ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモdカード(旧DCMX)の裏

dカード GOLD・キャッシュレス/ポイント還元事業の正式詳細内容解説

投稿日:

2019年10月、いよいよ国のキャッシュレス・ポイント還元事業が開始されました。

消費税増税に伴い開始された、消費者還元事業としてのポイント還元サービスについて、無事利用開始できていますでしょうか?

実施期間は9か月に及び、dカード払いやiD払いの還元の上限設定は月あたり15,000ポイント、d払いの場合には上限30,000ポイントとされています。つまり、d払いをメインに利用すれば、現金払いにした場合と比較して、実に合計最大270,000ポイント、つまり27万円分の差が生まれることになります。

しかも、各キャッシュレス決済には独自のポイントサービスが設けられていますから、その分についてもキャッシュレスを使っていかないとマイナスになります。今後9か月はキャッシュレス決済を利用するかしないかで、これだけ大きな差が生まれてしまうわけです。

しかし、国の「キャッシュレス・ポイント還元事業」について、内容をまだ確認できていない、という方も多いと思いますので、ドコモのdカード/dカード GOLD/iD/d払いを利用した場合のポイント還元はどのようになるのか、内容をまとめてみることにします。

キャッシュレス・ポイント還元事業の内容

そもそもキャッシュレス・ポイント還元事業とは何か、というところからとりあえず押さえておきます。ご存知の方はこの項目は飛ばしていただいたも構いません。

キャッシュレス・ポイント還元事業は、経済産業省のニュースリリースによると以下のような解説がなされています。

 

キャッシュレス・ポイント還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9か月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援するものです。

 

2019年9月2日時点で審査を通過した加盟店数は約28万件で、9月5日時点の加盟店登録申請数は約58万件あるそうです。決済事業者から不備なく必要なすべての情報・書類が提出されていれば、10月1日からポイント還元を開始されているはずです。(細かくは様々な問題も発生していたようですが・・・。)

 

つまり、事業を行っている加盟店側はポイント還元事業への登録申請を出す必要があり、消費者側は登録加盟店でキャッシュレス決済により買い物をすることで、ポイント還元を受けることができる、という仕組みです。

 

 

ポイント還元率としては、中小・小規模の小売店・サービス業者・飲食店舗等で支払いを行った場合が、個別店舗については5%還元、加盟店登録要領に規定されているフランチャイズチェーン等に属する中小・小規模事業者は2%還元となります。

といっても、具体的にどこが対応で非対応なのか、対応なら5%なのか2%なのかを判断するのは非常に難しいため、実際に利用してみるか、ポイント還元の専用アプリを利用して確認する必要があります。

または、実際にお店に以下のマークがあれば、対象店舗であると判断することができます。

 

 

dカード/dカード GOLDはキャッシュレス・ポイント還元事業の対象なのか

では、最も大切なところですが、ドコモのdカードおよびdカード GOLDは、国が実施するキャッシュレス・ポイント還元事業の対象キャッシュレス決済サービスに含まれているのでしょうか。

2019年9月27日に、正式にドコモより発表がありました。

 

ドコモは、経済産業省が実施するキャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)におけるキャッシュレス事業者として登録されました。

 

dカード/dカード GOLD

対象となる加盟店において5%還元。フランチャイズチェーン等は2%を還元。

還元方法は請求額からの減算。決済日の請求額が権限金額を下回る場合は、決済日に支払い口座に振りこみ。

還元の上限設定は、月あたり15,000円。

還元タイミングは1日~末日の利用分を集計後、利用日の原則翌々月10日に請求額から減算。

 

dカード mini

対象となる加盟店において5%還元、フランチャイズチェーン等は2%還元。

還元方法は請求額からの減算。

還元の上限設定は月あたり1,500円。

還元のタイミングは1日~末日の利用分を集計し、利用日の原則翌々月末に請求額から減算。

 

d払い

対象となる加盟店において5%還元、フランチャイズチェーン等は2%を還元。

還元方法は唯一、dポイント付与。

還元の上限設定も他よりも多く、月あたり30,000ポイント。

還元タイミングは1日~末日の利用分を集計後、利用日の原則翌々月末までにポイント付与。

 

経産省のキャッシュレス・ポイント還元事業の公式ページにも

参考までに、経済産業省のキャッシュレス・ポイント還元事業の公式ホームページを調べてみました。

「クレジットカード」、「電子マネー/プリペイドカード」、「QRコード」と分類されているのですが、なかなか見つけるのに苦労しました。以下の通りです。

 

 

 

dカードにdカード GOLDは含まれています。d払いも対応しているとドコモからも公式に発表されています。

電子マネー「iD」は当初発見することができませんでしたが、ドコモのインフォメーションセンターに確認したところ、「iD」も含まれる、としっかり明言していただけましたので安心しました。

つまり、ドコモの主要なキャッシュレス手段であるdカード/dカード GOLD/d払い/iDはすべて対象となる、ということです。

 

還元方法は引き落とし時の相殺が大多数

キャッシュレス・ポイント還元事業に参加しているクレジットカード会社では、そのほとんどで還元方法に「引落相殺」を選択しているようです。つまり、何らかのポイントを還元する、ということでなく、利用した金額からの割引で2%ないし5%還元を実施する、ということです。

dカードゴールドデスクに事前に確認した際も、同じく引落相殺になるものと考えられると言われていましたし、d払いの場合はポイント還元になる可能性がある、という内容でしたので、まさにその内容がそのまま正解でした。

 

キャッシュレス決済でもらえるポイントには上限がある

キャッシュレス・ポイント還元事業により、キャッシュレス決済で適用される還元額には、上限があります。

還元率では2%または5%ですが、還元額は15,000ポイント/月、d払いの場合が30,000ポイント(3万円分)となっています。クレジットカード決済では、例外的にアメックスカードが9か月間で135,000ポイントとなっていますが、それも一ヶ月辺りにすれば15,000ポイントなので、内容はほぼ同じです。

dカード/dカード GOLD利用時の上限額も、その水準に合わせられたものになりました。

仮に、5%対象店舗で買い物をしたとしても、上限の15,000ポイントに到達するには月あたり30万円分の買い物をしないといけないので、上限が低すぎるということはないと思います。d払い時の上限30,000ポイントには、普通に考えてほとんど到達はしないのではないでしょうか。

 

消費者として今やるべきことはキャッシュレス決済を日常化すること

既に消費者還元事業が開始された今現在、消費者としてやるべきこととしては、対象の店舗で対象のキャッシュレス決済を利用することを意識する、たったこれだけです。

といっても、「対象の店舗で」と考えると非常にややこしく感じられてきてしまうので、基本、買い物はすべてキャッシュレスに切り替える、という意識が大切です。これにより、「ここは対象店舗なのだろうか?」といちいち悩む必要がなくなります。

対象のキャッシュレス決済は既にご案内した通り、ドコモユーザーの方であれば、まずはdカード/dカード GOLD、特に圧倒的にお得なdカード GOLDを早めに準備し、iD決済やクレジット決済、d払いを実際に使ってみて慣れること、です。

一度使ってしまえば、要領がわかりますので2回目からはハードルがかなり下がります。そうなると、現金いらずの便利さが理解できると思いますので、自然と継続利用できるようになってくるのではないかと思います。

まずは使ってみるところから始めましょう。

 

元々のdポイント還元とは完全に別枠なので、還元分は重畳適用する

dカード/dカード GOLDを買い物に利用した場合のポイント還元率は1%です。d払いの支払いに設定して利用した場合には、d払い分の0.5%も加わるので、合計で1.5%になります。

また、dポイントスーパー還元プログラムでは最大7%分のdポイント(期間・用途限定)が追加付与されます。

さらに、10月14日までは「d払い 20%還元キャンペーン」も実施されています。それらをすべて含めると、驚きの還元率が実現してしまいます。

すべては、キャッシュレス決済がその基本となります。現金払いでは、1円もお得になりません。

受けられるはずの還元を逃してしまっては非常にもったいないので、dカード/dカード GOLDの準備ができていない人は、今からでも急ぎましょう。

dカード GOLDに関する詳細内容は以下記事を参考にされてください。→「dカード GOLDは本当にお得なのか



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

2

今回はなんと! 特別にdカード GOLDについて、実際に株式会社NTTドコモのdカードの担当の方にインタビューさせていただきました! dカード GOLDについて、しっかり質問してきましたので、既にdカ ...

-ドコモdカード(旧DCMX)の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.