ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモdカード(旧DCMX)の裏

4年目に入ったdカード GOLD(dカードゴールド)!  浸透してきた効果的利用方法を再確認!

更新日:

2015年12月1日のdポイントクラブのスタートと同時にDCMX GOLDからdカード GOLD(dカードゴールド)に名称が改められもう三年が経過しました。

4年目となるシーズンに入りその総契約者数はついに、500万契約を突破しました。→「dカード GOLD500万会員突破キャンペーン

家族カードも含めると、もうかなり多くのドコモユーザーの方に浸透してきた感もあるdカード GOLDですが、一方でまだまだ「利用されていない」、「悩まれている」、「お得さをご存知ない」という方もいらっしゃると思います。

そうした方の後押しになるよう、改めて4年目に入り成熟してきたdカード GOLDの今現在の最新のお得さを、改めてお伝えしていこうと思います。

4年目のdカード GOLDは、引き続き10%還元を継続!

ドコモの利用料金およびドコモ光の利用料金に対して、10%のdポイントが還元されるのが、dカード GOLD最大の特徴です。

 

dカード GOLDはドコモ利用料金とドコモ光に対して10%dポイント還元!

・ドコモの利用料金に対して10%還元

・ドコモ光の利用料金に対して10%還元

・家族カード利用回線に対しても10%還元

 

1,000円の利用に対して100ポイントが付与されます。通常分が1,000円利用につき10ポイント(1%)、dカード GOLD分が1,000円利用につき90ポイント(9%)の合計10%です。

注意していただきたい点としては、ポイント付与対象になる利用料金についてで、各種割引サービス適用後の基本使用料、通話・通信料、付加機能使用料の金額が対象となります。

逆にdポイント進呈の対象外になる料金として、以下のケースがあります。つまり利用料金のすべてに対してポイント還元されるわけではない、という点だけは押さえておきましょう。

 

【ポイント進呈対象外料金】

各種手数料、電報料、コンテンツ使用料/iモード情報料、コレクトコール通話料、ケータイのご購入代金分割支払金/分割払金、ドコモ口座による利用代金(送金依頼額および利用料)、消費税、「ケータイ補償サービス」「ケータイ補償 お届けサービス」利用時の負担金、「ドコモ光」事務手数料・工事料および光訪問サポート利用料など1回ごとに申込みが必要となるサービスなど。

 

 

もしこの10%還元だけで、あっさりdカード GOLDの年会費の元を取ってしまった方は、それ以外に多数存在しているdカード GOLDのメリットを安心して享受することができるので、そのお得さは非常に大きいものとなります。

仮に利用料金がそれほど大きくない場合も、以下に解説する様々なメリットで、年会費1万円の存在もすぐに忘れることができるはずです。

 

dポイント加盟店/dカード特約店での圧倒的お得

dカード GOLDのドコモ利用分へのポイント還元は10%ですが、通常ショッピング利用分のポイント還元率は1%で、一般的なクレジットカードの還元率と変わりありません。

しかしそれが、dポイント加盟店およびdカード特約店での利用になると、途端にお得さが数倍アップします。

 

ローソンなら5%還元

 

身近なところから挙げると、まずはローソンです。

通常のdカード GOLD利用(クレジット/iD)に対するポイント還元は1%ですが、dカード GOLDを提示することでdポイントをさらに1%付与してくれます。この時の付与ポイントはポンタポイントと同様なので、どちらかを選ぶ形になりますが、ドコモユーザーの方はやはりdポイントを選択しましょう。

さらに、dカード GOLDを利用してクレジット決済、またはiD決済を実施した場合に、後日請求に際して利用分の3%が割引となります。買い物1回ごとに税抜き価格から3%割引されます。

つまり合計すると、2%分のdポイント還元と、3%分の割引きで、合計5%がお得になるというわけです。

うっかり利用するのを忘れると、非常にもったいないです。

 

マツモトキヨシで4%ポイント還元とマツキヨポイント併用可能

 

 

マツモトキヨシでは、ローソンの場合と同様にdカード GOLDの提示でまず1%、決済で1%、さらに特約店ポイントが2%貯まるため、合計でなんと4%のお得になります。

そしてそれに加えて、マツキヨポイントも同時に貯めることができるため、合計すると5%ものメリットが得られる計算となります。

こちらも非常にお得ですね。これを利用しないという選択肢はあり得ません。

 

高島屋で合計3%のdポイント還元

 

高島屋でも、ローソンやマツモトキヨシと同じように、提示と決済、そして特約店ポイントにより合計3%がお得になります。

普段からdカード GOLDを利用する癖をつければ、何一つ苦労することなく、当たり前に買い物をするだけでお得になるのですから、こんなに楽でお得な話はありません。

 

スターバックスやドトールコーヒーでの4%のメリット

dカード GOLDからスターバックスカードにチャージして4%お得に利用 dカード GOLDからドトールバリューカードにチャージして4%分のdポイントを獲得する方法

 

スターバックス カードへdカード GOLDを使いオートチャージ・オンライン入金をすると、100円で3ポイント貯まり、それとは別に通常の決済ポイントが1%貯まるため、合計4%お得に利用することができます。

また、ドトールコーヒーでは、スターバックスと同じように、ドトール バリューカードへのクレジットチャージの際にdカード GOLDを利用することで、100円に3ポイントが進呈され、さらにdカード GOLDの通常決済分として1%のポイントが付与されるため、こちらも合計4%のお得となります。

 

以上、それぞれ主な例として挙げましたが、まだまだたくさんのdポイント加盟店・dカード特約店が存在しています。有効に利用していくことで、ますますお得になっていきます。

コツとしては、普段の支払いを常時dカード GOLDによる「iD/クレジット決済」に切り替えてしまえば、何も意識することなく気が付かないままお得に利用することができるようになります。

 

消費税率アップによるポイント還元でますますお得になるdカード GOLD

さらに注目すべきは、2019年10月、消費税率が10%へアップする際の、ポイント還元を政府主導で検討されているという件です。当初2%という話でしたが、その後5%なんて話まで出てきています。

最終的にどういう形で着地するかはまだわかりませんが、確実と思われるのが「キャッシュレス決済利用時に還元される」という点です。

そのためドコモユーザーとしては、常日頃の買い物などにdカード/dカード GOLDを利用したキャッシュレス決済を、自分の中で標準にしていきたいわけです。

そうすることで、通常のdカード GOLDのメリットに、消費税増税に合わせて+αとして数%の還元が上乗せされることになり、うまくいけば消費税分全額還元という形も十分実現可能だと思います。

消費税分10%を仮に全額相殺することができたなら、事実上1割引きされるのと同じことですから、これを活用できるかどうかでは、あまりにも大きな違いが出ます。

 

キャッシュレスによる利便性向上とお得さアップ

また、今後の世の中の流れとして、キャッシュレス決済がますます拡大していくのは間違いありません。

その流れにしっかり乗れるかどうかで、手にすることができるメリットの大きさは格段に変わってくると思われます。

そのため、ドコモユーザーとしてもっともお得に立ち回るためには、クレジットカードとしてだけでなく、ポイントカード、そして「iD決済用カード」としても利用することができ、その上今回紹介している様々な特典を持つdカード GOLDを活用していくことが、最大のお得に繋がる、というわけです。

 

年間ご利用額特典の1万円/2万円分のメリット

 

私が個人的に、ドコモ利用分に対する10%還元よりもさらにお得、と考えているdカード GOLDの特典が、「年間ご利用額特典」です。→「dカード GOLDの年間利用額特典を最大活用する

前年の12月16日から次の年の12月15日までの一年間、dカード GOLDをひたすら利用し、合計利用額が100万円以上なら10,800円相当、200万円以上なら21,600円相当の特典をもらうことができました。(※2019年お届け分)

特典の内容は4年前からは少しずつ変わっていますが、選択できる特典は確実に増えてきました。

参考までに、2018年利用分で年間利用額100万円/200万円を達成した人に2019年の5月下旬頃に送られてくる特典としては、「ケータイ購入割引クーポン」、「d fashionクーポン」、「dデリバリークーポン」、「dトラベルクーポン」、「dショッピングクーポン」のいずれかから選択することが可能となっています。

ちなみに2018年に選択できた特典も同じ内容で、私はdショッピングクーポンを選択してみました。→「dカード GOLD年間ご利用額特典の使い道・dショッピングクーポンを選んでみた

 

実際に年間100万円/200万円の利用を達成するのは、一見かなり難しそうに思えるかもしれませんが、ちょっと意識して支払いのすべてをdカード GOLDに集中させてしまい、普段のちょっとした買い物なども「iD決済」や「クレジット決済」、「d払い」をメインに利用していくことで、意外にあっさり達成してしまうことができたりもします。

特に、まとまった大きな買い物がある時などは、必ずdカード GOLDで支払いをするようにします。

その結果、年間200万円利用をなんとか2年連続達成することができました。→「dカード GOLDの年間利用額で200万円超えを達成したのでその方法を解説してみる

2万円分のクーポンを毎年もらえる上に、単純に考えて年間200万円の利用があれば、通常dポイントも1%貯まっているわけなので2万ポイント、しっかりdカード GOLDの利用を意識するだけで、これだけのメリットが生まれるわけです。

そう考えると、ドコモ利用料金に対する10%還元よりも、ひたすら利用しての年間ご利用額特典の獲得を目指す方がさらに大きなメリットを享受できることがわかると思います。

関連記事:「dカード GOLDで年間どれくらいのdポイントが貯まるかチャレンジしてみる

 

dカード GOLD ケータイ補償の圧倒的お得

 

dカード/dカード GOLD所有の際に適用される、dカードケータイ補償は、万が一の際には絶大な効果を発揮する最後の砦としての役割を果たしてくれます。

内容がかなり複雑な部分もあるため、詳細は以下に紹介している関連記事を参考にしていただきたいのですが、一言で説明するなら、「dカードケータイ補償(dカード GOLDの場合)は、購入から3年以内の携帯電話端末が、偶然の事故によって紛失・盗難、または修理不能(水濡れ・全損等)になってしまった時に、同一機種・同一カラーの携帯電話端末をドコモショップ等で、dカード GOLDを利用して一括購入した場合にかかる購入費用を最大10万円まで補償してもらえる」、というものです。

特に重要なポイントを抜き出すなら、購入から3年以内なら最大10万円まで補償、という部分ですね。

 

ただし、「そんな便利な補償があるなら通常のケータイ補償サービスやApple Care+なんていらないのでは!?」と早合点はしないようにしてください。

適用までにはクリアすべき条件もありますし、機種によっては10万円では金額が足りず、手出しが数万円発生してしまう可能性もあるため、注意事項をよくよく理解しておいていただく必要があります。

 

とはいえ、非常にお得で重要な補償であるのは間違いなく、何より自回線で購入した機種なら3年以内であれば、何機種でも補償対象になるという点も嬉しいポイントです。

詳細内容をよくよく把握して活用したい、dカード GOLDのお得ポイントです。

関連記事:「dカード GOLDケータイ補償の全く触れられていない注意事項とわかりにくい手続き方法を詳細解説

 

QRコード決済が存在感アップ! dカード GOLDをd払いに設定を!

PayPay(ペイペイ)によって一気に存在感がアップした、QRコード/バーコード決済

当のPayPayは、祭りの後の不正利用問題にかなり揺れている感じですが、このPayPayに関連して注目度が増したのが、ドコモのQRコード/バーコード決済サービス「d払い」です。

dカード GOLDがスタートした当時は、d払いはまだ全く存在しておらず、むしろ「iD」をこれからさらに普及させていこう、という感じだったと思います。しかし現在は、導入コストの安さのためか、ドコモのd払い推しはかなりのものです。

では、ドコモユーザーは現在ドコモがお勧めするd払いを最優先で利用する方がいいのでしょうか。その場合、dカード GOLDの立場はどうなるのでしょうか。

 

結論としては、依然としてiD優位だが、状況による、というところだと思います。

d払いを利用した場合、ネットでの利用の場合は100円につき1ポイント、街のお店での利用の場合は200円につき1ポイントです。

そのため、d払いの支払い方法をドコモ払いにせずdカード払いに設定しておけば、通常dカード GOLD決済で貯まる1%に加えて0.5%分のdポイントもゲットできるので、二重で美味しいです。

ただ、dポイント加盟店やdカード特約店のように、「iD決済/クレジット決済」で特約店ポイントが付与されるような場合、概ね合計2%以上のdポイントが付与されるため、d払いを利用するメリットは少なくなります。

 

一方で、dポイント加盟店でもdカード特約店でもない店舗での利用の場合は、d払いを利用可能であれば利用した方が、よりお得となります。

今はまだd払い対応店舗もネットでの利用可能サイトもまだまだ多くはありませんが、今後の広がりを考えて、今のうちからd払いの支払い設定にdカード GOLDを設定はしておきたいところです。

今から早めにその設定を済ませておきたい理由の一つとして、d払いの支払い方法にdカード GOLDを設定するのはやや手間がかかる、ということもあります。

 

実際にd払いの設定にdカード GOLDを設定する場合、人によっては途中で心が折れてしまったりつまづいてしまいそうな点などもあるため、その辺りは下の関連記事にて解説しています。

関連記事:「dカード GOLDをd払いの支払いに設定する方法/面倒な流れを詳細解説

 

dカード GOLD4年目の環境の変化に対応して最大限のお得を獲得したい

以上見てきた通り、dカード GOLD開始当初からお得な内容は基本的にほとんど変わっていません。

しかし、3年の間に契約者数をどんどん増やしていく中で、世の中の環境は大きく変化しつつあります。

買い物での支払いと言えば「現金」が当たり前だった日本においても、世界の流れに乗り遅れないよう、キャッシュレスは確実に推進され、実際に進んできています。

クレジットカードを持たない、という生活はもはや、自らお金を捨てる行為に等しくなってきていますし、消費税増税時のキャッシュレス決済によるポイント還元が実際に開始されればその傾向はますます強まります。

そうなってしまう前に、まずはせっかくドコモユーザーにはdカード GOLDという、クレジット機能/ポイントカード機能/iD決済機能という三つの機能を併せ持った最高のクレジットカードが存在しているのですから、まずは所有し、普段の利用に慣れていくところから初めておきたいわけです。

実際にポイント還元が開始されてから慌てても、生活習慣は短期間ではなかなか変えられないこともあります。何事も早め早めに動いた方が確実です。

申し込みがまだの方は今すぐdカード GOLDの公式サイトから、申し込みしておきましょう。

 

dカード GOLD公式申し込みサイト

 

ということで、今後もますます重要性は高まり続けることが予想されるdカード GOLD、今まで以上に有効に活用できるよう、利用習慣の改善を目指していきましょう。

dカード GOLDについてより深く知りたい、という方は、以下の詳細解説記事を参考にどうぞ。

関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

2

今回はなんと! 特別にdカード GOLDについて、実際に株式会社NTTドコモのdカードの担当の方にインタビューさせていただきました! dカード GOLDについて、しっかり質問してきましたので、既にdカ ...

-ドコモdカード(旧DCMX)の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.