ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモdカード(旧DCMX)の裏

dカード GOLDをローソンでフル活用/Pontaポイントより優先したいdポイント

更新日:

ドコモのdカード/dカード GOLDを利用している際に、最もそのお得さを体感できる街のお店が、コンビニエンスストア・ローソンです。

もちろんローソンを全く利用しない人でも非常に効率よくお得にdカード GOLDを利用することも可能なのですが、ローソンを頻繁に利用する人はさらに大きなメリットを享受することができます。

ということで、既に多くの方が知っている、「dカード/dカード GOLDはローソンなら非常にお得」という内容について、改めて詳細をまとめてみました。

時期的にちょうどdカード GOLDをこれから検討されている方も多いと思いますので、是非参考にされてください。

関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか

dカード/dカード GOLDのローソンでの最大5%お得な使い方

まずはローソンにおけるdカード/dカード GOLDの3つのお得な特典内容についてまとめておきます

 

 

特典1:dカード/dカード GOLD決済で3%OFF

ローソンにおけるdカード/dカード GOLD決済による最大のメリットは、やはり購入代金に対する3%の割引です。

3%OFFの詳細内容としては、買い物1回ごとに税抜価格から3%割引をして、カードに請求されるという内容です。店頭でそのまま3%分値引きされるわけではない、という点に気を付けましょう。割引分について、1円未満は切り捨てです

個別で都度3%OFFにしても、まとめた金額から3%OFFにしてもどちらにしても同じようにも思えますが、実際には個別に3%OFFの方が切り捨てされる金額が増えるので、利用者的にはやや不利です。

とはいえ、3%も割り引いてくれるのですからここはやむを得ないところです。

 

買物時の決済方法としては、dカード/dカード GOLDどちらのクレジット決済でも3%OFFの対象になりますし、他にDCMXカード、DCMX GOLDでのクレジット決済も対象となっています。この場合、カードの国際ブランドとしては、MastercardでもVISAでもどちらでも問題ありません。

また、クレジット決済ではなく、ローソン店頭でより簡易的に買い物ができる「iD決済」でも3%OFFの対象となり、そのほかdカード miniでも対象です。

注意点としては、一部3%OFF対象外の商品・サービスがあるため、この点については記事後半で解説します。

 

特典2:dカード/dカード GOLD決済で1%ポイント還元

ローソンにおけるdカード/dカード GOLD決済利用時の1%ポイント還元は、特別なポイント還元というわけではなく、dカード/dカード GOLDが元々備える決済利用時に1%還元されるポイント分のことです。

何も特別ではないのですが、注目すべきは、3%OFFや、提示してもらえる1%ポイント還元などと同時に適用される、という点です。そのため、ただでさえお得なポイント還元が、ますますお得になります。

dカード/dカード GOLD/DCMX/DCMX GOLDは、100円(税込)の利用に対して1ポイント、dポイントをもらうことができます。つまり1%還元ですね。

また、『税込み』100円に対して1ポイント、という点もお得で嬉しい注目ポイントです。

 

なお、dカード miniで決済した場合にもポイント付与はされますが、200円(税込)につき1ポイントで、還元率としては0.5%になるため、dカード/dカード GOLDの半分です。そのため、よほどの理由がない限りはdカードminiを優先して利用するメリットはありません。

 

特典3:dカード/dカード GOLD/dポイントカード提示で1%ポイント還元

ローソンで買い物をするときに、「ポイントカードはお持ちですか?」とレジで聞かれた経験が皆さまあると思います。

ここで、dポイントカード番号が裏面に記載されているdカードまたはdカード GOLDを提示すれば、そのままdポイントを付与してもらえます。ここで提示するのは、dポイントカードや、スマホの画面上のモバイルdポイントカードでも問題ありません。

100円(税抜)につき1ポイントが進呈されるため、還元率としては1%となります。こちらは『税抜』100円に対して1ポイントです。

 

ここで注意点が1点。ローソンストア100の場合です。ローソンストア100では、他のローソンとは異なり、200円(税抜)につき1ポイントがもらえます。還元率は0.5%です。

そのため、もしローソンとローソンストア100の二つの選択肢があり、どちらにも購入したい商品が置いてあるということであれば、ローソンを優先的に選んだ方が、ポイントの還元率としてはお得となります。

 

特典1・特典2・特典3を合計して、5%もお得に!

 

dカード/dカード GOLDを所有していれば、以上の特典を3つとも受けることができます。

それぞれの還元率を合計すると、3%+1%+1%で合計5%のオトクとなります。

たまに、dカード/dカード GOLDがあればローソンでは5%ポイント還元、と思われているケースがあるようですが、これは正しくありません。正確には、2%ポイント還元+3%OFFです。

 

dカード GOLD所有の場合には、このローソンでのポイント還元に加えて、ドコモ利用分およびドコモ光利用分に対する10%還元も適用されるため、最高にお得となります。

関連記事:「dカード GOLDのdポイントクラブご優待(10%還元)を詳細まで理解して使いこなす

 

ローソンではiD/クレジット/d払いのどれが一番お得なのか

dカード/dカード GOLDを所有している際に、ローソンで選択可能な支払い方法は、全部で4パターンです。

 

現金払い/iD払い/クレジット払い/d払い、ですね。

 

では、この4つの支払い方法の中で、最もお得な支払いはどれでしょうか。

真っ先に脱落するのは、やはりポイントも一切つかず支払いの際に紙幣・硬貨の受け渡しの手間もかかる、現金払いです。

その他の3つの支払い方法については、状況によってどれが有利なのかが変わってきます。

通常時と現在実施されているキャンペーン時の、両方のケースを解説します。

 

ローソンでの買い物で最もお得な支払い方法:通常時

特にキャンペーンを何も意識しない場合ローソンでの買い物時に最も有利になるドコモユーザーの支払い方法は、「iD払い」または「クレジット払い」です。

ポイントの還元率や割引率的にはどちらも全く同じ最大5%となりますが、使い勝手の良さ・利便性という意味で積極的に利用したいのは「iD払い」ということになりそうです。

 

通常の支払い時に「d払い」よりも「iD/クレジット」が有利になる理由としては、3%OFFの有無です。

d払いを利用する場合、d払いの支払い方法をdカード/dカードGOLDで設定していれば、通常の決済分1%のポイントに加えて、d払い分の0.5%のポイントが2重で付与されるため、よりお得となります。→「dカード GOLDをd払いの支払いに設定する方法

オトクになるのですが、残念ながらd払いは、ローソンにおける3%OFFの対象外です。そのため、合計での還元率としては、提示によるdポイント加盟店分1%と、d払い分+dカード/dカードGOLD支払い設定分合計1.5%で、最大2.5%ということになります。

2.5%でもかなり大きな還元率と言えますが、残念ながらローソンにおいては、それでも3%OFFが存在しているiD払い/クレジット払いの方が有利です。

 

ローソンでの買い物で最もお得な支払い方法:キャンペーン時

現在ドコモが最も推奨している支払い方法は、「d払い」です。

まだまだスタートして1年も経過していない支払い方法なので、他社に遅れじと次々施策・キャンペーンを展開している状態です。

そのため、通常であれば確実に「iD/クレジット」がお得なローソンでの支払いに置いても、状況が異なってきています。

 

例として挙げるなら、2019年3月に実施されている「d払いでdポイント40倍還元!キャンペーン」です。

このキャンペーンでは、d払いを利用すればdポイントが40倍、つまり還元率として20%を獲得することができるため、提示での1%もらえる加盟店ポイントに、dカード/dカード GOLD払い設定時の1%分を合わせて合計なんと22%分も還元される計算となります。

40倍キャンペーンには各種注意事項等もあるので、詳細は上記記事にて確認していただきたいところですが、とはいえこのように、d払いのキャンペーン中であれば、通常は「iD払い/クレジット払い」を利用した方がお得なローソンでも、確実にd払いを利用した方がお得になります。

d払いのキャンペーンについては、都度チェックしておきましょう。

 

ローソンのPontaポイントをdポイントに持ってくることができる

ローソン独自のポイント「Pontaポイント(ポンタポイント)」とドコモのdポイントは、相互交換が可能となっています。

Pontaポイントをdポイントにすることもできますし、dポイントをPontaポイントに交換することも可能です。

ただし、dポイントからPontaポイントへ交換する場合には最低単位が5,000ポイントで、かつ手数料として250ポイントがかかってしまうので、実際のところあまり頻繁に利用できるものではありません。

逆に、Pontaポイントからdポイントへの交換は手数料もかからず最低交換単位が100ポイントからなので、これは非常に利用しやすいと言えます。

つまり、どちらかにポイントを集約するなら、dポイントに集約する方が簡単、というわけです。

Pontaカードとdポイントカード(dポイントカード番号がついたdカード/dカード GOLD)、両方持っていても同時に両方ポイントを付けてもらうことはできないので、どちらかにまとめてしまった方がいいわけですが、ドコモユーザーの場合には必ずdポイントにまとめるようにしましょう。

 

貯まったdポイント/期間・用途限定ポイントはどちらもローソンで使える

dカード、特にdカード GOLDを利用すれば劇的にdポイントを貯めることができます。→「dカード GOLDで年間どれくらいのdポイントが貯まるかチャレンジしてみる

そしてその貯まったdポイントは、ローソンでの買い物に利用することもできます。利用できるdポイントは通常ポイントだけでなく、dポイント(期間・用途限定)も問題なく利用可能です。両方のポイントを所持している場合は、dポイント(期間・用途限定)から優先して消費されます。

利用の方法としては、支払いの際にカードを提示しつつポイントを利用したい旨を伝えるだけです。

 

もし、d払いでdポイントを利用したい場合には、dポイント利用にチェックを入れていつも通り支払いをすることで、dポイントで買い物ができます。

 

あまりケータイ/スマホの買い替えをしないので、dポイントを貯めるだけ貯めても利用用途がない、という方もたまにいらっしゃいますが、ローソンでいつでもカンタンに利用することができるので、使い勝手が悪いから貯めても意味がない、ということは全くありません。

むしろ、非常に身近なローソンで利用できる分、dポイントはいくら貯めても貯まりすぎて使いようがないということになることはまず考えられません。

 

3%OFFの対象商品に注意

ローソンでとにかくお得にdカード/dカード GOLDを活用していきたい場合、やはり「iD払い/クレジット払い」での3%OFFは必ず利用したいところですが、この3%OFFに関して、割引対象外商品・サービスがあります。

以下の通りです。

 

新聞、雑誌、書籍、タバコ、ゆうパック、収納代行、Edy チャージ、交通系マネーチャージ、デジカメプリント、コピー、切手・印紙・ハガキ、国際電話用/携帯電話用プリペイドカード、テレホンカード、QUO カード、Amazonショッピングカード、オークションゆうパック、ローソンチケット、楽天トラベル、JTB、バイク自賠責、ローソン運転免許、取り次ぎサービス(漢字検定・QUO 宅配取次・保険・学校検定)、プリペイドシート(国際電話用・携帯電話用・電子マネー)、電子マネー・オンラインゲームID 発行、各種代金支払い(払王、Amazon・マルチペイメントなど)、インターネット受付支払いあり、インターネット受付支払いなし、キャッシングご返済・ショッピングお支払い・スマートピット、toto、自治体指定ごみ袋。

 

まぁ、金券系や電子マネーチャージなどはなんとなくわかるとして、新聞、雑誌、書籍、たばこなども対象外、というのは要注意ですね。例えば、3%OFFになると思ってタバコを箱買いしても対象外です。

 

早速ローソンでのdカード GOLD払い/iD払い/d払いをスタートしたい

ということで、ローソンにおけるdカード/dカード GOLDの大きなメリットが明確になりました。

ローソンでの利用だけで考えるなら、dカードとdカード GOLD間の差異は全くないのですが、ドコモ利用分への10%還元やdカードGOLDケータイ補償、年間利用額特典を考えるとはるかにお得なのはやはりdカード GOLDです。

既に500万契約突破したほどの人気なのですから間違いありません。

まだ利用されていない場合には早めに利用を検討しましょう。dカード GOLDを手に入れたら、d払いの支払い設定にすることもお忘れなく。

 



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

-ドコモdカード(旧DCMX)の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.