ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモdカード(旧DCMX)の裏

消費税増税がほぼ決定したので、dカード GOLDを最大限活用して増税分を取り戻す

更新日:

いよいよ消費税の8%から10%への増税が決まり、その実施に向けた動きが加速しています。

増税の影響を最大限軽減するために、日本政府はクレジットカードなどキャッシュレス決済時に増税分の2%をポイント還元する、という案も検討しているようです。さらに最近は、還元率は9ヶ月間5%という話も出てきています。

それに関連して、「クレジットカード会社に対し、小売りなどの加盟店から受け取る手数料を引き下げるよう要請する」というニュースも出ていました。

つまりどういうことかというと、今までは手数料の問題からクレジットカード払いに対して前向きでなかった事業者もクレジット決済を導入しやすくし、よりどんな場所でもクレジットカードを使える状況を作りたい、ということです。

なぜ日本政府はクレジットカード利用を促進したいのかと言えば、キャッシュレスによるメリットもさることながら、最大の理由はクレジット利用によるポイント還元を実施して、消費税増税分のマイナス印象をできる限り薄めたい、という狙いがあります。

国民としては、消費税増税によって上がってしまう2%分を、どうにか補填したいわけですが、そこに国としてはキャッシュレス化を促進したいという思惑も合わさって、クレジット・キャッシュレス決済で2%~5%分ポイント還元、という発想が出てきたわけですね。

 

となると、ドコモユーザーにとって、にわかにdカード/dカード GOLDの存在感が今まで以上に増します

今までの大きなポイント還元に加えて、2019年10月以降は、消費税増税分の2%を打ち消す効果を発揮するのであれば、もはや今まで以上にdカード/dカード GOLDを持たない、という選択肢はありえなくなります。

 

ということで、気になる消費税10%への増税と、それをできる限り回避するためのドコモのdカード/dカード GOLDの活用方法について解説していきます。

知らない人は損をする・知っている人は得をする

世の中のお金にまつわる話には、「知らなければ損・知っていれば得」という様々な手法や裏技が存在しています。

クレジットカードの利用についてもいわばそのようなもので、知っていて、しかもしっかり実践できている人は、現時点でもかなりの恩恵を受けているはずです。

事実私はdカード GOLDの利用を駆使して、dポイントを年間で7万ポイント以上年間利用額特典を2万円分獲得しているので、dカード GOLDを全く利用していない方と比べれば、年会費を差し引いても8万円分以上のメリットを得ている計算となります

知っているか知らないか、実践するかしないかでこれだけの差が生まれてしまうわけです。

そのため、避けようのない消費税増税をそのまま唯々諾々と受け入れて何もしないでいるのか、どうにか消費税増税分の費用を回収しようと努力するかでは、やはり大きな差が出ます。

今まで「興味がなかった」、「知らなかった」というdカード GOLDについてのメリットを、消費税増税前の今こそしっかりと改めて理解するべき時です。

 

dカード GOLDで消費税増税分を取り戻す方法

日本政府が検討している、消費税増税後にクレジット決済を利用した場合に2%分をポイント還元するという案ですが、これが実際にどのように実施されるのか、本当に実行可能なのか、という点はまだ未定の状態です。

しかし、現在まだdカード GOLDを利用していない方であれば、今からdカード GOLDを利用して消費税増税分を取り戻すのは、意外と簡単です。というより、増税前、今からでもメリットを享受できますので早ければ早い方がいいです。

 

ということで、まずは10%への消費税増税が実施されるされないに関わらず、2%分を取り戻す方法をご説明します。

既に実践済みの方はわかり切った話だと思いますがお付き合いください。

 

dカード GOLDで買い物をするだけで、1%分は取り戻せる

dカードやdカード GOLDには、ショッピング利用に対して1%のポイント還元(100円利用に対して1ポイント)が元々設定されています。

ショッピング利用とはどういうことかというと、dカード/dカード GOLDを利用して「クレジット決済」または「iD決済」で買い物をすることです。どちらに対しても同じように1%のポイント還元が実施されます。

早い話、たったこれだけで消費税増税分2%の半分は取り戻せるわけです。簡単な話です。

 

どんな買い物をするときでも、レジでは必ず可能な支払い方法を確認し、「iD決済」が使えるなら一番手軽なのでまずはこれを優先し、駄目なら次に「クレジット決済」を利用しましょう。

小さな個人商店などでなければ、クレジット決済ができないというお店はそこまで多くはないと思います。大事なのは「iD決済」または「クレジット決済」を癖づける、ということです。現金派の方は抵抗があったりすぐに忘れて現金で支払ったりしてしまいがちです。

これを改めるためには、現金支払いでは損をしてしまう、と強く認識しておく必要があります。

 

dポイント加盟店で買い物をすればさらに1%お得

dカード/dカード GOLDは、dポイント加盟店で買い物をすると、さらに大きなお得があります。

dポイント加盟店には現在、ローソンはじめ、マクドナルド、マツモトキヨシ、やまや、高島屋、ノジマなど、多数のお店が名を連ねています。

それらのお店で買い物をする際に、dカード/dカード GOLDなどを提示すると、100円(税抜)につき1ポイントのポイント還元を受けることができます。

この時点で、dード/dカード GOLDのクレジット決済による1%分のポイントと合わせて、合計2%分のポイント還元が達成でき、消費税増税分の2%を完全に補える形となります

しかも、dカード/dカード GOLDのお得はそれだけにとどまりません。

 

例えばローソンの場合、dカード/dカード GOLDを利用して「クレジット/iD」で買い物をすると、さらに追加で3%OFFとなります。

つまり合計で5%分もお得になってしまうわけです。

他にも、多数のdカード特約店が存在しており、dカードによるクレジット決済またはiD決済を利用することで、よりお得な還元を受けることができるのです。

この時点で、消費税増税分を大きく上回る還元を受けることができます。

 

dカード GOLDの10%還元をフル活用

dカードよりもdカード GOLDの方が確実にお得、と言われる理由の一つとして、ドコモの料金およびドコモ光の利用料金に対して、10%ポイント還元が実施される点が挙げられます。

10%なので、15,000円の利用があれば、1,500円分のdポイントが還元される計算となります。そのまま年間にすると18,000円分ものプラスが発生します。

この特典があることで、dカード GOLDの年会費はかなり早い段階で回収してしまうことができます。

ただ、いくつか注意点もありますので、詳細は以下の記事にて確認ください。→「dカード GOLDは本当にお得なのか/年会費1万円を回収する方法まとめ

 

年間利用額特典で1万円/2万円のクーポンゲット

こちらもdカード GOLDにしかない特典、年間利用額特典です。

dカード GOLDを通常の買い物にメインで利用していくと、決済分のポイントが1%分ずつどんどんたまっていくので非常にお得なのですが、それだけではなく、その利用を積み上げていくことで、年間の利用金額が大きくなっていき、一定水準を超えたところで、翌年、年間利用額特典をもらうことができるようになります。

年間利用額が100万円を超えたら1万円分、200万円分を超えたら2万円分のクーポンがもらえます。→「年間利用額特典を最大活用する

この特典を獲得できた時点で、当然元々の利用額に対する1%のポイント還元も受けているはずなので、年会費分も、消費税増税分も、丸ごと回収できるはずです。

 

dカード GOLDのメリットは他にも多数

消費税増税分を取り戻すために、まだdカード GOLDを利用していない方は、かなり有効に活用できるという内容をここまでご案内してきました。

しかしdカード GOLDには、そうした目に見えやすいポイントとしてのお得さ以外にも、dカードケータイ補償であったり国内/海外旅行保険であったり、空港ラウンジの無料利用であったり、様々な特典が用意されています。

それらを加味していくと、ますますお得でしかない、という状態になっていきます。それが理解できるようになると、「何故今まで申し込みしておかなかったんだろう」という気持ちになります。ただ、まだ遅くはありません。

 

そして、それらに加えて日本政府が検討している2%分のポイント還元が実施されたなら、それこそ完全なる勝ち組です。

いざ消費税増税が始まる、という時にまだ準備不足ではどうしようもないので、今から一年後に備えてしっかりdカード GOLDを普段の買い物に利用する習慣をつけておきたいところです。

申し込みは以下ドコモ公式サイトより、簡単に実施できます。合わせてご覧ください。

dカード GOLD

 

もしまだ、どうしてもゴールドカードには抵抗がある、とか、初めてクレジットカードを持つ、という方の場合は、合わせてdカードも検討してみましょう。

とりあえず、消費税増税時までには間に合わせないと非常にもったいないので、早めに準備をしておきましょう。

dカード公式

 



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

-ドコモdカード(旧DCMX)の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.