リニューアル
2016年3月29日(火) 100万会員を突破
2016年12月28日(水) 200万会員を突破
2017年9月11日(月) 300万会員を突破
2018年4月25日(水) 400万会員を突破

 

DCMX GOLDの頃

2007年、DCMX GOLDが提供開始されたころは、まだまだDCMXカードがドコモのメインカードでした。当時からDCMX会員については既にかなりの規模があったと記憶しているのですが、その多くのユーザーは「ただドコモポイント(※当時)を貯めるために所有しているだけ」という、休眠会員のようなユーザーの比率が非常に高い状態でした。

当然そんなカードの利用意欲の低いユーザーが、ゴールドカードへのアップグレードを検討するはずもなく、大多数のユーザーの認識として、「ゴールドカードなんて必要ない」と考えられていたわけです。

私も当然その一人でした。「DCMX GOLD? 年会費15000円?(※当時) そんなの誰が入るの??」と考えるばかりでした。

そうした感想は現在も、DCMXユーザー、またはdカードユーザーにおいて持ち続けられていると考えられ、ドコモの意図としてはそうした方々のdカード GOLDへのアップグレードと同時に、稼働率が極めて低かったそれまでの利用方法を改善し、dカード GOLDを日常的に使ってもらえるカードにしたいという意図があるわけです。

だからこそ、使えば使うほどお得になる仕組みが、dカード GOLDでは採用されているのです。

現実に、ひたすらdカード GOLDを使い続けた私は膨大なdポイントを貯めることに成功し、なおかつ年間利用額特典もMAXの2万円分をもらうことができました。現在の所有dポイントは10万ポイントを超えています。→「dカード GOLDで年間6万円分以上貯めることができた

 

dカード GOLDが登場する直前

2015年にdカード GOLDが登場する既に数年前から、ドコモが獲得したいメインのクレジットカードが、DCMXからDCMX GOLDへシフトチェンジされ始めていました。

そしてその流れを完全に、dカード GOLDのスタートによって確たるものとしたのです。

 

ちなみに当ブログを私が開設したのが、大体dカード GOLDスタートの同時期でした。特に意図はなく、単純に別ブログでの運営をやめ、改めて当ブログでドコモ系の記事を書き始めていた時期と重なっただけです。

しかしそのため私はよく覚えているのですが、開始当初のdカード GOLDのことを、私はそれはそれは手ひどくたたいた記事を書いていました

何故なら、同時期にドコモプレミアクラブからdポイントクラブに移り変わることによって、DCMX改めdカードが、あからさまに改悪されていたからです。その流れでGOLDについても、知識がまだ乏しかったこともあり、同時に批判していたんですね。

特に、元々「持っているだけで3%ポイントが貯まる」がウリだったはずのdカードは、ごくごく普通のクレジットカードになり果てた、と思いました。それは今でも間違いとは思っておらず、だから私はdカード GOLDほどにはdカードは積極的にはお勧めしていません。

それは、かつての大きなメリットが失われた、というトラウマを抱えているからかもしれません。

ただし、それを踏まえた上で、正しく利点を認識した上で利用するdカードは、劇的にお得、とはいえないまでも、普通に使えるクレジットカードである、とは思っています。

初めて持つクレジットカードとしては、ドコモユーザーにとってはやはり最適の一枚だと思っています。→dカード

 

そしてdカード GOLDについては、知れば知るほど「あれ、これってお得じゃないか!」ということに気づいてきたというわけです。

 

ドンドン申し込まれる、年会費1万円のdカード GOLD

上記の一覧を見ていただくとわかる通り、dカード GOLDリニューアルからたった四ヶ月ほどで、dカード GOLD会員は100万契約を突破しました。

単純計算、一日あたり8300件ほどが契約された計算となります。

そしてその契約のほとんどが、ドコモショップで申込みされています。全国2400店舗ほど存在するドコモショップの総数で獲得件数を割ると、一日あたり1店舗3.5件程度のdカード GOLDの申し込みがされていた、というわけです。

これは本当に、すごい数字だと思います。

今ならまだ、市民権を得てきたdカード GOLDなので、まだ抵抗も当時よりは少ないと思いますが、ドコモショップい来店していきなり年会費1万円もするゴールドカードを勧められて、あなたは申し込みしますか?

普通はしませんよね。どんなにいいサービスであっても、さすがに1万円といわれると、一度は家に持ち帰って検討したくなると思います。

つまりdカード GOLDがこれだけ伸びてきた最大の要因は、やはりドコモショップで働いている方々の日々のお客様へのご案内の賜物、といえるのです。

 

膨れ上がるdカード GOLD会員数

その後もdカード GOLDは、約9ヶ月で200万契約、また約9ヶ月で300万契約、そしてそこから約7ヶ月でついに400万契約を突破しました。

直近の増加ペースが上がっているのは、認知度が高まってきたということもあるでしょうし、ネットで自ら申し込みをする人もかなり増えてきているのも要因の一つかもしれません。

実際に当ブログを読んでいただき、申し込みを決めたとおっしゃっていただくこともよくあります。申し込みは下記公式サイトから簡単にできる、というのが何より大きいです。

 

dカード GOLD公式サイト

 

わざわざドコモショップに来店をすることなく申し込みができる、WEB申し込みの存在は、dカード GOLDの契約数の伸びにある程度貢献していると考えられます。

とはいえ、全体としてはネット申し込みはまだまだ微々たるもので、やはりドコモショップの存在があまりに大きいことがわかります。

ドコモオンラインショップについてもそうですが、WEBでの申し込みはショップより圧倒的にお得であるということが明らかであるにも関わらず、それでもWEB利用率はなかなか伸びないわけです。

いかにドコモの基盤がドコモショップに支えられているかがわかります。

 

ただしそんな中でも、dカード GOLDに関してはそろそろ潮目が変わりはじめているかもしれません。

 

既にdカード GOLDのお得さは理解され、ほとんどのユーザーが所有しつつある

dカード GOLDの契約数を観れば明らかですが、やがて500万契約という数は、相当大きいです。

ドコモの契約ユーザー数を仮に4500万人とすると、9人に1人が既に申し込み済みです。

 

こう書くと、ちょっと少なく感じるかもしれませんが、実際のところ、家族回線がその中には多数含まれているのですから、実際のdカード GOLD申込対象ユーザーはせいぜい全ユーザーの3分の1から4分の1程度の人数と考えるといいかもしれません。

とすると、4500万人の4分の1で対象者は1125万人。そのさらに3分の1は、口座払い未設定だったり支払い状況が悪かったり、dカード GOLDを申込してもメリットが薄いユーザーとして除外すると残りが750万人。この中の500万人がすでに申し込み済みなのですから、残りはたった250万人です。

対象ユーザーの既に3分の2は申し込み済みなので、残り3分の1にあたるまだ申し込み済みでない方は、とにかく非常にもったいない状況を延々と続けてしまっている、というわけです。

 

「あっ」と気づかれた方もいるかもしれません。

該当の方は是非お早めに、申し込み、またはdカード/DCMXカードからの切り替えをしておきましょう。

まだdカード GOLDについてのお得な内容をちゃんと把握されていない、という場合は、まずは下記記事をご覧ください。→「dカード GOLDdカードゴールドの詳細

その上でまたわからない点などがあれば、上記記事のコメント欄にて質問いただければできる限り回答は致します(※もちろんインフォメーションセンターに聞いていただく方が確実ですが)。

 

以上、みんなが使っているdカード GOLDの現在の状況が、なんとなく理解できたのではないかと思います。

こうしたサービスにおいては、「待つ」ことはあまりメリットにはならず、どちらかというと待てば待つほどチャンスを逃す展開になることの方が多いです。

まずは正しい知識を身に着け、その上で簡単お手軽にdカード GOLD公式より申し込みをして、念願のゴールドカードホルダーになりましょう。

当ブログは引き続き、dカード GOLDについてどこもよりも早く、正確に情報をお伝えしていきます。



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

-ドコモdカード(旧DCMX)の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.