ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモ光 ドコモdカード(旧DCMX)の裏

dポイントを貯めたいならドコモ光とdカード GOLDが必須な理由

投稿日:

dポイントを貯めたいのになかなか貯まらないなぁと感じている場合、大きなチェックポイントが二つあります。

一つは、dカード GOLDを利用しているか、という点。

もう一つは、自宅のインターネットでドコモ光を利用しているか、という点です。

この二つの利用があるかないかでは、年間のポイント獲得数は劇的に変わってきます。

dカード GOLDとドコモ光が、dポイントを多く貯めるためにそんなに重要だとは知らなかった、という方のために、今回は具体的にどれくらい違いが出てくるのか、既にdカード GOLDを所有しているユーザーにとってドコモ光がどれだけ重要かをわかりやすく解説しようと思います。

関連記事:「ドコモ光は本当にお得なのか

dカード GOLD+ドコモ光で貯まるdポイントの具体的数字

ドコモ光の月額料金は、戸建タイプで5200円(タイプA)/5400円(タイプB)、マンションタイプで4000円(タイプA)/4200円(タイプB)です。

仮にこのドコモ光をdカード GOLDの契約なしで利用していたとして、通常貯まるdポイントは月あたり50ポイント(戸建)/40ポイント(マンション)です。

貯まるだけでもありがたいとはいえ、還元率としては1%なので、そこまで大きくはありません。

 

これがもし、dカード GOLDを利用していた場合、その実に10倍の500ポイント(戸建)/400ポイント(マンション)が貯まります

 

1月で貯まるポイント 1年で貯まるポイント 5年で貯まるポイント
戸建 500ポイント 6000ポイント 30000ポイント
マンション 400ポイント 4800ポイント 24000ポイント

 

もちろん必要もないのにdポイントを貯めるためにドコモ光を利用すれば本末転倒ですが、必要だと思っていながらもまだ契約に至っていないケースや、他社光を利用している場合などが非常にもったいないわけです。

固定の光回線はスマホなどよりも長期利用する可能性が高く、もし持ち家や分譲マンションなら、仕事にもよるでしょうがそこからさらに引っ越す可能性はそこまで高くないケースも多いと思います。

となると、仮に30歳の男性が60歳の定年まで30年間インターネットを利用するとしたら、実に18万ポイントも差がついてしまいます。

もちろん、その間には何らかのプランの見直しなどもある可能性はあるので、現実的にその通りになるかはともかくとして、それくらいの差があるということは認識しておきましょう。

 

貯めたdポイントは今、増やせる!

「ポイントが貯まるって言っても、月500ポイントくらいじゃ、そんな大した差はない」と考えている方も、年間6000ポイント、5年で30000ポイントと言われると、それなりに大きく差が出ることに気づかれるとは思います。

そして今は、そのポイントを元手に、さらに大きく増やすチャンスがあるため、ますますお得になります。

このことには、まだ多くの方は気づかれていません。

 

貯まったdポイントをさらに増やすための仕組みが、ドコモの「ポイント投資」です。

もちろん投資なので逆に減ることもありますが、長期的に運用することで、かなりの確率でプラスに持っていくことができます。→「ドコモのポイント投資でdポイント運用

基本的にはお任せで放置して運用してもらい、dポイントが増えるのを期待して待つ流れになりますが、相場に詳しい方、強い方は自分の判断でdポイントを追加したり引き出したりして効果的に運用することも可能です。

投資に興味がある方は、簡単な練習にもなります。

 

ドコモ光利用ならドコモ光パック(セット割引)もある

ドコモ光を利用した場合にお得になるのは、dポイントの獲得ばかりではありません。月額料金の割引もしっかり用意されています。

ドコモ光とdカード GOLD利用時に非常に効果の大きいdポイント10%還元ですが、実はドコモユーザーがドコモ光を利用する際には、それ以外にも割引特典が用意されており、それがドコモ光パックというドコモ光セット割引です。

ドコモ光の割引サービスとしてはむしろ、dポイントの還元よりもこちらがメインです。

 

シェアパックの場合 ドコモ光セット割
ウルトラシェアパック100 -3500円
ウルトラシェアパック50 -2900円
ウルトラシェアパック30 -2500円
ベーシックシェアパック
(~30GB)
-1800円
ベーシックシェアパック
(~15GB)
-1800円
ベーシックシェアパック
(~10GB)
-1200円
ベーシックシェアパック
(~5GB)
-800円

 

ベーシックパック、ウルトラパックの場合 ドコモ光セット割
ウルトラデータLLパック(30GB) -1600円
ウルトラデータLパック(20GB) -1400円
ベーシックパック
(~20GB)
-800円
ベーシックパック
(~5GB)
-800円
ベーシックパック
(~3GB)
-200円
ベーシックパック
(~1GB)
-100円

 

利用しているデータパック、シェアパックのプランによって割引額も変わってきます。

いずれにしても、dカード GOLDによるドコモおよびドコモ光分に対するdポイント10%還元だけでなく、セット割引も適用されることで、ドコモユーザーにとってはよりお得となります。

 

ドコモ光の利用開始には3つのパターンがある

まだドコモ光を利用していない人がこれからドコモ光を検討する場合のパターンとしては、大きくわけて3つのパターンがあります。

 

ドコモ光契約の3パターン

・完全なドコモ光の「新規契約」

・すでにNTTフレッツ光を利用している場合のドコモ光への「転用」

・フレッツ光以外の他社光やコラボ光を利用している場合の乗り換え「新規契約」

 

他社光からの乗り換えの中でもコラボ光からの乗り換えはまた少し特殊なので、分けてもいいかと思いましたが、大まかにここはまとめてみました。

一つ一つこれからドコモ光への変更を検討される方のために、簡単に解説しておきます。

 

完全なドコモ光の新規契約

今までインターネットや光回線を利用していなかった人が、純粋にドコモ光の新規契約をするパターンです。

転用のようにプロバイダーに縛られませんし、他社利用から乗り換えるときのように元々利用していた光回線の解約金が発生する、というようなこともありませんので、きわめてシンプルに申し込みが可能です。

そして、自由にプロバイダーを選択できるからこそ、このタイミングは非常に重要です。

速度やキャッシュバック、サポート等にしっかりこだわってドコモ光のプロバイダーは選択しましょう。

お勧めは私も利用しているGMOとくとくBBです。v6プラスに対応した速度の速さは私も体験済みです。→「GMOとくとくBBの高速Wi-Fiルーターを使ってみたら驚くべき結果が出た



NTTフレッツ光からドコモ光への転用

NTTフレッツ光を現在利用しており、ドコモ光へ転用するパターンの最大のメリットは、新規契約時よりもはるかに手続きが簡単、という点です。→「ドコモ光への転用のメリットデメリット

NTTで「転用承諾番号」を取得し、ドコモで転用手続きを実施したら、あとは待つだけです。光回線の品目(ネクスト/光プレミアム/Bフレッツなど)が最新のフレッツ光ネクストの場合には、工事も一切必要なく、何が起こったのか気づかないままに転用は完了します。

プロバイダーもフレッツ光の時のプロバイダーをそのまま引き継ぎますので、手続きは一切必要ありません。

ただし、もしプロバイダーもこの機会に変更したい、と考えている場合はこれが逆にデメリットになります。

特に、速度に不満がある、ということであれば、v6プラス対応のプロバイダーに変更するなどして対処したいところなので、せっかくなのでこのタイミングに一緒にプロバイダーも変更してしまうことも可能です。

その場合の注意点としては、旧プロバイダーの解約を忘れないようにしましょう。

 

他社光やコラボ光を利用している場合の解約と乗り換えでのドコモ光新規契約

ドコモ光を利用するにあたって、最もハードルが高いのがこのパターンです。

正直、変更はあきらめてそのままにしておこう・・・と心が折れてしまうこともあると思います。

しかし、そこで諦めずに少しの面倒と費用を我慢して変更すれば、将来にわたって「お得」を享受できると思えば、実行する価値はあります。

他社光の場合も、コラボ光の場合も、解約のタイミングと新規契約のタイミングを慎重に見計らいながら実行する必要があります。

 

年間60万円利用分のdポイントを確実に/dカード GOLDのメリット最大限享受

実際にdカード GOLD所有で毎月dポイントの貯まり方をウォッチしていると、やはりドコモ光利用分のdポイントの存在はかなり大きいです。

普通に考えて、500ポイントや400ポイントを通常のdカード GOLDの決済利用で貯めようと思ったら、500ポイントなら5万円分、400ポイントなら4万円分の利用が必要になるわけです

単月ならともかくとして、これが年間となると、500×12=6000ポイントは60万円分、400×12=4800ポイントは48万円分の利用が必要になります。

ドコモ光とdカード GOLDがないと、なかなか貯められるポイント数ではありません。

dカード GOLDを既に所有しているのであれば、最大限にこのメリットを享受するためにも、ドコモ光は必須と考えて間違いありません。(※まだdカード GOLD所有でなければ非常にもったいないのでまずはこちらを確認ください→「dカード GOLDは本当にお得なのか」)

これからインターネットを検討、または転用や乗り換えを考えているということであれば、やはりドコモユーザーはドコモ光が最高に相性がいいです。

 

工事の日程を考えると、移動等が入る可能性がある秋口や年末年始、年度末などよりも今現在、この時期はある程度落ち着いていると思いますし、何よりドコモ光新規工事料無料キャンペーンが2018年9月30日までなので、早めに検討した方が確実にお得です。

まずはキャッシュバックの内容等もチェックしておきましょう。→GMOとくとくBBのドコモ光



 



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

-ドコモ光, ドコモdカード(旧DCMX)の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.