ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

新生活に備えて作っておきたいdカード GOLD

      2017/09/23

2017年も既に3分の2を終え、そろそろ2018年の足音が聞こえ始める時期になってきました。年が明けると正月、そして成人式、2月3月と新生活に向けた準備期間が始まり、4月からはさらに新しい年度がスタートします。

日本の場合、「新年」よりも「新年度」の方が人の動きが活発になる時期なので、そこに照準を合わせて様々な準備をしていく必要があります。

ドコモを利用している場合に関しては、学生であれば3月までに「学割」を含むキャンペーンの適用を受けることができるようなら検討し、新社会人になったり異動になったり、転職してみたりという新しい世界へのチャレンジが始まるのであれば、その前に準備しておきたいのがdカード、そしてdカード GOLDです。

もちろん、新しい生活のスタートは新年度ばかりとは限りません。夏でも秋でも、冬であっても転職をして環境の変化が起こることもあるでしょう。

いずれのケースであっても、新生活開始の前にdカード GOLDを準備しておきたいわけですが、その理由としては、クレジットカードの特性上、新しい職場に移ったり就職したばかりで在籍期間が0ヶ月、または非常に短いという状態では、審査が通りにくくなってしまうため、先に作っておく方が何かと都合がいいのです。

詳細内容を解説していきます。

新社会人なら作っておきたいdカード

新しい生活が始まる前に、ドコモユーザーであれば是非作っておきたいのが、dカードです。

ドコモを利用している場合には、なんだかんだでやはり必須のクレジットカードです。

通常かかる年会費も、ドコモの支払いをdカード払いにしておけば(定期クレジット)永年無料であり、まったく損することがありません。

dポイントをローソンやマクドナルドなど加盟店で貯めたり利用したり、iD決済で割引を受けたりクレジットカードとして買い物に利用したり、dポイントの獲得効率を飛躍的に高めることができます。

 

そうした一般的なdカードのメリットはさておき、やはり社会人たるもの、クレジットカードを少なくとも1枚や2枚はしっかり保有して、社会的信用を築いていきたい、ということもあります。カードを正しく利用できるということはすなわち、社会的な信用力を高めることにほかなりません。

その入門編のカードとしては、ドコモユーザーであればdカードがまさに最適です。

入会しやすく、使いやすい。ポイントを貯めやすく、活用しやすい。

クレジットカードとしての側面だけでなく、同時にポイントカード機能、iD決済機能まで兼ね備えているという点も非常に大きなメリットです。

最初のカードとしては、申し込みしやすい楽天カードも大きな人気がありますが、ドコモユーザーであればdカード、これが最適解であると言えます。

 

クレジットカードヒストリー(クレヒス)を積み重ねていくうちに、もっともっとステータス性の高いクレジットカードの審査にも通るようにもなっていくと思います。

その時には、社会的ステータスの高いゴールドカードである、dカード GOLDへのアップグレードも楽しみの一つにできると思います。

世界で通用する圧倒的ステータスを望むのであれば、年会費がとびきりに高く(29000円)コストパフォーマンスは高くはないものの、誰もが憧れるアメックスゴールドなども視野に入れておくと、楽しみが増えるかもしれませんが、とりあえず実用的ではないので、まずはdカードから始めましょう。

 

転職組なら作っておきたいdカード GOLD

新年度を前に、新しい世界へチャレンジしようと考えている転職組のドコモユーザーであれば、やはり必ず作っておきたいのがdカード GOLDです。

ドコモユーザーがdカード GOLDを所有していた方がお得、ということは別記事「dカード GOLDは本当にお得なのか」にて詳細を書いていますのでそちらを参照にしていただければと思いますが、転職を考えている人の場合、それとはまた別の意味で早めにdカード GOLDを作っておきたいのです。

なぜなら、職を変えれば勤務年数が完全に0ヵ月になってしまい、ゴールドカードどころか通常のクレジットカードにすら審査が通りにくくなってしまうためです。

そのため、転職前のクレジットカード申し込みは必須事項と言えます。作りたくても作れない、審査が通らないという状況がそのあと数年続く可能性もあるわけです。だからこそ、転職前のクレジットカード、特にゴールドカードの申し込みは必須であるといえるわけです。

 

また、転職した際に、ステータスカードであるゴールドカードを所持していることが、新しい会社での信用に繋がる可能性もあります。

社会人としてクレジットカードを所有し、しっかり正しく利用できているという事実は、プラスにはなってもマイナスには決してなりません。

逆に、クレジットカードを持っていないという事実は、すべてのケースでマイナスになるとまでは言いませんが、多くのケースでマイナス要因として働く可能性は十分あります。

マイナス要因とはすなわち、「自分のお金の管理もできないのか」「審査が通らないのだろうか」「クレジットカードに対する視野の狭い偏見があるのではないか」などですね。

日本における最大手ケータイキャリアであるNTTドコモのdカード GOLDであれば、信用力は抜群です。

新しい会社でもドコモユーザーは必ずいると思います。そこでの一つの話題としても、dカード GOLDは活用できるのではないでしょうか。

 

さらに付け加えると、もしiPhone 7/iPhone 7 Plusを利用しているのであれば、dカード/dカード GOLDを所有していることにより、Apple Payが利用可能となります。2017年9月に発売が予想される「iPhone X/iPhone 8」でも使える可能性は高いと思われます。

最先端のサービスを使いこなしているビジネスパーソンとして、自分自身へさらなる付加価値をつけることもできます。

 

転職前のdカード GOLDの申し込み、忘れずに実施しておきたいところです。

 

30歳を過ぎたらdカード GOLDを所有する

新生活は新卒や転職の場合ばかりではありません。

同じ職場で出世したり、異動になったり、新入社員が入ってきて後輩が増えたりと、様々な生活環境の変化は常に身近にあります。

そんな時に考えたいのが、新しい自分へのチャレンジです。

環境の違いこそあれ、誰もが一つ一つ年を重ね、立場も変わり、苦難を乗り越えながら上へ上へと進んでいくと思います。

楽で平坦な道ばかりではなかったはずです。それでもここまでやってきた自分に対して、何らかの「証」をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

それはドコモユーザーで、かつdカードを所有していてなお、その上を目指したいときに選択することができるゴールドカード、それが、dカード GOLDです。

 

特に30歳を過ぎたら、ゴールドカードをできれば1枚くらい所有しておきたいところです。対外的な意味では、ゴールドカードはやはり、最大の効果を示します。

例えばプラチナカードの場合には、わかる人にはわかりますが、大多数の人には一目では伝わりにくい部分があり、見ればすぐにわかるゴールドの輝きを持つゴールドカードは、多くの場面でプラチナカードを上回る効果を持ちます。

ブラックカードに至っては、まさかブラックカードを所有している人が身近にいることが信じられず、「ただの黒いカードかな」と思われる可能性大です。

そういう意味でdカード GOLDのブランド力はなかなかに強力です。

 

ドコモのdカード GOLDには、そのさらに上位版としてのプラチナカードやブラックカードは存在しませんので、社会的ステータスとしてのパワーはゴールド止まりになってしまうわけですが、もっともっと上のステータスが欲しい、と思った場合に限り、アメックス・ゴールドカードなどを所有すればいいのではないでしょうか。

出世を機会に、ある程度の役職であればそれなりのステータスカードが欲しくなるでしょうし、持つべきだとも思います。

ただ、ドコモユーザーにとっての普段使いの「お得な」ゴールドカードとしては、やはりdカード GOLDが最大の力を発揮します。

 

新しい生活のスタートにふさわしい、今までの自分を上回るステータスとして、dカード/dカード GOLDをあえて、自分自身に与えてみてはいかがでしょうか。

 - おすすめクレジットカード, ドコモdカード(旧DCMX)の裏